M&Aニュース

凸版印刷の子会社、南アフリカの政府系ITシステムインテグレーターFace Technologies社を買収

凸版印刷株式会社(7911)の子会社であり、決済ソリューションとIDビジネスを推進するToppan Gravity Limited(香港、Toppan Gravity)は、新興国地域を中心に20カ国以上で運転免許証や国民IDの導入実績を持つITシステムインテグレーター、Face Technologies (Pty) Ltd(南アフリカ、Face Technologies社)を買収した。

凸版印刷は、「印刷テクノロジー」をベースに「情報コミュニケーション事業分野」、「生活・産業事業分野」および「エレクトロニクス事業分野」の3分野にわたり幅広い事業活動を展開している。
子会社のToppan Gravityは、主に政府や金融機関のニーズにフォーカスしたソリューションを提供している。

Face Technologies社は、新興国地域を中心に20か国以上で運転免許証や国民IDの導入実績を持つITシステムインテグレーター。

本件M&Aにより、凸版印刷は、トッパングループの持つデジタルソリューションや製品ポートフォリオと、Face Technologies社のシステムインテグレーションや現地に合わせた運用設計に関するノウハウを組み合わせることで、Toppan Gravityは、自社の持つ各国政府とのパートナーシップを通じ、アフリカ市場への本格参入と事業の拡大を加速する。

印刷業界のM&A・事業承継の動向はこちら

凸版印刷に関連するM&Aニュース

凸版印刷、タイで軟包装の製造・販売を行うMajend Makcsの株式取得、連結子会社化へ

凸版印刷株式会社(7911)は、MajendMakcsCo.,Ltd.(タイ・アユタヤ)と株式譲渡契約を締結し、連結子会社化することを決定した。株式取得比率は90%となる。凸版印刷は、日本の総合印刷会社。「印刷テクノロジー」をベースに「情報コミュニケーション事業分野」、「生活・産業事業分野」および「エレクトロニクス事業分野」の3分野にわたる事業活動を展開している。MajendMakcsは、各種包装

凸版印刷、Interflex Investment Partners, LLCの子会社で米国で食品などの軟包装事業を行うInterFlex Groupの全株式取得、子会社

凸版印刷株式会社(7911)は、InterflexInvestmentPartners,LLC(アメリカ)の100%子会社で、食品などの軟包装事業を展開するInterFlexGroup(アメリカ)の株式譲渡契約を締結し、100%子会社化した。凸版印刷は、印刷テクノロジーをベースに情報コミュニケーション事業分野、生活・産業事業分野およびエレクトロニクス事業分野の3分野にわたり事業を展開している。In

凸版印刷、デジタルピッキングシステムのアイオイ・システムの株式取得、子会社化へ

凸版印刷株式会社(7911)は、株式会社アイオイ・システム(東京都大田区)の発行済株式を取得し、子会社化することを決定した。取得割合は、75.8%となる。凸版印刷は、「印刷テクノロジー」をベースに情報コミュニケーション事業分野、生活・産業事業分野およびエレクトロニクス事業分野の事業を展開している。アイオイ・システムは、交流2線式のネットワーク機器の設計・開発・製造・販売、ロジスティクスシステムの提

凸版印刷、飲食店向けの予約・顧客台帳サービスを開発、提供するトレタと資本業務提携締結

凸版印刷株式会社(7911)は、飲食店向けの予約・顧客台帳サービスを開発、提供する株式会社トレタ(東京都品川区)と資本業務提携を締結した。凸版印刷は、情報コミュニケーション事業分野、生活・産業事業分野、エレクトロニクス事業分野の3分野にわたり事業を展開している。トレタは、飲食店向けの予約・顧客台帳サービスの開発・販売を行っている。本提携により、凸版印刷は、凸版印刷が提供する販促支援ソリューションや

凸版印刷(7911)、ドイツのグローバル建装材印刷メーカー・Interprint社の全株式取得、完全子会社化

凸版印刷(7911)は、InterprintGmbH(ドイツ・アルンスベルク市、Interprint社)の全株式をWredeIndustrieholdingGmbH&Co.KG(同市)より取得し完全子会社化することを決定し、株式譲渡契約を締結した。取得価額は約480億円。凸版印刷は、グローバルな事業展開の加速を重要な経営課題に位置づけており、海外売上高比率30%を目指して様々な分野でビジネス展開を

