M&Aニュース

デジタルハーツHD、メタップスより持株会社であるME社の全株式取得、MEグループ8社を子会社化へ

株式会社デジタルハーツホールディングス(3676)は、株式会社メタップス(6172)の持株会社Metaps Entertainment Limited(イギリス領ヴァージン諸島、ME)の発行済株式のすべてを取得することを決定した。これに伴い、MEおよびその傘下のグループ会社(MEおよびMetaps Pte. Ltd.等の子会社を加えた計8社、MEグループ)が子会社となる。

システム・組込ソフト開発・情報処理支援業界のM&A

デジタルハーツHDは、子会社等の経営管理及びそれに付帯または関連する業務を行っている。主な事業としては、エンターテインメント事業およびエンタープライズ事業を展開している。

メタップスは、ファイナンス、マーケティング、DX支援、モバイルアプリ事業を展開、MEグループは、マーケティング事業を行っている。

本件M&Aにより、デジタルハーツHDは、グループにおいて強みである翻訳・LQA、2D/3D グラフィック・動画制作等のカルチャライズと、中国ゲームメーカーに対するアジア圏でのマーケティング支援に強みを持つMEグループが連携することから、ゲームメーカーが海外展開時に必要不可欠な総合ローカライゼーションサービスをワンストップで提供させる。
また今後、両社が得意とするビジネス領域で培ってきたノウハウや顧客基盤を活かし、中国ゲームメーカーをはじめアジア各地でのエンターテインメント事業者の海外展開を支援し、総合ローカライゼーションのスペシャリスト集団を目指す。

・今後のスケジュール
株式譲渡実行日 2021年3月29日

この記事に関連するタグ

「クロスボーダーM&A・子会社・株式譲渡」に関連するM&Aニュース

デジタルハーツHD、DEVELOPING WORLD SYSTEMS LIMITEDの全株式取得、子会社化

株式会社デジタルハーツホールディングス(3676)の連結子会社であるLOGIGEARCORPORATION(アメリカ・カリフォルニア州、LogiGear)が、DEVELOPINGWORLDSYSTEMSLIMITED(アメリカ・カリフォルニア州、DWS)の発行済全株式を取得し子会社化した。デジタルハーツHDは、グループの経営方針策定、経営管理を行っている。グループ事業は、エンターテインメント事業お

メタップス、お金のコミュニケーションアプリ「pring(プリン)」を企画・開発・運営する持分法適用関連会社pringの株式をGoogle譲渡へ

株式会社メタップス(6172)は、持分法適用関連会社である株式会社pring(東京都港区)の保有する全株式をGoogleInternationalLLC(アメリカ、Google)に譲渡することを決定した。譲渡価額は、4,921百万円。メタップスは、ファイナンス、マーケティング、DX支援、モバイルアプリなどの事業を行っている。pringは、お金のコミュニケーションアプリ「pring(プリン)」の企画

デジタルハーツHD、IT人材プラットフォーム事業等を行うアイデンティティーの全株式取得、子会社化へ

株式会社デジタルハーツホールディングス(3676)は、株式会社アイデンティティー(東京都新宿区)の全株式を取得し、子会社化することを決定した。取得価額は、約1,615百万円。デジタルハーツHDは、子会社等の経営管理およびそれに付帯または関連する業務を行っている。また、グループは、エンターテインメント事業、エンタープライズ事業を展開している。アイデンティティーは、IT人材プラットフォーム事業、ITリ

デジタルハーツHDの連結子会社LogiGear、Salesforce導入のコンサルティングを主業とするMK Partnersの株式取得、子会社化へ

株式会社デジタルハーツホールディングス(3676)は、連結子会社であるLOGIGEARCORPORATION(アメリカ・カリフォルニア州、LogiGear)がMKPartners,Inc.(アメリカ・カリフォルニア州、MKPartners)の発行済株式を取得し子会社化することを決定した。取得割合は、61.2%となる。デジタルハーツHDは、子会社等の経営管理およびそれに付帯または関連する業務を行って

セブン銀行(8410)、メタップス(6172)の子会社メタップスペイメントと資本業務提携

株式会社セブン銀行(8410)は、株式会社メタップス(6172)及びメタップスの子会社である株式会社メタップスペイメント(東京都港区)から株式の一部を譲渡することを決定した。また、新たな事業展開に向けた業務提携の推進に合意した。取得価額は、20億円。議決権所有割合は、20%となる。セブン銀行は、ATMプラットフォーム事業、決済口座事業、海外事業を行っている。メタップスは、マーケティング、ファイナン

デジタルハーツホールディングス(3676)、米国のテスト自動化リーディングカンパニー・LOGIGEAR CORPORATIONを子会社化

デジタルハーツホールディングス(3676)は、LOGIGEARCORPORATION(米国・カリフォルニア州、LogiGear社)の株式取得及びLogiGear社が実施する第三者割当増資を引き受け、子会社化することを決定した。これに伴い、LogiGear社のベトナム拠点であるLOGIGEARVIETNAMCO.,LTD.をはじめとするLogiGearグループ各社もデジタルハーツHD子会社となる。譲

メタップス(6172)、スマートフォン広告運用に強みを持つアズアンドコーを子会社化

メタップス(6172)は、アズアンドコー株式会社(東京都品川区)の株式取得、及び完全子会社化を行った。アズアンドコーは、スマートフォン広告運用とアドテクノロジーに強みを持つ。本件M&Aにより、メタップスは、自社が強みとする膨大なデータの管理・処理・解析を実現するAI技術や、スマートフォンアプリ領域におけるデータ解析やコンサルティングノウハウと、アズアンドコーの広告運用体制とアドテクノロジー技術を組

