M&Aニュース

セガサミーホールディングスと「Renta!」のパピレスが資本業務提携、縦スクロールコミックレーベルを立上げへ

更新日:

セガサミーホールディングス株式会社(6460)と株式会社パピレス(3641)は、縦スクロールコミックレーベル「ZETooN(ゼットゥーン)」の立ち上げを決定した。
これに伴い資本業務提携を行い、新たに合弁会社であるJadeComiX株式会社を設立する。

セガサミーホールディングスは、パチスロ・パチンコの開発供給や、業務用ゲーム機器およびゲームコンテンツなどのサービスを提供している。

パピレスは、電子書籍レンタルサイト「Renta!」の運営を行っている。

両社は、国内外で拡大を見込む縦スクロールコミックを通じて、新たなIP創出や既存IPの活性化を実現する。

放送・出版・コンテンツ制作業界のM&A・事業承継の動向はこちら

放送・出版・コンテンツ制作業界のM&A売却・事業承継案件

日本M&Aセンターでは、放送・出版・コンテンツ制作業界をはじめ、譲渡案件情報を常時ご紹介しております。ご興味のある案件がありましたら、ぜひお問い合わせください。

セガサミーホールディングス・パピレスに関連するM&Aニュース

セガサミーHD、フェニックスリゾートを米投資ファンドFortressへ売却

セガサミーホールディングス株式会社(6460、以下「セガサミーHD」)は、フェニックスリゾート株式会社(宮崎県宮崎市)の株式を、米投資ファンドであるFortressInvestmentGroupLLC(米国ニューヨーク州、以下「その関係会社と総称してFortress」)の関係会社である夕顔合同会社(東京都港区)に譲渡すると発表した。セガサミーHDは、グループにてパチスロおよびパチンコの開発供給や、

セガサミーHD子会社のセガ、アミューズメント機器事業を子会社のセガトイズに承継

セガサミーホールディングス株式会社(6460)は連結子会社である株式会社セガ(東京都品川区)のアミューズメント機器事業を吸収分割により、同じく連結子会社である株式会社セガトイズ(東京都品川区)に承継すること、並びに、承継会社(セガトイズ)の商号変更を実施することを決議した。株式会社セガトイズを吸収分割承継会社とし、株式会社セガを吸収分割会社とする吸収分割方式。セガサミーグループは、2024年3月期

セガ、「Angry Birds」で知られるRovio社を買収へ

セガサミーホールディングス株式会社(6460)のグループ会社である株式会社セガ(東京都品川区)は、RovioEntertainmentOyj(フィンランドウーシマー県、以下Rovio社)の買収を決定した。セガサミーホールディングスの英国完全子会社であるSEGAEuropeLimitedを通じて、株式公開買付け(フィンランド法に基づく公開買付け)の方法にて実施する。買収総額は、約1,036.8億円。

インパクトホールディングス(6067)、 HRソリューション事業のジェイエムエス・ユナイテッドの全株式取得、子会社化へ

インパクトホールディングス(6067)は、セガサミーホールディングス(6460)の100%子会社であるジェイエムエス・ユナイテッド株式会社(東京都新宿区、JMS社)の発行全株式を取得し、子会社化する基本合意書の締結を決定した。取得価額は、950百万円である。インパクトホールディングスグループは、デジタルサイネージを中心とした店頭販促事業を中心に、覆面調査事業、推奨販売事業など店舗及び店頭に特化した

セガサミーHD(6460)グループ、メディアフラッグ(6067)のスポーツマーケティング支援事業展開子会社MPandCの株式取得

セガサミーホールディングス(6460)グループ傘下のジェイエムエス・ユナイテッド株式会社(東京都新宿区)は、メディアフラッグ(6067)の連結子会社である株式会社MPandC(東京都渋谷区)の株式を譲り受けることを決定した。メディアフラッグのMPandCに対する議決権所有割合は86.5%から35.2%となる。取得価額は81,275,000円。MPandCは、自治体・民間企業向けのスポーツコンサルテ

