M&Aニュース

丸和運輸機関、ファイズHDへ対しTOB

株式会社丸和運輸機関(9090)は、ファイズホールディングス株式会社(9325)の株式公開買い付けと、資本業務提携契約を決定した。

買付け等の価格は、普通株式1株につき670円。

丸和運輸機関は、サードパーティ・ロジスティクス(3PL)事業、ロジスティクスコンサルティング事業、運輸事業、オンデマンド、文書保管事業など事業を展開している。

ファイズHDは、グループおいて、ECソリューションサービス事業を展開している。
また、国際物流サービス事業、ECサイト運営企業などをターゲットにした人材紹介事業も行っている。

丸和運輸機関は、グループのさらなる成長・発展と企業価値・株主価値向上に繋がることから、資本業務提携を決定した。
また、ファイズHDと両社、さらなる企業価値の向上を目指す。

・今後のスケジュール
買付け等の期間 2022年2月21日~2022年3月22日

トラック物流業界のM&A・事業承継の動向はこちら

丸和運輸機関・ファイズホールディングスに関連するM&Aニュース

丸和運輸機関、D2C事業者向け物流サービス提供のM・Kロジの株式取得、子会社化へ

株式会社丸和運輸機関(9090)は、株式会社M・Kロジ(福岡県糟屋郡宇美町)の発行済全株式を取得し、M・Kロジを完全子会社化することを決定した。丸和運輸機関は、埼玉県に本社を置く物流企業。EC物流、低温食品物流、医薬・医療物流などのサードパーティ・ロジスティクス(3PL)事業、ロジスティクスコンサルティング事業などを展開している。M・Kロジは、倉庫業、物流アウトソーシング、物流コンサルティング事業

ファイズHD、システム開発事業の日本システムクリエイト株式取得、子会社化へ

ファイズホールディングス株式会社(9325)は、日本システムクリエイト株式会社(東京都大田区)の株式を取得し、子会社化することを決定した。取得価額は、178百万円。議決権所有割合は、60.0%となる。ファイズHDは、サードパーティーロジスティクスをはじめとするECソリューションを包括的に提供する企業グループ。日本システムクリエイトは、情報通信・金融分野を中心としたコンピュータシステムの開発などを行

ファイズHD、物流事業を展開するブリリアントトランスポートの株式取得、子会社化へ

ファイズホールディングス株式会社(9325)は、ブリリアントトランスポート株式会社(東京都渋谷区)による第三者割当増資引き受けにより株式を取得し、子会社化することを決定した。取得価額は、18百万円。議決権所有割合は、51.0%となる。ファイズHD、ホールディングスカンパニー業務および人材紹介業を行っている。ブリリアントトランスポートは、日中間ネットワーク、通関取扱業務、配送業務、物流提案を事業とし

ファイズHD、貨物自動車運送業等を行う中央運輸の全株式取得へ

ファイズホールディングス株式会社(9325)は、中央運輸株式会社(神奈川県厚木市)の全株式を取得し、子会社化することを決定した。取得価額は、90百万円。ファイズHDは、ホールディングスカンパニー業務(グループ管理本部)および人材紹介業を展開している。中央運輸は、一般貨物自動車運送業、特別積合せ貨物自動車運送業、倉庫業、産業廃棄物収集運搬業を行っている。本件M&Aにより、ファイズHDは、グループのロ

ファイズ(9325)、中部地区の貨物自動車運送業者ドラゴン・ホールディングスを子会社化

ファイズ(9325)は、株式会社ドラゴン・ホールディングスの株式を取得し、株式会社ドラゴン・ホールディングス(愛知県大府市)及びその完全子会社である株式会社ドラゴンを子会社化することを決定した。取得価額は612百万円。議決権所有割合は51.0%となる。ファイズは、荷主が第三者である物流業者に対し、物流業務全般を長期間一括して委託するサードパーティーロジスティクスをはじめとするECソリューションを提

