M&Aニュース

ドリームインキュベータ、連結子会社ピークスの全株式を譲渡へ

株式会社ドリームインキュベータ(4310)は、連結子会社であるピークス株式会社(東京都千代田区)の全株式を、株式会社ADDIX(東京都港区)に譲渡することを決定した。
本取引に伴い、ピークスは、ドリームインキュベータの連結子会社から外れる。

ドリームインキュベータは、ビジネスプロデュースおよびインキュベーション事業(ベンチャー投資、事業投資)を行っている。

ピークスは、趣味に関するメディアIP事業(雑誌/デジタルメディア)、デジタルマーケティング/デジタルサービスの企画・開発・制作・運用、映像/Web コンテンツの企画制作、出版物のデザインを行っている。

ADDIXは、デジタルトランスフォーメーション実行支援事業を行っている。

株式会社ADDIXの下、ピークス株式会社が「DXの加速化」「EC・D2Cをはじめとした事業の多角化」等の戦略を機動的に実行し、更なる発展を遂げるためには、今回の株式譲渡が最善の手法・タイミングであると判断し、今回の決定に至る。

・今後のスケジュール
実行日 2022年4月28日

ドリームインキュベータに関連するM&Aニュース

電通グループのDJN、ドリームインキュベータと資本業務提携

株式会社電通グループ(4324)の電通ジャパンネットワーク(東京都港区)は、株式会社ドリームインキュベータ(4310)と資本業務提携契約を締結した。また、電通グループは、その後の市場外相対取引による普通株の買い増しにより、ドリームインキュベータを持分法適用会社とする予定。電通グループは、グループ全体の成長持続および競争力強化に向けた各種環境の整備と支援、ならびにグループガバナンスの推進を行っている

ドリームインキュベータ、枻出版社の出版事業一部と子会社ピークスの全事業を新設子会社が譲受へ

株式会社ドリームインキュベータ(4310)は、株式会社枻出版社(東京都世田谷区)および同社子会社であるピークス株式会社(東京都世田谷区)より、枻出版社が保有する一部の出版事業およびピークスの全事業を新設した子会社(東京都千代田区、新ピークス社)が譲り受け、新たな事業を開始することを決定した。ドリームインキュベータは、ビジネスプロデュース、事業投資、インキュベーションを行っている。枻出版社は、雑誌及

ドリームインキュベータ(4310)の連結子会社のDI Asia、消費者パネル及び調査事業をマクロミル(3978)とN&S Partnersに譲渡

ドリームインキュベータ(4310)は、連結子会社の株式会社DIAsia(東京都千代田区、DIA)における、一部保有資産及び事業の譲渡を決定した。東南アジア3か国(ベトナム・タイ・インドネシア)において保有する消費者パネルを株式会社マクロミル(3978)に譲渡し、調査事業を株式会社N&SPartners(東京都港区)に譲渡する。ドリームインキュベータは、戦略コンサルティング及びインキュベーション事業

ドリームインキュベータ(4310)、ビジネスプロフェッショナル人材プラットフォーム運営のワークスタイルラボの全株式取得

ドリームインキュベータ(4310)は、株式会社ワークスタイルラボ(東京都千代田区)の全株式を取得し、子会社化することを決定した。ワークスタイルラボは、戦略/IT系コンサルタント、各種専門家などの「高度ビジネスプロフェッショナル」と、こうした人材を経営課題の解決等のテーマごとに活用したい企業をつなぐマッチング・プラットフォームを運営している。本件M&Aにより、ドリームインキュベータは、フリーランスの

スクロール(8005)グループ、ドロップシッピング事業展開もしも社の全株式取得

スクロール(8005)は、子会社である株式会社スクロール360(静岡県浜松市)がドリームインキュベータ(4310)らより株式会社もしも(東京都新宿区)の全株式を取得し子会社化することを決定した。スクロールグループは、アパレル・ファッション雑貨、健粧品の個人・組織会員向け通信販売事業およびEC事業者向けのソリューション事業を展開している。進行中の中期経営計画においては、eコマース事業、健粧品事業、ソ

この記事に関連するタグ

「株式譲渡」に関連するコラム

2025年問題とは?迫りくる諸問題、M&A増加の背景をわかりやすく解説!

