M&Aニュース

ソフトバンク、インターネット広告事業を行うイーエムネットジャパンに対して公開買付開始、資本業務提携締結へ

ソフトバンクグループ株式会社(9984)の子会社であるソフトバンク株式会社(9434)は、株式会社イーエムネットジャパン(7036)の普通株式および新株予約権を対象とする金融商品取引法による公開買付けを実施すること、ならびにイーエムネットジャパンとの間で資本業務提携契約を締結することを決定した。
買付け等の価格は、普通株式1株につき2,257円とする。
買付予定数の下限(791,200 株)以上の応募があった場合には、公開買付者は応募株券等の全ての買付け等を行う。

通信業界のM&A

ソフトバンクグループは、持株会社投資事業、SVF1等SBIAの運営するファンド事業、ソフトバンク事業、アーム事業などを展開している。

子会社ソフトバンクは、移動通信サービスの提供、携帯端末の販売、固定通信サービスの提供、インターネット接続サービスの提供を行っている。

イーエムネットジャパンは、インターネット広告事業を行っている。

本提携により、ソフトバンクは、ソフトバンクグループのマーケティングDX支援体制の強化を推進するとともに、ソフトバンクの顧客への広告マーケティング戦略提案をはじめとするトータルソリューションの提供およびDX推進の支援を行う。

・今後のスケジュール
買付等の期間 2021年5月24日~2021年6月21日
決済の開始日 2021年6月28日

この記事に関連するタグ

「TOB・株式譲渡・業務提携・資本業務提携」に関連するM&Aニュース

ソフトバンクグループ、アメリカで携帯端末事業を行うブライトスターの全株式をPEファンドに売却

ソフトバンクグループ株式会社(9984)は、子会社を通じて保有する完全子会社であるBrightstarCorp.(アメリカ・デラウェア州、ブライトスター)の完全親会社であるBrightstarGlobalGroupInc.(アメリカ・デラウェア州、BGG)の全株式を、BrightstarCapitalPartners(アメリカ・ニューヨーク州、BCP)の新設予定子会社に売却することについて、BCP

イーエムネットジャパン(7036)、オーダースーツ専門店「Global Style」を展開のタンゴヤと資本提携

イーエムネットジャパン(7036)は、タンゴヤ株式会社(大阪市)との間で、資本提携を行うことを決定した。イーエムネットジャパンは、タンゴヤ主要株主である株式会社GSマネジメントよりタンゴヤの2.15%持分の普通株式を譲り受ける。イーエムネットジャパンは、中小企業、地方企業を主な対象としてインターネット運用型広告サービスの提供を行っている。タンゴヤは、オーダースーツ、オーダーシャツ等の専門店の経営お

ソフトバンクグループ(9984)と三菱UFJリース(8593)、丸紅(8002)より北海道の大規模太陽光発電所運営会社の全株式取得

ソフトバンクグループ(9984)傘下のSBエナジー株式会社(東京都港区)と三菱UFJリース(8593)子会社のMULエナジーインベストメント株式会社(東京都千代田区)は、丸紅(8002)よりとまこまい勇払メガソーラー株式会社(北海道苫小牧市)の全株式を取得した。SBエナジーは、自然エネルギー発電所の建設・運営のほかアセットマネジメント事業や譲渡を希望する発電所の取得を行っている。MULエナジーイン

ソフトバンクグループ(9984)、米国の大手投資ファームFortressを買収

ソフトバンクグループ(9984)とFortressInvestmentGroupLLC(Fortress)は、ソフトバンクグループが共同投資家とともにFortressを買収することについて合意した。買収価額は約3,752億円。ソフトバンクグループによる出資額および持分は今後確定する予定。Fortressは、約7兆9,583億円の運用資産を持つ世界有数の投資ファーム。プライベートエクイティ、債券、不

ソフトバンク(9984)、サイバーエージェント(4751)子会社のマイクロアドと資本業務提携

ソフトバンクグループ株式会社(9984)の子会社であるソフトバンク株式会社(東京都港区)は、サイバーエージェント(4751)の連結子会社である株式会社マイクロアド(東京都渋谷区)の株式を取得することで資本提携を行うとともに、スマートデバイス向けの広告事業で業務提携を行うことを決定した。ソフトバンクの株式所有割合は20.01%となる。マイクロアドは、インターネットのアドプラットフォーム事業およびアド

ソフトバンク(9984)、米国子会社スプリント・コーポレーションの株式を追加取得

ソフトバンクグループ株式会社(9984)は、米国の100%子会社を通じて、同じく子会社である米国のスプリント・コーポレーションの株式を追加取得した。取得価額は概算108.6億円で、発行済普通株式に占める所有割合は0.58%高まり、79.99%となる。ソフトバンクは、これまで多くの経営資源を投入し、スプリントのネットワーク最適化やリースファイナンスの導入も支援している。こういった取り組み状況から判断

