M&Aニュース

富士フイルム、米国子会社を通じて米国バイオテック企業シェナンドーア社を買収

富士フイルム株式会社(東京都港区)は、米国子会社のFUJIFILM Irvine Scientific, Inc.(アメリカ・カリフォルニア州、FISI)を通じて、米国バイオテック企業Shenandoah Biotechnology, Inc.(アメリカ・ペンシルバニア州、シェナンドーア社)を買収することを決定した。

富士フイルムは、写真フィルムなどで培ってきた技術を生かし、「ヘルスケア」「マテリアルズ」「イメージング」の3つの領域で幅広い事業を展開している精密化学メーカー。
米国子会社FISIは、培地(細胞の生育・増殖のための栄養分を含んだ液状や粉末の物質)のリーディングカンパニー。

シェナンドーア社は、細胞の増殖・分化・機能発現を促進するサイトカインの開発・製造・販売を行う米国バイオテック企業

本件M&Aにより、富士フイルムは、培地とサイトカインなどを組み合わせた細胞培養関連製品の研究開発と顧客提案力をさらに強化し、市場が急伸する細胞治療薬の研究開発・製造支援ビジネス拡大を目指す。
医薬品の研究開発・製造支援ビジネスなどを通じてライフサイエンス事業の拡大を図るとともに、医薬品産業のさらなる発展や細胞治療薬の産業化に貢献していく。

・今後のスケジュール
買収完了日 3月末

電子部品・電気機械器具製造業界のM&A・事業承継の動向はこちら

富士フイルムホールディングスに関連するM&Aニュース

富士フイルムビジネスイノベーション、光学レンズメーカーHOYAのIT子会社の全株式を取得

富士フイルム(4901)グループである富士フイルムビジネスイノベーション株式会社(東京都港区、富士フイルムBI)は、HOYA株式会社(東京都新宿区)との間で同社のIT子会社であるHOYAデジタルソリューションズ株式会社(東京都中野区、HDS社)の株式譲渡に関する契約を締結した。富士フイルムBIはHDS社の全株式を取得し、MicrosoftDynamics365の販売および導入支援サービスに参入。2

富士フイルムホールディングス(4901)、米ゼロックスとの合弁解消 富士ゼロックスを100%子会社化

富士フイルムホールディングス(4901)は、ゼロックスコーポレーション(米国、ゼロックス)と、ゼロックスが保有する富士ゼロックス株式会社(東京都港区)の全株式を取得する契約を締結した。富士フイルムグループは、画像処理、グラフィック、光学の各技術を持ち合わせ事業展開している。富士ゼロックスは、富士フイルムHDが75%、ゼロックスが25%を出資するドキュメントソリューションカンパニー。日本を含むアジア

富士フイルムHD(4901)グループの富士フイルム、JXTG HD(5020)グループの培地事業会社2社の全株式取得

富士フイルムホールディングス(4901)完全子会社である富士フイルム株式会社は、JXTGホールディングス(5020)のグループ会社であるアーバインサイエンティフィックセールスカンパニー(米国・カリフォルニア州、ISUS社)および株式会社アイエスジャパン(埼玉県戸田市、ISJ社)の発行済全株式を取得する株式売買契約を締結した。富士フイルムは、バイオ医薬品の開発・製造受託や再生医療の分野に積極的に投資

富士フイルムHD(4901)傘下の富士フイルム、武田薬品工業(4502)子会社の和光純薬工業へ株式公開買付け(TOB)

富士フイルムHD(4901)傘下の富士フイルム株式会社(東京都港区)は、武田薬品工業(4502)の連結子会社である和光純薬工業株式会社(大阪市中央区)の普通株式を公開買付け(TOB)により取得することを決定した。富士フイルムは、現在、和光純薬工業株式の9.71%を所有している。富士フイルムは、和光純薬工業を完全子会社とすることを目的として本件を実施する。本公開買付けの実施にあたり、富士フイルムは、

富士フイルムHD(4901)傘下の富士フイルム、動物の検体検査受託サービスのモノリス社を買収

富士フイルムホールディングス(4901)傘下の富士フイルムは、株式会社モノリス(東京都調布市)を買収し、100%子会社とすることを決定した。富士フイルムは平成28年8月1日をもって、モノリスの社名を「富士フイルムモノリス株式会社」に改める。モノリス社は、動物病院や動物クリニックからの検体検査を受託するサービスを展開しており、同サービス市場で国内トップシェアを有する。同社は全国10拠点に受託検査所を

この記事に関連するタグ

「買収・クロスボーダーM&A」に関連するコラム

商社のM&A事情について、元商社マンが語る!成功する買い手企業の共通点とは?

