M&Aニュース

エフ・コード、サブスクリプションファクトリーからウェブ接客ツール「KaiU」事業を取得

更新日:

株式会社エフ・コード(9211)は、サブスクリプションファクトリー株式会社(東京都港区)の新設会社、株式会社KaiU(東京都港区)の全株式を取得し、子会社化することを決定した。

KaiUは、サブスクリプションファクトリーが運営する「KaiU」事業を新設分割して設立される会社。

エフ・コードは、「CODE Marketing Cloud」等のCX向上SaaSの提供、DX戦略設計・実行支援、デジタルマーケティング支援を行っている。

サブスクリプションファクトリーは、「KaiU(カイユウ)」事業を行っている。KaiUは、WEB接客&離脱防止ツール。

本件によりエフ・コードは、顧客企業への提供プロダクト・サービスの拡大と、CXデータの質と量の増強が可能となり、さらなる顧客満足度の向上と取引の拡大を実現していく。

また、エフ・コードが持つSaaS事業・デジタルマーケティング事業における知見を活用し、サービス間の相互補完や既存顧客への獲得サービスの提供・譲受事業の顧客への既存サービスの提供等を行うことによるシナジー効果も期待する。

・今後の予定
新設会社設立日 2023年1月4日
株式譲渡実行日 2023年1月31日

自社パッケージソフト開発業界のM&A・事業承継の動向はこちら

自社パッケージソフト開発業界のM&A売却・事業承継案件

日本M&Aセンターでは、自社パッケージソフト開発業界をはじめ、譲渡案件情報を常時ご紹介しております。ご興味のある案件がありましたら、ぜひお問い合わせください。

エフ・コードに関連するM&Aニュース

エフ・コード、LTVサイエンス事業のBINKSを買収

株式会社エフ・コードは、2024年1月15日開催の取締役会において、株式会社BINKS(東京都文京区)の株式を取得して連結子会社化すること、及び株式会社みずほ銀行から本件を目的とした資金の借入を行うことについて決議した。エフ・コードは、「CODEMarketingCloud」等のCX向上SaaSの提供、DX戦略設計・実行支援、デジタルマーケティング支援を行う。BINKSは、LTVサイエンス事業を行

エフ・コード、TEORYよりデジタルマーケティング事業を承継へ

株式会社エフ・コード(9211)は、株式会社TEORY(東京都渋谷区)より「デジタルマーケティング」事業を承継する。TEORYが新設分割にて設立予定の新会社の全株式を、エフ・コードが取得し子会社化する。エフ・コードは、「CODEMarketingCloud」等のCX向上SaaSの提供、DX戦略設計・実行支援、デジタルマーケティング支援を行っている。TEORYの「デジタルマーケティング」事業は、WE

エフ・コード、CRAFTを連結子会社化へ

株式会社エフ・コード(9211)は、CRAFT株式会社(東京都江東区)の株式を取得し、連結子会社化することを決定した。エフ・コードは、「CODEMarketingCloud」等のCX向上SaaSの提供、DX戦略設計・実行支援、デジタルマーケティング支援を行う。CRAFTは、運用型広告の運用代行、コンサルティングを行う。本件M&Aによりエフ・コードは、CRAFTが獲得したデジタルマーケティングのノウ

エフ・コード、マイクロウェーブの新設分割会社を子会社化へ

株式会社エフ・コード(9211)は、株式会社マイクロウェーブ(東京都渋谷区)が新設分割で新会社設立予定のデジタルマーケティング事業の全株式を取得し、子会社化することを決定した。エフ・コードは、「CODEMarketingCloud」等のCX向上SaaSの提供、DX戦略設計・実行支援、デジタルマーケティング支援を行う。マイクロウェーブは、Webコンサルティングやシステム開発事業を行う。デジタルマーケ

エフ・コード、SAKIYOMIよりインスタグラムマーケティング事業を承継へ

株式会社エフ・コード(9211)は、株式会社SAKIYOMI(大阪府大阪市)が運営する「SAKIYOMI」事業を譲り受ける。SAKIYOMIが新設分割して設立予定である新会社の全株式をエフ・コードが取得し、子会社化するカタチで行われる。エフ・コードは、「CODEMarketingCloud」等のCX向上SaaSの提供、DX戦略設計・実行支援、デジタルマーケティング支援を行っている。SAKIYOMI

