M&Aニュース

村田製作所の米国子会社、米レゾナントを買収

株式会社村田製作所(6981)は、米国子会社のMurata Electronics North America, Inc.(アメリカ・ジョージア州、MENA)が、Resonant Inc.(アメリカ・テキサス州、Resonant 社)を買収することを決定、合併契約を締結した。

本件に伴い、Resonant社は、村田製作所の連結子会社となる。
買付価格は、普通株式1株当たり4.5米ドル。
買付けに要する資金は、約336億円。

MENAの完全子会社として新たに設立された買収目的子会社であるPJ Cosmos Acquisition Company, Inc.(PJ Cosmos AC)を通じて、 Resonant社に対し、現金による株式公開買付けを実施。
その後、Resonant社を存続会社とするPJ Cosmos ACとResonant社の現金対価での吸収合併を実施する。

PJ Cosmos ACは、その関係会社などの既保有分と合わせてResonant社の発行済み普通株式の50%超となる株式の応募があった場合に本公開買付けを実行する。

村田製作所は、ファンクショナルセラミックスをベースとした電子デバイスの研究開発・生産・販売など事業を展開している。

Resonant社は、高周波フィルタおよびそのシミュレーションソフトウェアの開発、設計を行っている。
2019年10月、村田製作所は、Resonant社の「XBAR®技術」*を用いて特定の周波数に対応する高周波フィルタを独占して開発する契約を締結している。

本提携により、村田製作所がこれまで培ってきたフィルタ技術やプロセス技術を、Resonant社が有するXBAR技術と融合させ、シナジー効果創出を目指す。
また今後、さらに優れた高周波フィルタの提供を目指すとともに、通信市場におけるマーケットリーダーとしての地位をより強固なものへと目指していく。

*圧電単結晶薄膜を活用する高周波・高耐電力対応が可能なフィルタ技術

電子部品・電気機械器具製造業界のM&A・事業承継の動向はこちら

村田製作所に関連するM&Aニュース

村田製作所、端末の送受信機能に関わるRF回路の消費電力を削減する「Digital ET技術」を保有するEta Wireless, Inc.を買収

株式会社村田製作所(6981)は、端末の送受信機能に関わるRF回路の消費電力を削減する「DigitalET技術」を保有するEtaWireless,Inc.(アメリカ、EtaWireless)の買収を完了した。村田製作所は、ファンクショナルセラミックスをベースとした電子デバイスの研究開発・生産・販売を行っている。EtaWirelessは、端末の送受信機能に関わるRF回路の消費電力を削減する「Digi

村田製作所(6981)、米国のヘルスケアITベンチャー企業Vios Medical, Inc.を買収

村田製作所(6981)は、ViosMedical,Inc.(米国ミネソタ州、Vios社)の子会社化を決定した。村田製作所が買収のために設立した子会社(SPC)であるPJFlorenceAcquisitionCompany,LimitedとViosMedical,Inc.(米国ミネソタ州、Vios社)とを合併させることにより、存続会社であるVios社を子会社化する。村田製作所は、ヘルスケア・メディカ

村田製作所(6981)、イタリアのソフトウェア開発会社・ID-Solutions社を買収

村田製作所(6981)は、ID-SolutionsS.r.l.(イタリア・パルマ、ID-Solutions社)を買収した。ID-Solutions社は、ミドルウェアや顧客ニーズにもとづくアプリケーションソフトウェアの開発を行うRFIDのシステムインテグレーター。小売や食品、医療業界を中心にビジネスを展開している。村田製作所は、これまで主にRFIDのハードウェアを提供してきた。本件M&Aにより、村田

村田製作所(6981)、フランスのシリコン受動素子メーカーIPDiAを買収

村田製作所(6981)とフランスのシリコン受動素子メーカーIPDiAS.A.(カーン、IPDiA社)は、IPDiA社の株式を村田製作所のオランダ子会社MurataElectronicsEuropeB.V.が取得することを目的とした株式売買契約を締結した。村田製作所は、ファンクショナルセラミックスをベースとした電子デバイスの研究開発・生産・販売を行っている。IPDiA社は、医療機器、産業機器、通信機

村田製作所(6981)と指月電機製作所(6994)、資本業務提携、合弁会社設立も

村田製作所(6981)と指月電機製作所(6994)は、資本業務提携契約の締結および指月電機製作所が保有する自己株式の村田製作所への割当、並びに合弁会社(秋田県雄勝郡)の設立を行うことを決定し、両社の間で資本業務提携契約を締結した。本自己株式処分後、村田製作所の指月電機製作所普通株式に対する所有割合は13.52%となる。合弁会社に対する出資比率は、村田製作所65%、指月電機製作所35%で、フィルムコ

この記事に関連するタグ

「クロスボーダーM&A・買収・新設合併」に関連するコラム

買収とは?その目的やメリット、スキームを解説!

