M&Aニュース

凸版印刷の子会社、南アフリカの政府系ITシステムインテグレーターFace Technologies社を買収

凸版印刷株式会社(7911)の子会社であり、決済ソリューションとIDビジネスを推進するToppan Gravity Limited(香港、Toppan Gravity)は、新興国地域を中心に20カ国以上で運転免許証や国民IDの導入実績を持つITシステムインテグレーター、Face Technologies (Pty) Ltd(南アフリカ、Face Technologies社)を買収した。

印刷業界のM&A

凸版印刷は、「印刷テクノロジー」をベースに「情報コミュニケーション事業分野」、「生活・産業事業分野」および「エレクトロニクス事業分野」の3分野にわたり幅広い事業活動を展開している。
子会社のToppan Gravityは、主に政府や金融機関のニーズにフォーカスしたソリューションを提供している。

Face Technologies社は、新興国地域を中心に20か国以上で運転免許証や国民IDの導入実績を持つITシステムインテグレーター。

本件M&Aにより、凸版印刷は、トッパングループの持つデジタルソリューションや製品ポートフォリオと、Face Technologies社のシステムインテグレーションや現地に合わせた運用設計に関するノウハウを組み合わせることで、Toppan Gravityは、自社の持つ各国政府とのパートナーシップを通じ、アフリカ市場への本格参入と事業の拡大を加速する。

この記事に関連するタグ

「クロスボーダーM&A・買収」に関連するM&Aニュース

凸版印刷、Interflex Investment Partners, LLCの子会社で米国で食品などの軟包装事業を行うInterFlex Groupの全株式取得、子会社

凸版印刷株式会社(7911)は、InterflexInvestmentPartners,LLC(アメリカ)の100%子会社で、食品などの軟包装事業を展開するInterFlexGroup(アメリカ)の株式譲渡契約を締結し、100%子会社化した。凸版印刷は、印刷テクノロジーをベースに情報コミュニケーション事業分野、生活・産業事業分野およびエレクトロニクス事業分野の3分野にわたり事業を展開している。In

凸版印刷、デジタルピッキングシステムのアイオイ・システムの株式取得、子会社化へ

凸版印刷株式会社(7911)は、株式会社アイオイ・システム(東京都大田区)の発行済株式を取得し、子会社化することを決定した。取得割合は、75.8%となる。凸版印刷は、「印刷テクノロジー」をベースに情報コミュニケーション事業分野、生活・産業事業分野およびエレクトロニクス事業分野の事業を展開している。アイオイ・システムは、交流2線式のネットワーク機器の設計・開発・製造・販売、ロジスティクスシステムの提

凸版印刷、飲食店向けの予約・顧客台帳サービスを開発、提供するトレタと資本業務提携締結

凸版印刷株式会社(7911)は、飲食店向けの予約・顧客台帳サービスを開発、提供する株式会社トレタ(東京都品川区)と資本業務提携を締結した。凸版印刷は、情報コミュニケーション事業分野、生活・産業事業分野、エレクトロニクス事業分野の3分野にわたり事業を展開している。トレタは、飲食店向けの予約・顧客台帳サービスの開発・販売を行っている。本提携により、凸版印刷は、凸版印刷が提供する販促支援ソリューションや

凸版印刷(7911)、ドイツのグローバル建装材印刷メーカー・Interprint社の全株式取得、完全子会社化

凸版印刷(7911)は、InterprintGmbH(ドイツ・アルンスベルク市、Interprint社)の全株式をWredeIndustrieholdingGmbH&Co.KG(同市)より取得し完全子会社化することを決定し、株式譲渡契約を締結した。取得価額は約480億円。凸版印刷は、グローバルな事業展開の加速を重要な経営課題に位置づけており、海外売上高比率30%を目指して様々な分野でビジネス展開を

レンゴー(3941)、凸版印刷(7911)100%子会社のトッパンコンテナーを子会社化

レンゴー(3941)は、凸版印刷(7911)の100%子会社であるトッパンコンテナー株式会社(東京都台東区)の子会社化を決定した。レンゴーは、トッパンコンテナーの第三者割当による発行新株2,150,000株を引き受けるとともに、普通株式340,000株を凸版印刷から取得する。レンゴーはトッパンコンテナーとの間で株式引受契約、凸版印刷との間で株式譲渡契約も締結した。取得価額約5,000百万円。所有割

凸版印刷(7911)とベルシステム24HD(6183)、資本業務提携

凸版印刷(7911)とベルシステム24HD(6183)は、資本業務提携を行うことを決定し、資本業務提携契約を締結した。凸版印刷は、プライベート・エクイティ・ファンドBainCapitalBellsystemHongKongLimitedより、ベルシステム24の株式の約14%及び、ベルシステム24の元代表取締役の保有する新株予約権(株式1%相当)を取得する。凸版印刷は、企業や自治体の事務業務や発送、

凸版印刷(7911)、欧州現地法人によりスペインの建装材印刷メーカーの株式過半数を取得

凸版印刷(7911)の欧州現地法人であるTOPPANEUROPEGmbH(ドイツ・デュッセルドルフ、TEU)は、FINANCIERAMADERERAS.A.(スペイン・ガリシア)の100%子会社であるDECOTECPRINTING,S.A.U.(スペイン・カタルーニャ、デコテック)の株式の過半数(60%)を取得した。凸版印刷は、建装材印刷事業において、家具・建具・床等の表面化粧材の開発・販売を行っ

