M&Aニュース

タナベコンサルティンググループ、カーツメディアワークスを子会社化、および資本業務提携

更新日:

株式会社タナベコンサルティンググループ(9644)は、株式会社カーツメディアワークス(東京都渋谷区)が発行する株式の過半数を取得し子会社化すること、およびカーツメディアワークスとの資本業務提携を決定した。

タナベコンサルティンググループは、経営コンサルティングなどを行うグループの持株会社。

カーツメディアワークスは、PR会社。外資系を含む大企業に対する戦略PR、海外PRおよびデジタルマーケティングの戦略立案・運用支援を強みとしている。

本件M&Aによりタナベコンサルティンググループは、グループに「PRコンサルティング事業」および「海外デジタルマーケティング事業」が加わることにより、クライアント企業の戦略支援、経営コンサルティング領域の一つである「ブランディング&マーケティング」の強化を狙う。

また、グループ企業である「タナベコンサルティング」「リーディング・ソリューション(BtoBデジタルマーケティング)」「グローウィン・パートナー(M&A等のファイナンシャルアドバイザリー、ITシステム構築)」「ジェイスリー(ブランディング&デジタル)」と共に、グループとしてのシナジー効果創出を図る。

経営コンサルティングサービス業界のM&A・事業承継の動向はこちら

タナベ経営に関連するM&Aニュース

タナベ経営、会社分割により純粋持株会社体制へ移行

株式会社タナベ経営(9644)は、会社分割により純粋持株会社体制へ移行すること、および完全子会社として「株式会社タナベコンサルティング」(分割準備会社)を設立することを決定した。タナベ経営は、経営コンサルティング全事業を会社分割(吸収分割)の方法により分割準備会社に承継させ、純粋持株会社へ移行する。また、商号を「株式会社タナベコンサルティンググループ」に変更する予定。・今後の予定2022年4月15

タナベ経営、経営コンサルティング会社のグローウィン・パートナーズより株式取得、資本業務提携へ

株式会社タナベ経営(9644)は、グローウィン・パートナーズ株式会社(東京都千代田区)が発行する株式の過半数を取得して子会社化することおよび同社と資本業務提携を行なうことを決定した。取得価額は、約802百万円。議決権所有割合は、50.1%となる。タナベ経営は、経営コンサルティング事業を展開している。グローウィン・パートナーズは、M&A支援サービス、財務経理業務BPM/BPOサービス、投資事業、人材

タナベ経営(9644)、BtoBビジネスに特化したデジタルマーケティング支援サービスのリーディング・ソリューションの株式取得

タナベ経営(9644)は、株式会社リーディング・ソリューション(東京都中央区)が発行する株式の過半数を取得し子会社化すること、およびリーディング・ソリューションとの資本業務提携を決定した。所有割合は60%となる。タナベ経営は、日本の民間経営コンサルティングファームのパイオニア。リーディング・ソリューションは、BtoBビジネスに特化したデジタルマーケティング支援サービスを提供している。特に、デジタル

この記事に関連するタグ

「株式譲渡・子会社・資本業務提携」に関連するコラム

関西最大規模のビジネスカンファレンス「WestShip 2022」に登壇!

広報室だより
関西最大規模のビジネスカンファレンス「WestShip 2022」に登壇!

2022年11月下旬に大阪市内で開催された関西最大規模のビジネスカンファレンス「WestShip2022」(主催:株式会社ニューズピックス)で、株式会社日本M&Aセンターの渡部恒郎がトークセッションに登壇しました。当日の模様を紹介します。(写真左から)株式会社日本M&Aセンター取締役渡部恒郎氏、株式会社スマートメディア代表取締役成井五久実氏、株式会社USEN-NEXTHOLDINGS執行役員/事業

【セミナーレポート】製造業の高収益化セミナー 求められる3つのキーワードとは

広報室だより
【セミナーレポート】製造業の高収益化セミナー 求められる3つのキーワードとは

日本M&Aセンター、日刊工業新聞社共催「事業承継&高収益化戦略セミナー」が2021年12月に東京と大阪の2会場においてハイブリット形式(対面とオンライン)で行われました。製造業の高収益化と事業承継をテーマに、製造業に精通した日本M&Aセンターのコンサルタントが講師となって、中堅・中小企業の経営者向けに経営戦略のヒントを、事例を交えながら紹介しました。東京会場では、日本M&Aセンターダイレクトマーケ

会社を売りたい。会社売却を考えた際に知っておくべきポイントとは

事業承継
会社を売りたい。会社売却を考えた際に知っておくべきポイントとは

事業を継いでくれる後継者が見つからない場合、残される選択肢は廃業、そして会社の売却です。本記事では、会社売却の動向、会社売却のメリットなどを整理したうえで、売却時の注意点や全体の流れについて解説します。事業承継を断念する前に、会社を売却し事業を存続させる方法について話を聞いてみませんか?数々の事業承継をご支援してきたコンサルタントが、M&Aによる取引価額、売却先候補についてご案内致します。ご相談は

家族に株式を譲渡する方法とは?相続、贈与、売買それぞれの特徴を解説

事業承継
家族に株式を譲渡する方法とは?相続、贈与、売買それぞれの特徴を解説

株式会社を家族に継がせるためには、オーナー経営者が持つ株式を、家族内の後継者に譲渡しなければなりません。その譲渡方法は3種類存在しますが、それぞれにメリット・デメリットがあり、また手続きの方法や税金などに違いがあります。本記事では、家族間で株式を譲渡する3つの方法についてご紹介します。事業承継は、今回ご紹介する親族承継のほか、従業員承継、外部への承継があります。それぞれの事業承継のポイントについて

株式譲渡とは?中小企業が用いるメリット・注意点・手続きを解説

M&A全般
株式譲渡とは?中小企業が用いるメリット・注意点・手続きを解説

株式譲渡は、株式の譲渡によってM&Aが完了し、比較的簡易な手続きであることから、中堅・中小企業のM&Aで多く用いられるスキームです。本記事では、株式譲渡の概要、メリットやデメリット、手続きの流れ、税金についてM&Aに精通した税理士がご紹介します。日本M&Aセンターのご支援するM&Aでは約9割の案件で株式譲渡の手法が用いられています。非上場株式が多くを占める中小企業M&Aには特有の論点があります。経

クロスボーダーM&Aにおける株式譲渡契約書の基本

海外M&A
クロスボーダーM&Aにおける株式譲渡契約書の基本

本記事では、クロスボーダーM&Aのスキームとして一般的な株式譲渡の場合に締結される株式譲渡契約書(英語ではSPA、SharePurchaseAgreementやStockPurchaseAgreementと表記されます。)について解説します。株式譲渡契約書(SPA)の一般的な内容一般的な株式譲渡契約書は概ね以下のような項目で構成されていることが多いです。売買の基本事項クロージング及びクロージング条

「株式譲渡・子会社・資本業務提携」に関連する学ぶコンテンツ

M&Aで失敗したくないなら、まずは日本M&Aセンターへ無料相談

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2023年1月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031

月別M&Aニュース

注目ニュースワード