ソフトバンク(9984)、韓国最大規模のEコマースサイト「クーパン」へ出資

ソフトバンク株式会社(9984)と韓国で最大規模のEコマースサイト「クーパン」を運営するForwardVentures,LLC(以下、クーパン)は、ソフトバンクの子会社がクーパンに対し約1,240億円の出資を行うことについて合意した。クーパンは、モバイルを最大限活用し、競合他社にはない品ぞろえと、韓国でも最大級の受注・入金オペレーションシステム、顧客の自宅まで直接商品を届けるクーパン・マンと呼ばれ

ソフトバンク(9984)とヤマダ電機(9831)、資本業務提携

ソフトバンク株式会社(9984)と株式会社ヤマダ電機(9831)は、資本業務提携に関する契約を締結した。ソフトバンクは、ヤマダ電機が実施するソフトバンクを割当予定先とする第三者割当増資による自己株式の処分に関し、当該自己株式(保有割合:5.00%)を総額22,761百万円で引受ける。両社は、ヤマダ電機の全国の店舗網を活用した、ソフトバンクの移動通信サービスや携帯端末・アクセサリー、高速インターネッ

「TOB・株式譲渡・業務提携・資本業務提携」に関連するコラム

TOB(株式公開買付)とは?目的やMBOとの違い、メリット・デメリットを解説!

経営・ビジネス
TOB(株式公開買付)とは?目的やMBOとの違い、メリット・デメリットを解説!

本記事ではTOBについて、概要およびメリット・デメリット、対処法について解説します。TOB(株式公開買付)とは?TOBとは、“Take-OverBid”の略で、「株式公開買付」と呼ばれるM&Aの手法の一つです。譲受側(買い手)が事前に買付期間・買取株数・価格を公告して、買収対象の企業の株式を既に保有している不特定多数の株主に対して、株式の買付を呼びかけます。通常の取引市場での買付と異なり、TOBは

プロの活用でM&Aを成功させる!~M&A仲介会社の選び方~

M&A全般
プロの活用でM&Aを成功させる!~M&A仲介会社の選び方~

近年、事業承継の解決や成長戦略の実現のためのM&A活用が増加してきたのはご存じのとおりです。当社は2006年にM&A仲介会社として初めて上場しましたが、上場しているM&A仲介会社は現在では当社含めて3社となっています(2017年3月現在)。各社とも業績を伸ばしており、M&Aの活発さがうかがえます。なぜ専門の仲介会社が必要なのかM&Aは、戦略面に加え、税務、会計、法務、労務、その他のあらゆる視点・角

株式譲渡(M&A)所得vs給与所得

M&A実務
株式譲渡(M&A)所得vs給与所得

株式譲渡であれば所得税の税率は固定!中小企業の社長の皆さまとM&Aのお話をしていると「私はオーナーとして会社から毎年3千万円の役員給与を得ている。もしも会社が2億円で売れたとしても、7年足らずで同じくらいの給与が得られるので会社を売ることにあまりメリットを感じない」とおっしゃる方がかなりいらっしゃいます。掛け算で考えればその通りのようにも思えますが、実際はそれぞれの税金インパクトを考慮する必要があ

上場企業オーナー経営者の主要株式の売却について

M&A全般
上場企業オーナー経営者の主要株式の売却について

上場企業オーナー経営者の企業承継のためには、非上場企業とは異なる金融商品取引法(以下、「金商法」という)に基づき、株式公開買付け(TOB)によることが殆ど不可欠である。発行済み株式の3分の1超の株式の売買を伴うケースでは、オーナー経営者が予め特定の買受人(以下、「承継予定者」という)と相対で株式を売却する場合でも、TOBによることが金商法上必要になる。そこで、検討すべき実務上のポイントを、以下に説

<FUTURE特別対談>調剤薬局業界(患者/病院/薬局/地域)の将来を考えた末、 戦略的な経営統合を決断した両経営トップ

M&A全般
<FUTURE特別対談>調剤薬局業界(患者/病院/薬局/地域)の将来を考えた末、 戦略的な経営統合を決断した両経営トップ

現在、在宅の推進や点数誘導をはじめ、調剤薬局を取り巻く環境が大きく変わりつつある。本対談では、メディカルシステムネットワーク(以下「メディシス社」という)とトータル・メディカルサービス(以下「トータルメディ社」という)の先のM&Aについて、田尻稲雄社長と大野繁樹社長の両当事者に、実情と経緯、そしてM&Aの有効性について語ってもらった。(インタビュー:日本M&Aセンター企業戦略部西川大介)新事業展開

調剤薬局業界におけるM&A事例

M&A全般
調剤薬局業界におけるM&A事例

メディカルシステムネットワークとトータル・メディカルサービス両社の概要とM&Aの背景株式会社メディカルシステムネットワーク(以下、「メディシス社」という)は、札幌を本社とする調剤薬局事業を中核とする企業である。1999年創業と比較的若い企業であるが、282店舗を有する業界の準大手で東証一部に上場している。拠点である北海道では109店舗を有し圧倒的なドミナントエリアを形成しているとともに、関東や関西

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2021年5月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031

月別M&Aニュース

注目ニュースワード