M&Aニュース

ローソン、中国で小売事業を展開する天虹微喔の株式全持分譲受け合意

株式会社ローソン(2651)の子会社である羅森(中国)投資有限公司傘下の羅森(広東)便利有限公司(中国広東省、広東ローソン)と中華人民共和国で小売事業を展開する天虹数科商業股份有限公司(中国広東省深セン市、天虹数科商業)は、天虹数科商業傘下の天虹微喔便利店(深圳)有限公司(中国深圳市、天虹微喔)の株式の全持分を、天虹数科商業より広東ローソンが譲り受けることに合意した。

天虹微喔の株式の全持分の譲受後、広東ローソンは、天虹微喔が運営するコンビニエンスストアを順次、ローソンに転換予定。

ローソンは、コンビニエンスストア「ローソン」のフランチャイズチェーンを展開している。

天虹微喔は、2003年に設立された小売会社で、2014年に天虹数科商業の傘下に入り、深セン市などに203店舗(2021年12月末時点)のコンビニエンスストアを運営している。

本件により、ローソンは、さらなる事業拡充を図る。

食品小売・コンビニ業界のM&A・事業承継の動向はこちら

ローソンに関連するM&Aニュース

ローソン(2651)、シー・ヴイ・エス・ベイエリア(2687)のコンビニ事業の一部を会社分割により譲受け

ローソン(2651)とシー・ヴイ・エス・ベイエリア(2687)は、シー・ヴイ・エス・ベイエリア社のコンビニエンス・ストア事業の一部(直営店91店舗、加盟店5店舗)をローソン及びローソンが新設する予定の100%子会社株式会社ローソンアーバンワークスを承継会社とする会社分割について承認することを決定した。本件分割の対価として、ローソンより現金4,473百万円、ローソンアーバンワークスより現金361百万

三菱商事(8058)、ローソン(2651)株式を公開買付け

三菱商事(8058)は、ローソン(2651)の普通株式に対する金融商品取引法による公開買付け(TOB)実施を決定した。本件はローソンの連結子会社化を企図する一方、ローソンの上場は維持される方針。ローソン取締役会は賛同の意見を表明している。買付価格は1株8,650円。買付予定数及び買付予定数の上限は16,649,900株で、下限は設けていない。これにより議決権所有割合は33.47%から50.10%と

ローソン(2651)、ポプラ(7601)と共同運営会社設立のため会社分割

ローソン(2651)は、ローソンを分割会社、100%子会社として設立したローソン山陰(鳥取県米子市)を承継会社とする会社分割(会社分割①)、およびポプラ(7601)を分割会社、ローソンを承継会社とする会社分割(会社分割②)を承認することを決定した。会社分割②にあたって、ローソンは分割会社であるポプラに対して現金676百万円を交付する予定。また、平成28年9月14日付でローソン山陰は、ポプラを分割会

スリーエフ(7544)とローソン(2651)、資本業務提携

株式会社スリーエフ(7544)と株式会社ローソン(2651)は資本業務提携契約を締結した。併せて、資本業務提携の一環として両社が出資し店舗運営を共同で行う合弁会社を設立するとともに、スリーエフのコンビニエンスストア事業に関する権利義務の一部をローソンに継承することを前提とした事業統合契約を締結した。ローソンは最大5%の株式を取得する。スリーエフは、首都圏1都3県にコンビニエンスストア「スリーエフ」

ローソン(2651)、セーブオンの長野県のコンビニエンスストア事業を譲受け

株式会社ローソン(2651)は、株式会社セーブオン(群馬県前橋市)の長野県におけるコンビニエンスストア事業に関する権利義務の一部を会社分割(吸収分割)により承継することを決定した。ローソンは、長野県内にてセーブオンブランドで営業している27店舗について、平成27年7月上旬より順次ローソンブランドへ転換していく。●今後のスケジュール分割契約締結平成27年5月12日実施日(効力発生日)平成27年7月1

この記事に関連するタグ

「株式譲渡・クロスボーダーM&A」に関連するコラム

2025年問題とは?待ったなしの事業承継問題、M&A増加の背景をわかりやすく解説!