事業承継
2025年問題とは?迫りくる諸問題、M&A増加の背景をわかりやすく解説!

日本M&AセンターでM&Aを実行されたお客様の多くは「M&Aっていいものだね!」とおっしゃられます。その思いや実例をより広くお届けするために今春からYouTubeチャンネルではじまった「いいM&Aチャンネル」。本記事では動画の概要をご紹介します。※動画本編はこちらから2021年のM&A件数は過去最多に岡本:早速ですけど、M&Aは年間どのくらい行われているかご存じですか?縄田:いやいや、この業界長い

日立のM&Aプレスリリースから読み解く!価格交渉の背景とは?

M&A全般
日立のM&Aプレスリリースから読み解く!価格交渉の背景とは?

日本M&Aセンターの中で特に業界での経験豊富な二人のスペシャリストが、世の中の企業のM&Aの動き、プレスリリースを中心に解説する「M&Aニュースサテライト」。今回は前回に引き続き日立製作所による日立物流の売却をテーマに解説します。(本記事ではYouTube動画の概要をご紹介します。)日立製作所と日立物流が正式発表へ西川:前回(日立製作所が日立物流を売却へ!M&Aの狙いとは)につづき日立物流パート2

西武ホールディングスが、西武建設を売却する背景とは?カーブアウト事例を解説

M&A全般
西武ホールディングスが、西武建設を売却する背景とは?カーブアウト事例を解説

日本M&Aセンターの中で特に業界での経験豊富な二人のスペシャリストが、世の中の企業のM&Aの動き、プレスリリースを中心に解説する「M&Aニュースサテライト」。今回は西武ホールディングスによる西武建設の売却をテーマに解説します。(本記事ではYouTube動画の概要をご紹介します。)※撮影は2022年1月下旬に行われました。西武ホールディングス、西武建設売却へ西川:今年に入って1月はコロナ禍にも関わら

中小企業白書に日本M&Aセンターの海外M&A案件が事例紹介

海外M&A
中小企業白書に日本M&Aセンターの海外M&A案件が事例紹介

日本とマレーシアをつなぐクロスボーダーなM&Aが脚光を浴びました。中小企業庁が策定する2022年版「中小企業白書」に、日本M&AセンターがFA(ファイナンシャルアドバイザー)として支援した海外M&A案件が事例として紹介されました。新型コロナウイルスの世界的な蔓延を受けた渡航制限下で、M&Aの全交渉をフルリモートで完結したウィズコロナ時代に即した先進的なクロスボーダー案件です。中小企業経営のバイブル

日本ハムは、なぜマリンフーズを売却したのか?「事業の選択と集中」を解説

M&A全般
日本ハムは、なぜマリンフーズを売却したのか?「事業の選択と集中」を解説

M&A業界のキャリアが長いふたりが、世の中の動き、プレスリリースをもとに分析をするニュース解説動画がYouTubeでスタートしました。本記事では動画の内容をご紹介します。動画本編はこちらからご覧いただけます。西川:今年に入っていろいろなニュースがある中で、気になったのは「BIGBOSS」ですね。臼井:あぁ…BIGBOSS銘柄(笑)…、日ハムさんですね。西川:2022年2月9日、日本ハムの子会社の水

「本当にM&Aでこんなことできるのか」 わずか1年足らずで経営者の悩みを克服した住宅メーカー「サンオリエント」

広報室だより
「本当にM&Aでこんなことできるのか」  わずか1年足らずで経営者の悩みを克服した住宅メーカー「サンオリエント」

多くの中小企業の経営者は会社の発展と従業員の雇用の安定を常に考えながら、一人で重責を背負い込み、先行き不安のなかで事業の舵取りを担っています。岡山市の住宅メーカー「サンオリエント」の創業者である磯﨑慎一取締役社長は2022年2月、日本有数の高級住宅街として知られる兵庫県芦屋市で成長する住宅メーカー「髙翔」のグループ入りを選びました。磯﨑社長は50代前半ながらM&Aを決断した背景にも、事業の発展と雇

「株式譲渡」に関連する学ぶコンテンツ

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2022年4月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

月別M&Aニュース

注目ニュースワード