この記事に関連するタグ

「株式譲渡・子会社・新設分割・事業承継」に関連するコラム

【対談】日本M&Aセンターに仲介を託した理由。譲渡を経験した元オーナーと振り返る

M&A全般
【対談】日本M&Aセンターに仲介を託した理由。譲渡を経験した元オーナーと振り返る

EC事業のコンサルティングを行う株式会社ECIが、2023年1月にM&A事例を紹介するセミナーを開催しました。本記事では、自社の譲渡をご経験された元オーナー早乙女様と、日本M&Aセンターの担当コンサルタント龍石による対談の様子をご紹介します。日本M&Aセンターに仲介を託した理由とはーM&Aによって、会社譲渡を検討された背景についてお聞かせください。早乙女様:OBC(「オリジナルブランド商品構築コン

M&Aの進め方とは?検討からクロージングまで、流れやポイントを解説

M&A実務
M&Aの進め方とは?検討からクロージングまで、流れやポイントを解説

M&Aは、検討を始めてから実行までの間にやるべきことが多く、その全容を正しく理解することは簡単ではありません。本記事では、M&A仲介会社の支援を受けた場合のM&Aの進め方について、「1.初期検討・相談」「2.マッチング・候補企業の検討」「3.面談・基本合意」「4.最終条件調整・成約」の主なフェーズごとに、押さえておきたいポイントを含めてご紹介します。参考:M&Aの全体の流れ(日本M&Aセンター)P

【M&A成約式】 上場企業とのM&Aで生産力向上、メイドインジャパンの製品力で成長促進へ

広報室だより
【M&A成約式】 上場企業とのM&Aで生産力向上、メイドインジャパンの製品力で成長促進へ

「メイドインジャパンの製品を世界に発信したい」という思いが合致したM&Aとなりました。野菜調理器製造事業を行う株式会社ベンリナー(以下、ベンリナー、山口県岩国市)は、印刷品製造業を営む三光産業株式会社(以下、三光産業、東京都)と資本提携を結びました。両社は、2022年12月22日、広島県内のホテルにてM&A成約式を執り行いました。握手を交わす三光産業株式会社代表取締役社長執行役員石井正和氏(左)と

関西最大規模のビジネスカンファレンス「WestShip 2022」に登壇!

広報室だより
関西最大規模のビジネスカンファレンス「WestShip 2022」に登壇!

2022年11月下旬に大阪市内で開催された関西最大規模のビジネスカンファレンス「WestShip2022」(主催:株式会社ニューズピックス)で、株式会社日本M&Aセンターの渡部恒郎がトークセッションに登壇しました。当日の模様を紹介します。(写真左から)株式会社日本M&Aセンター取締役渡部恒郎氏、株式会社スマートメディア代表取締役成井五久実氏、株式会社USEN-NEXTHOLDINGS執行役員/事業

【M&A成約式】将来的な後継者不在を解決し、社長と従業員の夢を実現するM&A

広報室だより
【M&A成約式】将来的な後継者不在を解決し、社長と従業員の夢を実現するM&A

「自分たちが設計したものを、見て触って動かしたい」という譲渡企業の社長と従業員の夢を実現するM&Aが成立しました。機械設計事業・制御設計事業を行うアイドラス株式会社(以下、アイドラス、山梨県中央市)は、省人化設備・自動化設備などの製造業を営む株式会社鳥取メカシステム(以下、鳥取メカシステム、鳥取県鳥取市)と資本提携を結びました。両社の所在地である山梨県と鳥取県は直線距離で実に約400キロ離れていま

2025年問題とは?待ったなしの事業承継問題、M&A増加の背景をわかりやすく解説!

事業承継
2025年問題とは?待ったなしの事業承継問題、M&A増加の背景をわかりやすく解説!

日本M&AセンターでM&Aを実行されたお客様の多くは「M&Aっていいものだね!」とおっしゃられます。その思いや実例をより広くお届けするために今春からYouTubeチャンネルではじまった「いいM&Aチャンネル」。本記事では動画の概要をご紹介します。※動画本編はこちらから2021年のM&A件数は過去最多に岡本:早速ですけど、M&Aは年間どのくらい行われているかご存じですか?縄田:いやいや、この業界長い

「株式譲渡・子会社・新設分割・事業承継」に関連する学ぶコンテンツ

M&Aで失敗したくないなら、まずは日本M&Aセンターへ無料相談

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2022年11月
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930

月別M&Aニュース

注目ニュースワード