M&Aニュース

米カーライル、マネースクエアHDをノジマが出資するファンドに譲渡へ

更新日:

カーライル(米国 ワシントン)は、株式会社マネースクエアHD(東京都港区)の株式を、ノジマが主要出資者であるニューシナジー投資事業有限責任組合(以下、ニューシナジーLPS)に譲渡することに合意した。

カーライルは、投資会社。テクノロジーおよび金融サービスセクターにおいて、330件以上、総額440億ドルを超える投資実績をもつ(2022年9月末時点)。

マネースクエアHDは、東京を拠点とするアドバイザリー・フィンテックファーム。カーライルが保有する外国為替証拠金(FX)運用を中心とした投資ソリューションを提供している。

ニューシナジーLPSは、大手家電量販店グループの株式会社ノジマ(7419)が有限責任組合員、ニューシナジー・キャピタル・マネジメント株式会社が無限責任組合員として組成しているファンド。

カーライルは、マネースクエアの顧客視点に立った中長期的な資産運用のFX投資ニーズへの対応と、ノジマが目指す個人向け金融事業の方向性が合致しており、ノジマの方向性がマネースクエアの次の成長ステージを支えると考え、本譲渡に至った。

この記事に関連するタグ

「株式譲渡・ファンド・PEファンド」に関連するコラム

ファンドが投資する会社の条件とは?日本M&Aセンターのファンド部が解説

M&A全般
ファンドが投資する会社の条件とは?日本M&Aセンターのファンド部が解説

日本M&Aセンターのファンド部が、事業承継や会社の発展のためにPEファンドという選択肢があることを、会社経営者の皆様、関係者様に向けて定期的にYouTube動画でご紹介しています。本記事では、動画の内容を編集してお届けします。日本M&Aセンターのファンド部とは杉浦:はじめに「ファンド部」について、ファンド部の設立に携わった宮森さん、立ち上げの背景を教えていただけますか。宮森:ファンド部を立ち上げた

事業承継ファンドとは?仕組みや活用のメリット、事例について紹介

事業承継
事業承継ファンドとは?仕組みや活用のメリット、事例について紹介

かつて中小企業における事業承継では、社長の子供など親族に引き継ぐ親族内承継が広く行われていました。しかし近年は後継者不在問題を背景に、親族内承継から、従業員等への社内承継や、社外の第三者へ引き継ぐ第三者承継にシフトしつつあります。「社外の第三者」について、一般の事業会社をイメージされる人が多いかもしれません。実際は事業会社のほかに、ファンドもその当事者として名乗りを上げるケースが増えています。本記

逆境に負けないお菓子メーカー「フジバンビ」のチャレンジ

広報室だより
逆境に負けないお菓子メーカー「フジバンビ」のチャレンジ

九州・熊本のお土産菓子として有名な「黒糖ドーナツ棒」。百貨店やスーパーマーケットなどで開かれる九州フェアや物産展で目にした方も多くいるはずです。外はサックリ、中はしっとりな食感と優しい黒糖の甘みが特徴で、熊本市に本社を構える菓子メーカー「株式会社フジバンビ」の主力商品です。創業70年を超える老舗は2018年、PEファンド(プライベート・エクイティ・ファンド)である日本投資ファンド(J-FUN)と資

当社初のファンド関連書籍が12月17日発売『事例で学ぶPEファンドを活用した中小企業のM&A』著者代表インタビュー

M&A全般
当社初のファンド関連書籍が12月17日発売『事例で学ぶPEファンドを活用した中小企業のM&A』著者代表インタビュー

日本M&Aセンターは、PEファンド(プライベート・エクイティ・ファンド)とのM&A仲介の専門家集団として2014年にファンド部を起ち上げました。PEファンドとのM&Aにおいては国内随一の実績を持つファンド部が今回、当社初のファンド関連書籍『事例で学ぶPEファンドを活用した中小企業のM&A』を発売しました。著者代表としてファンド部部長の能登雄太、宮森智基、萩原駿也に読みどころを聞きしました。(写真左

PEファンド(プライベート・エクイティ・ファンド)とは?仕組みや種類、代表的なファンドを紹介

経営・ビジネス
PEファンド(プライベート・エクイティ・ファンド)とは?仕組みや種類、代表的なファンドを紹介

事業承継をM&Aで行う場合は、自社株を譲受企業に譲渡しなければなりません。その結果、譲受企業は親会社となり、自社は譲受企業の子会社として新たに事業を継続していくことになります。しかし自社株の売却先は譲受企業だけではありません。譲受企業以外にも、ファンドに売却することによって事業承継を成立させることもできます。この事業承継で活用できるファンドとして、PEファンド(プライベート・エクイティ・ファンド)

中堅企業M&Aマーケットで存在感を増すプライベート・エクイティ・ファンド

M&A全般
中堅企業M&Aマーケットで存在感を増すプライベート・エクイティ・ファンド

ファンドへの譲渡案件が増加M&Aの相手先としてPEファンド(プライベート・エクイティ・ファンド)(以下、ファンド)を選択する経営者が増えている。日本M&Aセンターにおいても、ファンドを買手とした案件数は成約ベース、検討ベースともに年々増加している。下記グラフをご覧いただきたい。ファンドの関与案件は、取引金額ベースでは2008年のリーマンショックをピークに減少しているが、案件数ベースではむしろ増加傾

「株式譲渡・ファンド・PEファンド」に関連する学ぶコンテンツ

M&Aで失敗したくないなら、まずは日本M&Aセンターへ無料相談

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2022年12月
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

月別M&Aニュース

注目ニュースワード