凸版印刷(7911)、小売・通販支援事業展開のIROYAと資本業務提携

凸版印刷(7911)は、株式会社IROYA(東京都渋谷区)に出資して資本業務提携を実施した。IROYAは、アパレルのセレクトショップ及びオンラインサイトの「IROZA」(イロザ)や、リアル店舗とオンラインサイトを統合するオムニチャネルの導入支援サービス「Monopos」(モノポス)などを通じた小売・通販事業、小売支援事業を展開している。本提携により、凸版印刷は、凸版印刷のグループ会社である株式会社

凸版印刷(7911)、インドネシアで軟包材事業展開のPT. Karya Wira Investama Lestariと資本業務提携

凸版印刷(7911)は、インドネシアのPT.KaryaWiraInvestamaLestari(ジャカルタ、KWIL)と資本業務提携契約を締結した。本件に伴い、凸版印刷はKWILの事業子会社であるPT.KaryaKonvexIndonesia(以下、KKI)の株式51%を取得した。凸版印刷は、パッケージ製品の企画・開発・製造を手掛ける総合パッケージ事業を国内外で展開している。ASEAN地域について

凸版印刷(7911)、クラウド型学習システム開発のすららネットと資本業務提携

凸版印刷(7911)と株式会社すららネット(東京都千代田区)は、資本業務提携に関する契約を締結した。凸版印刷は、すららネットの発行済株式の5.67%を取得した凸版印刷は、タブレット端末を活用した小学校向けのデジタル教材「やるKey」を開発し、2017年4月より小学校算数(3~6年)教材の正式販売を開始した。すららネットは、クラウド型学習システム「すらら」を開発し、「すらら」に関連する教材の研究・企

「クロスボーダーM&A・買収」に関連するコラム

敵対的買収とは?メリット・デメリットや防衛策、企業事例を解説!

経営・ビジネス
敵対的買収とは?メリット・デメリットや防衛策、企業事例を解説!

後継者不在問題を抱える中小企業では、その解決手段として近年M&Aが積極的に活用されています。M&AはMergerAndAcquisitionの略語で、和訳すると「合併および買収」です。合併が大きく2種類(吸収合併と新設合併)に分けられるのと同様に、買収も同じように2つに大別されます。一つは「友好的買収」、そしてもう一つが「敵対的買収」です。日本における企業買収の大半は友好的買収によって行われますが

人気セミナー「買収の参観日」PMI編~成約を成功に導くPMIとは?~

広報室だより
人気セミナー「買収の参観日」PMI編~成約を成功に導くPMIとは?~

M&Aの買い手企業として知っておきたい考え方やテクニックを紹介する日本M&Aセンターの人気オンラインセミナー「買収の参観日~はじめてのM&Aを考えてみよう」が2021年10月11日に開催されました。5回目の今回は成約を成功に導くキーワード「PMI(PostMergerIntegration)」について、当社グループのPMI支援専門会社株式会社日本PMIコンサルティング代表取締役の竹林信幸が解説しま

買収と合併の違いとは!?意外と知られていない買収について解説

M&A全般
買収と合併の違いとは!?意外と知られていない買収について解説

事業構造、産業構造が大きく変化する今、「買収」を検討している企業が年々増加しています。本記事では買収の概要についてご紹介してまいります。買収とはM&A用語としての「買収」に限定すると、ある企業が他の企業を支配する目的で議決権の概ね過半数以上を買い取ったり、事業部門を買い取ったりすることを指します。新規に自社で事業を立ち上げる、あるいは強化していく場合と比べると、既にその事業分野で実績のある企業を買

TOB(株式公開買付)とは?目的やMBOとの違い、メリット・デメリットを解説!

経営・ビジネス
TOB(株式公開買付)とは?目的やMBOとの違い、メリット・デメリットを解説!

本記事ではTOBについて、概要およびメリット・デメリット、対処法について解説します。TOB(株式公開買付)とは?TOBとは、“Take-OverBid”の略で、「株式公開買付」と呼ばれるM&Aの手法の一つです。譲受側(買い手)が事前に買付期間・買取株数・価格を公告して、買収対象の企業の株式を既に保有している不特定多数の株主に対して、株式の買付を呼びかけます。通常の取引市場での買付と異なり、TOBは

日本M&AセンターASEANレポート (5)微笑みの王国タイ

海外M&A
日本M&AセンターASEANレポート (5)微笑みの王国タイ

ASEANにおける中進国であるタイ。戦禍が続いた19世紀から欧米の植民地とならずに独立を守り抜いた歴史が今も国民の誇りとなっています。国民の国王家への敬愛の念が深く、僧侶への敬意も深い仏教大国の一面もあります。「マイペンライ(大丈夫)」の言葉に代表される「微笑みの王国」をご紹介します。世界的な製造国を実現したタイアジアのデトロイトと評される自動車産業の一大集積地として製造業が盛んです。日本企業のA

日本M&AセンターASEANレポート (3)魅力的な多民族国家マレーシア

海外M&A
日本M&AセンターASEANレポート (3)魅力的な多民族国家マレーシア

日本M&AセンターはASEAN第四の拠点として、2020年3月にマレーシア駐在員事務所を開設しました。日本の中堅・中小企業が海外進出するために適した環境が広がっています。ASEANではシンガポールに次ぐビジネス環境の良さと多民族国家で魅力的なマレーシアをご紹介します。多様性と消費市場が魅力的なマレーシア現在、日本を含めた世界各国とASEANとのクロスボーダーM&Aは増加しています。その中でも特に集

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2021年9月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930

月別M&Aニュース

注目ニュースワード