メタップス(6172)、ショッピング検索サイト運営のビカムを完全子会社化

株式会社メタップス(6172)は、ビカム株式会社(東京都目黒区)の全株式を新たに取得し、完全子会社化することを決定した。取得価額は320百万円。メタップスは、オンライン決済プラットフォーム「SPIKE(スパイク)」を手掛けており、子会社であるペイデザイン株式会社においてはeコマースサービスを展開している。ビカムは、ショッピング検索エンジンの開発およびショッピング検索サイト「Become.co.jp

メタップス(6172)、EC決済事業のペイデザインを子会社化

株式会社メタップス(6172)は、ペイデザイン株式会社(東京都新宿区)の株式を取得し、完全子会社化した。取得価額は28億8千万円。メタップスは、オンライン決済プラットフォーム「SPIKE(スパイク)」によりEC事業者へのサポートを目的として様々なサービスを提供している。ペイデザインは、EC決済事業に加え、リアル店舗決済事業、家賃決済事業、電子マネー事業等、幅広いサービスを提供している。メタップスは

メタップス(6172)、WEB広告運用事業のトーチライトと資本業務提携

株式会社メタップス(6172)は、株式会社トーチライト(東京都渋谷区)の株式を取得し、同社の持分法適用関連会社化および資本業務提携を実施した。トーチライトはFacebook、Instagram、およびTwitterの各社より公式パートナーとして認定されており、同社のofficialPartnerとして広告運用ツール「Sherpa(シェルパ)」を展開している。トーチライトのサービスとメタップスの展開

「クロスボーダーM&A・子会社・株式譲渡」に関連するコラム

2021年のM&A件数は過去最多、2022年トレンド予測

広報室だより
2021年のM&A件数は過去最多、2022年トレンド予測

2021年のM&A件数は2020年に比べて14.7%増加し、4,280件(レコフデータ調べ)と2019年の4,088件を上回り、過去最多を記録しました。大きな要因は、コロナ禍によるM&Aの後倒しと金融緩和が考えられます。右肩上がりだったM&A件数は2020年こそ2019年に比べてM&A件数は減少しましたが、延期されていた案件が21年に成約した例も少なくありませんでした。世界中でM&A件数が増加して

【セミナーレポート】製造業の高収益化セミナー 求められる3つのキーワードとは

広報室だより
【セミナーレポート】製造業の高収益化セミナー 求められる3つのキーワードとは

日本M&Aセンター、日刊工業新聞社共催「事業承継&高収益化戦略セミナー」が2021年12月に東京と大阪の2会場においてハイブリット形式(対面とオンライン)で行われました。製造業の高収益化と事業承継をテーマに、製造業に精通した日本M&Aセンターのコンサルタントが講師となって、中堅・中小企業の経営者向けに経営戦略のヒントを、事例を交えながら紹介しました。東京会場では、日本M&Aセンターダイレクトマーケ

買収とは?その目的やメリット、スキームを解説!

M&A全般
買収とは?その目的やメリット、スキームを解説!

事業構造、産業構造が大きく変化する今、「買収」を検討している企業が年々増加しています。本記事では買収の概要についてご紹介してまいります。買収とはM&Aにおいて「買収」とは、ある企業が他の企業を支配する目的で議決権の概ね過半数以上を買い取ったり、事業部門を買い取ったりすることを指します。新規に自社で事業を立ち上げる、あるいは強化していく場合と比べると、既にその事業分野で実績のある企業を買い取る行為は

日本M&AセンターASEANレポート (5)微笑みの王国タイ

海外M&A
日本M&AセンターASEANレポート (5)微笑みの王国タイ

ASEANにおける中進国であるタイ。戦禍が続いた19世紀から欧米の植民地とならずに独立を守り抜いた歴史が今も国民の誇りとなっています。国民の国王家への敬愛の念が深く、僧侶への敬意も深い仏教大国の一面もあります。「マイペンライ(大丈夫)」の言葉に代表される「微笑みの王国」をご紹介します。世界的な製造国を実現したタイアジアのデトロイトと評される自動車産業の一大集積地として製造業が盛んです。日本企業のA

日本M&AセンターASEANレポート (3)魅力的な多民族国家マレーシア

海外M&A
日本M&AセンターASEANレポート (3)魅力的な多民族国家マレーシア

日本M&AセンターはASEAN第四の拠点として、2020年3月にマレーシア駐在員事務所を開設しました。日本の中堅・中小企業が海外進出するために適した環境が広がっています。ASEANではシンガポールに次ぐビジネス環境の良さと多民族国家で魅力的なマレーシアをご紹介します。多様性と消費市場が魅力的なマレーシア現在、日本を含めた世界各国とASEANとのクロスボーダーM&Aは増加しています。その中でも特に集

日本M&AセンターASEANレポート (4)ASEANの大国インドネシア

海外M&A
日本M&AセンターASEANレポート (4)ASEANの大国インドネシア

日本M&AセンターはASEANにおいてシンガポールに次ぐ第二の拠点として、2019年10月にインドネシア駐在員事務所を開設しました。将来のGDP大国として、ASEANの中でも特に大きい成長が期待されるインドネシアのM&Aについてご紹介します。ASEANの大国・インドネシアクロスボーダーM&Aの中でも今後成長が見込まれ、注目されているASEAN。そのASEANの中で、将来の大きな成長が期待できるのが

「クロスボーダーM&A・子会社・株式譲渡」に関連する学ぶコンテンツ

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2021年3月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031

月別M&Aニュース

注目ニュースワード