M&A全般
商社のM&A事情について、元商社マンが語る!成功する買い手企業の共通点とは?

日本M&Aセンターでは毎月買い手企業の方に向けて「どのように買収を進めていけばいいのか」「買収後どのように統合作業を行っていくのか」といったテーマで「買収の参観日」というセミナーを行っています。本記事では、そのセミナーのスピンオフとしてスタートした動画の内容をお届けします。動画本編はこちらから商社の介在価値とは壷井:今回のテーマは「商社企業のM&A事情」。商社出身の当社営業、井東さんをゲストに迎え

海外M&Aでは現地特有の論点に注意 ~会計~

海外M&A
海外M&Aでは現地特有の論点に注意 ~会計~

海外M&AではM&Aの対象となりうる企業が海外に所在していることから、文化や言語、宗教にはじまり、準拠するルールや実務慣行等も日本とは異なります。すなわち、会社法や労働法、税法、会計基準、ビジネス慣習等の違いを把握したうえで、海外M&Aを検討する必要があります。そこで、今回は海外M&A、特にASEAN(東南アジア諸国連合)域内におけるM&Aを検討する上で注意すべき事項の一部を紹介したいと思います。

PMIを検討するポイントとは?買い手企業目線の留意点を解説

M&A実務
PMIを検討するポイントとは?買い手企業目線の留意点を解説

国内外のM&Aの専門家であるDr.Mが、身近なM&A事例を用いて、独自の視点でポイントをわかりやすく解説する「Dr.MのM&Aワンポイント解説」。第4回となる今回はM&Aのその先に待ち構えるPMIについてです。M&Aが具体的検討フェーズに進んだら、はじめにPMIを考えよう!—ドクター本日のテーマをお願いします。Dr.M:今回のテーマは「PMI」です。「PMI」とは、「ポスト・マージャー・インテグレ

買収には落とし穴がある?正しい知識でM&Aを進めよう

M&A全般
買収には落とし穴がある?正しい知識でM&Aを進めよう

日本M&Aセンターでは毎月買い手企業の方に向けて「どのように買収を進めていけばいいのか」「買収後どのように統合作業を行っていくのか」といったテーマで「買収の参観日」というセミナーを行っています。本記事では、そのセミナーのスピンオフとしてスタートしたYouTube動画の内容をお届けします。直近の「買収の参観日セミナー」の詳細はこちらから!ありそうでなかった⁉買い手企業向けの情報発信をスタート久力(く

グローバルなタックスプランニングの基本①外国子会社配当益金不算入制度 活用のすすめ

海外M&A
グローバルなタックスプランニングの基本①外国子会社配当益金不算入制度 活用のすすめ

海外子会社を有する会社が活用できるタックスプランニング手法のひとつ「外国子会社配当益金不算入制度」をご紹介します!(※本記事は2021年12月に執筆されました。)そのほか海外のM&A情報はこちらから海外の子会社が稼ぐ方がグループ全体の税率が下がる?日本は世界でも法人税率が高い国のひとつとして有名です。現在、日本で活動する会社のもうけに対してかかる税金の税率は中小企業の場合で約34%(法人税・地方税

日立のM&Aプレスリリースから読み解く!価格交渉の背景とは?

M&A全般
日立のM&Aプレスリリースから読み解く!価格交渉の背景とは?

日本M&Aセンターの中で特に業界での経験豊富な二人のスペシャリストが、世の中の企業のM&Aの動き、プレスリリースを中心に解説する「M&Aニュースサテライト」。今回は前回に引き続き日立製作所による日立物流の売却をテーマに解説します。(本記事ではYouTube動画の概要をご紹介します。)日立製作所と日立物流が正式発表へ西川:前回(日立製作所が日立物流を売却へ!M&Aの狙いとは)につづき日立物流パート2

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2022年3月
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031

月別M&Aニュース

注目ニュースワード