この記事に関連するタグ

「クロスボーダーM&A・買収」に関連するコラム

巨大な日本人マーケットを持つタイ

海外M&A
巨大な日本人マーケットを持つタイ

今回のブログでは、巨大な日本人マーケットを持つタイの現状についてご紹介したいと思います。※本記事は2022年5月に執筆されました。日本人に会わない日はないASEANには多くの日本人が住まれており、活動範囲も限られていることが多く、日本人界隈は比較的狭くあります。友達の友達は知り合いということもよくあります。特にバンコクで暮らしていると、日本人に会わない日は、家から一歩も外出しなかった日くらいになる

ロングリストとは?M&Aにおける活用方法、ショートリストとの違いを解説

M&A実務
ロングリストとは?M&Aにおける活用方法、ショートリストとの違いを解説

M&Aの重要なプロセスの一つが、M&Aの対象候補となる企業の選定と絞り込みです。このプロセスにおいて、大切な役割を果たすのが今回紹介するロングリストです。本記事ではロングリストの概要や重要なポイントを解説します。ロングリストとは?ロングリストとは、M&Aの初期段階においてターゲット候補となる企業を一定の条件で絞り込みを行い、作成された候補企業リストです。M&Aの提案候補をなるべく広く検討するため、

何故二重帳簿が存在するのか?ベトナムM&Aの問題編(1)

海外M&A
何故二重帳簿が存在するのか?ベトナムM&Aの問題編(1)

Xinchào(シンチャオ:こんにちは)!3月中旬以降、ベトナム政府はWithコロナ政策に切り替え、国境が正常化するとともに、ホーチミン市内で外国人を見かける機会も増えてきたベトナムです。雨期前のホーチミンは少々暑いですが、日本で重度の花粉症で苦しんできた私にとってはこの時期は天国です。※本記事は2022年4月に執筆されました。何故、二重帳簿がベトナムに存在するのか?いきなり超ヘビー級のトピックで

インドネシアM&Aの財務・税務・法務面のポイント

海外M&A
インドネシアM&Aの財務・税務・法務面のポイント

こんにちは、ジャカルタの安丸です。インドネシアでは一か月間のラマダン(断食)が間もなく終了し、レバラン(断食明けの祝日)がまもなく開始となります。今年は政府の意向もあり、有給休暇取得奨励と合わせ、何と10連休となる見込みです。ジャカルタからはコロナ禍に移動を自粛されていた多数の方が、今年こそはとご家族の待つ故郷へ帰省される光景が見られます。4月初旬よりコロナ禍以前のように、ビザなし渡航が解禁され、

トップ面談の極意とは?買収企業が押さえておきたいポイントを公開!(後篇)

M&A実務
トップ面談の極意とは?買収企業が押さえておきたいポイントを公開!(後篇)

前回の記事に引き続き、買収を検討している企業側の視点で、トップ面談に臨む際に押さえておきたいポイントを経験豊富なコンサルタント2人がお届けします。※本記事はYouTube動画をもとに編集しています。<前回の記事>買収企業が押さえておきたい、トップ面談の極意とは(前篇)トップ面談の冒頭に相手の心を掴むには壷井:小森さん、ちなみにトップ面談の時は手土産とか持参するように伝えますか?小森:壷井さんは手土

マレーシアのM&A事情や女性の働き方は?現地M&Aコンサルタントにインタビュー!

広報室だより
マレーシアのM&A事情や女性の働き方は?現地M&Aコンサルタントにインタビュー!

日本M&Aセンターでは、クロスボーダーM&Aの支援強化に向けて、ASEAN地域に拠点を設けています。今回は、マレーシア現地法人NihonM&ACenterMalaysiaSdn.Bhd.で&Aコンサルタントとして活躍するDaphnieOngさんに、入社の経緯や今後の目標をインタビューしました!プロフィールダフィニーオンさん(写真中央)2020年2月入社。M&Aコンサルタントとして日本とマレーシアの

「ニッポンには、跡継ぎが足りない。」テレビCM放送中

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2021年9月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930

月別M&Aニュース

注目ニュースワード