この記事に関連するタグ

「資本業務提携・合弁企業の設立」に関連するコラム

新NISAがM&Aのきっかけ?ドコモのマネックス証券子会社化を解説

M&A全般
新NISAがM&Aのきっかけ?ドコモのマネックス証券子会社化を解説

業界経験豊富なM&Aのスペシャリストが、世の中の企業のM&Aの動きについて、プレスリリースを紐解き解説する「M&Aニュースサテライト」。今回はNTTドコモとマネックスグループ・マネックス証券のニュースを解説します。※本記事はYouTube動画の内容を抜粋・編集してご紹介します。日本M&Aセンターは上場企業、中堅・中小企業のM&A・企業戦略を経験・実績豊富なチームがご支援します。ご相談は無料、秘密厳

合弁会社とは?メリットや設立までの流れをわかりやすく解説

経営・ビジネス
合弁会社とは?メリットや設立までの流れをわかりやすく解説

新規事業の立ち上げや海外進出の場面で用いられる法人形態として、合弁会社があります。本記事では合弁会社の概要、他の法人形態との違い、設立までの流れなどについてわかりやすく解説します。日本M&Aセンターでは、様々な手法のM&A・経営戦略を経験・実績豊富なチームがご支援します。詳しくはコンサルタントまでお問合せください。無料相談はこちら合弁会社とは?合弁会社とは、複数の企業が共同出資によって新たに設立す

インドネシアで人気のお菓子“TRICKS”がM&Aで日本に上陸(記者発表会見レポート)

広報室だより
インドネシアで人気のお菓子“TRICKS”がM&Aで日本に上陸(記者発表会見レポート)

焼き菓子や珍味類の製造販売を行う銀の汐や、高級米菓の製造販売を行う三州製菓などをグループに持つミクシオホールディングス株式会社(本社:広島県呉市)が、インドネシアの上場会社で多くのヒット製品を持つ菓子メーカー「TAYSBAKERS」との資本業務提携を締結し、「TAYSBAKERS」の主力商品である“TRICKS”の日本独占輸入販売権を取得しました。2023年10月24日(火)に、両社が日本M&Aセ

【M&Aの新潮流】NOBUNAGAサクセション設立

広報室だより
【M&Aの新潮流】NOBUNAGAサクセション設立

十六フィナンシャルグループ(十六FG)と日本M&Aセンターホールディングス(日本M&AセンターHD)による合弁会社で経営承継支援を担う「NOBUNAGAサクセション」が2023年7月3日に事業を開始しました。地域金融機関とM&A仲介会社が経営承継支援に関する合弁事業は日本初の試みで、岐阜県と愛知県を中心とした企業の経営承継を支援していきます。織田信長と”承継”を冠にした社名社名は岐阜ゆかりの天下人

【全国初】十六FGと合弁事業を始動 地域経済活性化に向け連携を強化

広報室だより
【全国初】十六FGと合弁事業を始動 地域経済活性化に向け連携を強化

地域金融機関との連携を深めて、東海エリアでさらに経営承継支援を推進していきます。日本M&Aセンターホールディングスは2023年4月6日、地域社会を担う企業の事業承継などを支援していく目的で、十六フィナンシャルグループ(岐阜市)と「合弁事業の検討にかかる基本合意書」を締結いたしました。当社と地域銀行における事業承継・経営承継支援に関する合弁事業は、全国初の取り組みとなります。2023年夏頃にも合弁会

資本提携とは?業務提携との違いやメリット・デメリット、手続きの流れを解説

経営・ビジネス
資本提携とは?業務提携との違いやメリット・デメリット、手続きの流れを解説

企業の競争力を強化するために、一社単独ではなく、複数の企業がそれぞれ持つ経営資源を提供し合い、複合的なシナジー効果を目指す場合があります。このような形態の一つが、資本提携です。本記事では、資本提携とはどのようなもので、業務提携やM&Aとは何が違うのかを明確にしつつ、メリットやデメリット、手続きの流れなどについて解説します。日本M&Aセンターでは、資本提携など、様々な手法のM&A・経営戦略を経験・実

M&Aで失敗したくないなら、まずは日本M&Aセンターへ無料相談

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2023年4月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30

月別M&Aニュース

注目ニュースワード