M&Aニュース

ダイキアクシス、住宅サッシおよびエクステリア建材の施工・販売事業のアルミ工房萩尾の全株式取得、子会社化へ

株式会社ダイキアクシス(4245)は、株式会社アルミ工房萩尾(愛媛県新居浜市)の全株式を取得、子会社化する譲渡契約を締結することを決定した。

ダイキアクシスは、各種排水処理装置の設計・施工・維持管理、合成樹脂等による製品の製造販売および設計・施工、各種建設材料・住宅設備機器の販売・施工など事業を展開している。

アルミ工房萩尾は、住宅サッシおよびエクステリア建材の施工・販売を行っている。

本件M&Aによりダイキアクシスは、水回り関係に加え、住宅サッシおよびエクステリア建材に関する提案を顧客に実施することが可能となる。より質の高い商材・サービスの提供とともにシナジー効果創出を目指す。

・今後のスケジュール
株式譲渡実行日 2021年10月26日

建材・金属材料等卸売業界のM&A・事業承継の動向はこちら

ダイキアクシスに関連するM&Aニュース

ダイキアクシス、土木工事業を行う連結子会社DADの全株式をミツワ都市開発に譲渡へ

株式会社ダイキアクシス(4245)は、連結子会社である株式会社DAD(愛媛県松山市)の全株式を株式会社ミツワ都市開発(愛媛県松山市)に譲渡することを決定した。なお、本株式譲渡に伴い、DADはダイキアクシスの連結の範囲から除外される。ダイキアクシスは、各種排水処理装置の設計・施工・維持管理、合成樹脂等による製品の製造販売および設計・施工、各種建設材料・住宅設備機器の販売・施工、廃食用油を原料とするバ

ダイキアクシス(4245)、松山の空調換気設備工事会社・冨士原冷機および日本エアーソリューションズの全株式取得、子会社化

ダイキアクシス(4245)は、株式会社冨士原冷機(愛媛県松山市)および株式会社日本エアーソリューションズ(愛媛県松山市)の株式の100%を取得し、子会社化する契約を締結した。ダイキアクシスは、水回り関係を中心とした住設機器を元請けのゼネコン・地場建築業者・ハウスメーカーに販売する住宅機器関連事業を主要事業の一つとして行っている。冨士原冷機は、空調換気・給排水設備・電機設備の総合設備事業および冷凍・

ダイキアクシス(4245)、シンガポール子会社を通じて現地プールメンテナンス会社の全株式取得

ダイキアクシス(4245)は、連結子会社のDAIKIAXISSINGAPOREPTE.LTD.がCrystalClearContractorPte.Ltd.の全株式を取得する譲渡契約を締結することを決定した。取得価額は約456百万円。ダイキアクシスは、進行中の中期経営計画において、海外展開の加速を掲げている。DAIKIAXISSINGAPOREPTE.LTD.を通じて東南アジアにおける営業情報の収

ダイキアクシス(4245)、愛媛県松山市で上水道事業運営のDHアクアの全株式取得、子会社化

ダイキアクシス(4245)は、DHアクア株式会社(愛媛県松山市)の発行済全株式を取得し、子会社化した。ダイキアクシスは、地域の水道事業に長年携わってきており、道後平ニュータウンにおいても排水施設の施設管理を以前より受託している。DHアクアは、宅地造成・分譲、分譲団地内の管理等を行う吉井企画株式会社より愛媛県松山市に所在する道後平ニュータウンの上下水道事業及び白水台団地の上水道事業を新設分割によって

ダイキアクシス(4245)、フジムラインベントを子会社化

ダイキアクシス(4245)は、フジムラインベント株式会社(名古屋市)の株式の100%を取得し子会社化することを決定した。フジムラインベントは、熱処理方式、亜臨界装置等複数の技術特許を保有しており、その技術力を駆使したビジネスを国内および中国で展開している。本件M&Aによりダイキアクシスは、グループの国内外での排水処理を中心とした環境インフラ関連ビジネスの展開においてフジムラインベントの技術を生かし

この記事に関連するタグ

「株式譲渡・子会社」に関連するコラム

迫りくる2025年問題とは?M&A増加の背景をわかりやすく解説!