M&A全般
買収とは?その目的やメリット、スキームを解説!

事業構造、産業構造が大きく変化する今、「買収」を検討している企業が年々増加しています。本記事では買収の概要についてご紹介してまいります。買収とはM&Aにおいて「買収」とは、ある企業が他の企業を支配する目的で議決権の概ね過半数以上を買い取ったり、事業部門を買い取ったりすることを指します。新規に自社で事業を立ち上げる、あるいは強化していく場合と比べると、既にその事業分野で実績のある企業を買い取る行為は

商社のM&A事情について、元商社マンが語る!成功する買い手企業の共通点とは?

M&A全般
商社のM&A事情について、元商社マンが語る!成功する買い手企業の共通点とは?

日本M&Aセンターでは毎月買い手企業の方に向けて「どのように買収を進めていけばいいのか」「買収後どのように統合作業を行っていくのか」といったテーマで「買収の参観日」というセミナーを行っています。本記事では、そのセミナーのスピンオフとしてスタートした動画の内容をお届けします。動画本編はこちらから商社の介在価値とは壷井:今回のテーマは「商社企業のM&A事情」。商社出身の当社営業、井東さんをゲストに迎え

海外M&Aでは現地特有の論点に注意 ~会計~

海外M&A
海外M&Aでは現地特有の論点に注意 ~会計~

海外M&AではM&Aの対象となりうる企業が海外に所在していることから、文化や言語、宗教にはじまり、準拠するルールや実務慣行等も日本とは異なります。すなわち、会社法や労働法、税法、会計基準、ビジネス慣習等の違いを把握したうえで、海外M&Aを検討する必要があります。そこで、今回は海外M&A、特にASEAN(東南アジア諸国連合)域内におけるM&Aを検討する上で注意すべき事項の一部を紹介したいと思います。

PMIを検討するポイントとは?買い手企業目線の留意点を解説

M&A実務
PMIを検討するポイントとは?買い手企業目線の留意点を解説

国内外のM&Aの専門家であるDr.Mが、身近なM&A事例を用いて、独自の視点でポイントをわかりやすく解説する「Dr.MのM&Aワンポイント解説」。第4回となる今回はM&Aのその先に待ち構えるPMIについてです。M&Aが具体的検討フェーズに進んだら、はじめにPMIを考えよう!—ドクター本日のテーマをお願いします。Dr.M:今回のテーマは「PMI」です。「PMI」とは、「ポスト・マージャー・インテグレ

買収には落とし穴がある?正しい知識でM&Aを進めよう

M&A全般
買収には落とし穴がある?正しい知識でM&Aを進めよう

日本M&Aセンターでは毎月買い手企業の方に向けて「どのように買収を進めていけばいいのか」「買収後どのように統合作業を行っていくのか」といったテーマで「買収の参観日」というセミナーを行っています。本記事では、そのセミナーのスピンオフとしてスタートしたYouTube動画の内容をお届けします。直近の「買収の参観日セミナー」の詳細はこちらから!ありそうでなかった⁉買い手企業向けの情報発信をスタート久力(く

グローバルなタックスプランニングの基本①外国子会社配当益金不算入制度 活用のすすめ

海外M&A
グローバルなタックスプランニングの基本①外国子会社配当益金不算入制度 活用のすすめ

海外子会社を有する会社が活用できるタックスプランニング手法のひとつ「外国子会社配当益金不算入制度」をご紹介します!(※本記事は2021年12月に執筆されました。)そのほか海外のM&A情報はこちらから海外の子会社が稼ぐ方がグループ全体の税率が下がる?日本は世界でも法人税率が高い国のひとつとして有名です。現在、日本で活動する会社のもうけに対してかかる税金の税率は中小企業の場合で約34%(法人税・地方税

「クロスボーダーM&A・買収・新設合併」に関連する学ぶコンテンツ

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2022年2月
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728

月別M&Aニュース

注目ニュースワード