M&Aニュース

ウェルモ、資金調達を実施、東京海上HDおよび凸版印刷と資本業務提携

AIやIoTを活用した福祉プラットフォームサービスを提供する株式会社ウェルモ(東京都千代田区)は、株式会社DGベンチャーズ、Aflac Ventures LLC、東京大学協創プラットフォーム開発株式会社、東京海上日動火災保険株式会社など、12社に対する第三者割当増資により、資金調達を実施した。
また、東京海上ホールディングス株式会社(8766)や凸版印刷株式会社(7911)との新たな資本業務提携契約を締結した。

本件において、20.4億円の資金調達を実施、累計資金調達額は約41.2億円となる。

ウェルモは、介護福祉領域における意思決定補助⼈⼯知能サービス開発、中核都市以上向け介護サービス情報プラットフォーム提供、児童発達⽀援、放課後などデイサービスの運営など事業を展開している。

DGベンチャーズは、デジタルガレージグループ(4819)の投資子会社。

東京海上日動火災保険は、保険持株会社。

凸版印刷は、「情報コミュニケーション事業分野」、「生活・産業事業分野」および「エレクトロニクス事業分野」の3分野にわたり幅広い事業活動を展開している。

本提携により、ウェルモは、「持続可能な少子高齢社会の実現」を目指し、さらなる事業強化を図る。
また、介護領域における社会課題解決に資するべく、双方が有するテクノロジーおよびネットワークを連携させることから、介護現場のDX化の促進ならびに新たなソリューション、サービス開発・展開を目指す。

この記事に関連するタグ

「第三者割当増資・資本業務提携・業務提携」に関連するM&Aニュース

東芝テック、デジタルガレージと資本業務提携契約締結へ

東芝テック株式会社(6588)は、株式会社デジタルガレージ(4819)との間で資本業務提携契約を締結することを決定した。また、デジタルガレージを割当予定先として第三者割当による自己株式の処分を行う。東芝テックは、POSシステムを中心としたリテールソリューション事業を主要事業としている。デジタルガレージは、フィナンシャルテクノロジー事業、マーケティングテクノロジー事業、インキュベーションテクノロジー

野村HD、デジタルガレージの暗号資産子会社Crypto Garageと資本業務提携

野村ホールディングス株式会社(8604、野村HD)は、株式会社デジタルガレージ(4819)の子会社で、フィンテック分野におけるブロックチェーン金融サービス事業を展開する株式会社CryptoGarage(東京都渋谷区)の第三者割当増資を引き受けることで合意し、あわせてデジタルアセットカストディ事業の協業の検討に向けた基本合意書を締結した。野村HDは、持株会社。営業、ホールセール、インベストメント・マ

デジタルガレージ、スイスの著名データプラットフォーマー1plusX AG社と資本業務提携

株式会社デジタルガレージ(4819)を中心とするDGグループは、1plusXAG(スイス・チューリッヒ、1plusX社)と資本業務提携することを決定した。デジタルガレージとデジタルガレージの子会社でデータ関連ソリューションを提供する株式会社BI.Garage(東京都渋谷区)を通じて、日本、アジア地域でポストクッキー時代の次世代型広告事業を共同展開する。デジタルガレージは、「IT(インキュベーション

デジタルガレージ(4819)のインドネシアのオンライン決済事業子会社Midtrans社、同国配⾞サービス大手企業グループの傘下へ

デジタルガレージ(4819)の全額出資⼦会社econtextASIALimited(⾹港、econtextASIA)が出資するPT.Midtrans(インドネシア・ジャカルタ、Midtrans社)は、GO-JEKGroup(インドネシア・ジャカルタ、GO-JEKグループ)の傘下に⼊ることを決定した。Midtrans社は、インドネシアでオンライン決済事業を展開している。デジタルガレージグループは、2

「第三者割当増資・資本業務提携・業務提携」に関連するコラム

【セミナーレポート】製造業の高収益化セミナー 求められる3つのキーワードとは

広報室だより
【セミナーレポート】製造業の高収益化セミナー 求められる3つのキーワードとは

日本M&Aセンター、日刊工業新聞社共催「事業承継&高収益化戦略セミナー」が2021年12月に東京と大阪の2会場においてハイブリット形式(対面とオンライン)で行われました。製造業の高収益化と事業承継をテーマに、製造業に精通した日本M&Aセンターのコンサルタントが講師となって、中堅・中小企業の経営者向けに経営戦略のヒントを、事例を交えながら紹介しました。東京会場では、日本M&Aセンターダイレクトマーケ

敵対的買収とは?メリット・デメリットや防衛策、企業事例を解説!

経営・ビジネス
敵対的買収とは?メリット・デメリットや防衛策、企業事例を解説!

後継者不在問題を抱える中小企業では、その解決手段として近年M&Aが積極的に活用されています。M&AはMergerAndAcquisitionの略語で、和訳すると「合併および買収」です。合併が大きく2種類(吸収合併と新設合併)に分けられるのと同様に、買収も同じように2つに大別されます。一つは「友好的買収」、そしてもう一つが「敵対的買収」です。日本における企業買収の大半は友好的買収によって行われますが

第三者割当増資とは?目的やメリット・注意点などを徹底解説!

経営・ビジネス
第三者割当増資とは?目的やメリット・注意点などを徹底解説!

企業がビジネスを継続するために、資金調達は経営上の重要な課題です。企業の主な資金調達の手法には、第三者割当増資や融資などが挙げられます。本記事では、第三者割当増資の概要、第三者割当増資のメリットや注意点などについて、詳しくご説明します。第三者割当増資とは第三者割当増資とは、会社の資金調達方法のひとつで、既存株主ではない特定の第三者に新株の購入権利を付与する増資のことです。企業の主要な資金の調達手法

買収とは?その目的やメリット、スキームを解説!

M&A全般
買収とは?その目的やメリット、スキームを解説!

事業構造、産業構造が大きく変化する今、「買収」を検討している企業が年々増加しています。本記事では買収の概要についてご紹介してまいります。買収とはM&Aにおいて「買収」とは、ある企業が他の企業を支配する目的で議決権の概ね過半数以上を買い取ったり、事業部門を買い取ったりすることを指します。新規に自社で事業を立ち上げる、あるいは強化していく場合と比べると、既にその事業分野で実績のある企業を買い取る行為は

「第三者割当増資・資本業務提携・業務提携」に関連する学ぶコンテンツ

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2021年11月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930

月別M&Aニュース

注目ニュースワード