事業承継
迫りくる2025年問題とは?M&A増加の背景をわかりやすく解説!

日本M&AセンターでM&Aを実行されたお客様の多くは「M&Aっていいものだね!」とおっしゃられます。その思いや実例をより広くお届けするために今春からYouTubeチャンネルではじまった「いいM&Aチャンネル」。本記事では動画の概要をご紹介します。※動画本編はこちらから2021年のM&A件数は過去最多に岡本:早速ですけど、M&Aは年間どのくらい行われているかご存じですか?縄田:いやいや、この業界長い

日立のM&Aプレスリリースから読み解く!価格交渉の背景とは?

M&A全般
日立のM&Aプレスリリースから読み解く!価格交渉の背景とは?

日本M&Aセンターの中で特に業界での経験豊富な二人のスペシャリストが、世の中の企業のM&Aの動き、プレスリリースを中心に解説する「M&Aニュースサテライト」。今回は前回に引き続き日立製作所による日立物流の売却をテーマに解説します。(本記事ではYouTube動画の概要をご紹介します。)日立製作所と日立物流が正式発表へ西川:前回(日立製作所が日立物流を売却へ!M&Aの狙いとは)につづき日立物流パート2

西武ホールディングスが、西武建設を売却する背景とは?カーブアウト事例を解説

M&A全般
西武ホールディングスが、西武建設を売却する背景とは?カーブアウト事例を解説

日本M&Aセンターの中で特に業界での経験豊富な二人のスペシャリストが、世の中の企業のM&Aの動き、プレスリリースを中心に解説する「M&Aニュースサテライト」。今回は西武ホールディングスによる西武建設の売却をテーマに解説します。(本記事ではYouTube動画の概要をご紹介します。)※撮影は2022年1月下旬に行われました。西武ホールディングス、西武建設売却へ西川:今年に入って1月はコロナ禍にも関わら

中小企業白書に日本M&Aセンターの海外M&A案件が事例紹介

海外M&A
中小企業白書に日本M&Aセンターの海外M&A案件が事例紹介

日本とマレーシアをつなぐクロスボーダーなM&Aが脚光を浴びました。中小企業庁が策定する2022年版「中小企業白書」に、日本M&AセンターがFA(ファイナンシャルアドバイザー)として支援した海外M&A案件が事例として紹介されました。新型コロナウイルスの世界的な蔓延を受けた渡航制限下で、M&Aの全交渉をフルリモートで完結したウィズコロナ時代に即した先進的なクロスボーダー案件です。中小企業経営のバイブル

日本ハムは、なぜマリンフーズを売却したのか?「事業の選択と集中」を解説

M&A全般
日本ハムは、なぜマリンフーズを売却したのか?「事業の選択と集中」を解説

M&A業界のキャリアが長いふたりが、世の中の動き、プレスリリースをもとに分析をするニュース解説動画がYouTubeでスタートしました。本記事では動画の内容をご紹介します。動画本編はこちらからご覧いただけます。西川:今年に入っていろいろなニュースがある中で、気になったのは「BIGBOSS」ですね。臼井:あぁ…BIGBOSS銘柄(笑)…、日ハムさんですね。西川:2022年2月9日、日本ハムの子会社の水

沖縄からM&A業務をサポート。スピアが取り組むM&A後のPMI

広報室だより
沖縄からM&A業務をサポート。スピアが取り組むM&A後のPMI

日本M&Aセンターグループとして初のM&Aを行い、2020年10月に株式会社企業評価総合研究所の子会社となった株式会社スピアは、2021年11月に創業25周年を迎えました。スピア取締役の宮城と社長室室長の永井に、M&A後のPMI(ポスト・マージャー・インテグレーション:M&A後の経営統合)について聞きました。日本M&Aセンターグループ初のM&Aで企業評価総合研究所の子会社にスピアでは74人(202

「株式譲渡・子会社」に関連する学ぶコンテンツ

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2021年10月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31

月別M&Aニュース

注目ニュースワード