この記事に関連するタグ

「資本業務提携・業務提携・TOB」に関連するコラム

【セミナーレポート】製造業の高収益化セミナー 求められる3つのキーワードとは

広報室だより
【セミナーレポート】製造業の高収益化セミナー 求められる3つのキーワードとは

日本M&Aセンター、日刊工業新聞社共催「事業承継&高収益化戦略セミナー」が2021年12月に東京と大阪の2会場においてハイブリット形式(対面とオンライン)で行われました。製造業の高収益化と事業承継をテーマに、製造業に精通した日本M&Aセンターのコンサルタントが講師となって、中堅・中小企業の経営者向けに経営戦略のヒントを、事例を交えながら紹介しました。東京会場では、日本M&Aセンターダイレクトマーケ

「アライアンス」とは?知ってるようで知らないビジネス用語を解説!

経営・ビジネス
「アライアンス」とは?知ってるようで知らないビジネス用語を解説!

現在、ビジネスでは当たり前のように使われる「アライアンス」という言葉ですが、詳しく説明できる方は少ないのではないでしょうか。本記事ではアライアンスに焦点を当てて、詳しくご説明します。アライアンスの意味と概要アライアンス(alliance)は日本語にすると、「同盟・連合・提携・縁組」と訳されます。ビジネスの場面では、一般的に「業務提携」「戦略的同盟」といった意味で用いられます。より具体的にいうと、業

日立のM&Aプレスリリースから読み解く!価格交渉の背景とは?

M&A全般
日立のM&Aプレスリリースから読み解く!価格交渉の背景とは?

日本M&Aセンターの中で特に業界での経験豊富な二人のスペシャリストが、世の中の企業のM&Aの動き、プレスリリースを中心に解説する「M&Aニュースサテライト」。今回は前回に引き続き日立製作所による日立物流の売却をテーマに解説します。(本記事ではYouTube動画の概要をご紹介します。)日立製作所と日立物流が正式発表へ西川:前回(日立製作所が日立物流を売却へ!M&Aの狙いとは)につづき日立物流パート2

業務提携とは?その種類やメリット・デメリット、成功事例を紹介

M&A全般
業務提携とは?その種類やメリット・デメリット、成功事例を紹介

*厳しい競争が繰り広げられているビジネス界では、各企業による熾烈な競争が日々行われています。これら企業同士の関係は、ライバル関係にある場合もありますが、そればかりではありません。ときには共に協力し合い、お互いの不足する面を補いながら業績を伸ばしていくことも必要だといえます。このように、企業同士が友好的な関係を築き、互いに業務を補完し合う施策のひとつが業務提携です。そこで本記事では、業務提携とは何な

敵対的買収とは?メリット・デメリットや防衛策、企業事例を解説!

経営・ビジネス
敵対的買収とは?メリット・デメリットや防衛策、企業事例を解説!

後継者不在問題を抱える中小企業では、その解決手段として近年M&Aが積極的に活用されています。M&AはMergerAndAcquisitionの略語で、和訳すると「合併および買収」です。合併が大きく2種類(吸収合併と新設合併)に分けられるのと同様に、買収も同じように2つに大別されます。一つは「友好的買収」、そしてもう一つが「敵対的買収」です。日本における企業買収の大半は友好的買収によって行われますが

TOB(株式公開買付)とは?目的やMBOとの違い、メリット・デメリットを解説!

経営・ビジネス
TOB(株式公開買付)とは?目的やMBOとの違い、メリット・デメリットを解説!

本記事ではTOBについて、概要およびメリット・デメリット、対処法について解説します。TOB(株式公開買付)とは?TOBとは、“Take-OverBid”の略で、「株式公開買付」と呼ばれるM&Aの手法の一つです。譲受側(買い手)が事前に買付期間・買取株数・価格を公告して、買収対象の企業の株式を既に保有している不特定多数の株主に対して、株式の買付を呼びかけます。通常の取引市場での買付と異なり、TOBは

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2022年2月
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728

月別M&Aニュース

注目ニュースワード