事業承継
2025年問題とは?待ったなしの事業承継問題、M&A増加の背景をわかりやすく解説!

日本M&AセンターでM&Aを実行されたお客様の多くは「M&Aっていいものだね!」とおっしゃられます。その思いや実例をより広くお届けするために今春からYouTubeチャンネルではじまった「いいM&Aチャンネル」。本記事では動画の概要をご紹介します。※動画本編はこちらから2021年のM&A件数は過去最多に岡本:早速ですけど、M&Aは年間どのくらい行われているかご存じですか?縄田:いやいや、この業界長い

海外M&Aでは現地特有の論点に注意 ~会計~

海外M&A
海外M&Aでは現地特有の論点に注意 ~会計~

海外M&AではM&Aの対象となりうる企業が海外に所在していることから、文化や言語、宗教にはじまり、準拠するルールや実務慣行等も日本とは異なります。すなわち、会社法や労働法、税法、会計基準、ビジネス慣習等の違いを把握したうえで、海外M&Aを検討する必要があります。そこで、今回は海外M&A、特にASEAN(東南アジア諸国連合)域内におけるM&Aを検討する上で注意すべき事項の一部を紹介したいと思います。

グローバルなタックスプランニングの基本①外国子会社配当益金不算入制度 活用のすすめ

海外M&A
グローバルなタックスプランニングの基本①外国子会社配当益金不算入制度 活用のすすめ

海外子会社を有する会社が活用できるタックスプランニング手法のひとつ「外国子会社配当益金不算入制度」をご紹介します!(※本記事は2021年12月に執筆されました。)そのほか海外のM&A情報はこちらから海外の子会社が稼ぐ方がグループ全体の税率が下がる?日本は世界でも法人税率が高い国のひとつとして有名です。現在、日本で活動する会社のもうけに対してかかる税金の税率は中小企業の場合で約34%(法人税・地方税

日立のM&Aプレスリリースから読み解く!価格交渉の背景とは?

M&A全般
日立のM&Aプレスリリースから読み解く!価格交渉の背景とは?

日本M&Aセンターの中で特に業界での経験豊富な二人のスペシャリストが、世の中の企業のM&Aの動き、プレスリリースを中心に解説する「M&Aニュースサテライト」。今回は前回に引き続き日立製作所による日立物流の売却をテーマに解説します。(本記事ではYouTube動画の概要をご紹介します。)日立製作所と日立物流が正式発表へ西川:前回(日立製作所が日立物流を売却へ!M&Aの狙いとは)につづき日立物流パート2

新型コロナが変えた海外M&Aのスタンダード

海外M&A
新型コロナが変えた海外M&Aのスタンダード

今までのブログ投稿では海外現地からの情報発信、マクロ的な話が多かったかと思いますので、少し現場に近い部分の情報発信をさせて頂きます。今回は、新型コロナが変えた海外M&Aのスタンダードについて書きたいと思います。(※本記事は2021年12月に執筆されました。)そのほか海外のM&A情報はこちらからコロナ禍で絶望的な海外M&Aの現場全世界を巻き込んだ新型コロナは漏れなく日本M&Aセンターの海外M&Aビジ

西武ホールディングスが、西武建設を売却する背景とは?カーブアウト事例を解説

M&A全般
西武ホールディングスが、西武建設を売却する背景とは?カーブアウト事例を解説

日本M&Aセンターの中で特に業界での経験豊富な二人のスペシャリストが、世の中の企業のM&Aの動き、プレスリリースを中心に解説する「M&Aニュースサテライト」。今回は西武ホールディングスによる西武建設の売却をテーマに解説します。(本記事ではYouTube動画の概要をご紹介します。)※撮影は2022年1月下旬に行われました。西武ホールディングス、西武建設売却へ西川:今年に入って1月はコロナ禍にも関わら

「株式譲渡・クロスボーダーM&A」に関連する学ぶコンテンツ

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2022年1月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031

月別M&Aニュース

注目ニュースワード