M&Aニュース

エプコ、クラウド型の顧客・需給管理システム「ENESAP」事業をソフトバンク子会社に譲渡へ

株式会社エプコ(2311)は、ソフトバンク株式会社(9434)の子会社SBパワー株式会社(東京都港区)に対して、ENESAP事業を譲渡することを決定した。
譲渡価格は、320百万円。

エプコは、デザインテック事業、ハウスマネジメント事業、およびシステム開発を行っている。
ENESAP事業では、電力小売りの自由化に伴い家庭向け電力小売市場に参入した小売電気事業者に対して、業務効率向上を支援するクラウド型の顧客・需給管理システムである「ENESAP」サービスを提供している。

SBパワーは、電力の売買業務および売買の仲介業務、電力の供給業務およびこれらに付帯関連する業務を行っている。

エプコは、住宅のライフサイクル全般に対して総合的にサービス提供する事業に経営資源を集中させるため、事業領域および対象顧客が異なるENESAP事業を譲渡する。
本件により、エプコは、グループにおいて企業価値向上を図る。

・今後のスケジュール
事業譲渡期日 2020年10月1日

この記事に関連するタグ

この企業に関連するM&Aニュース

学研HDのグループ会社、ソフトバンク子会社 hugmoから子育てクラウドサービス「hugmo」事業を譲受けへ

株式会社学研ホールディングス(9470)のグループ会社である株式会社学研教育みらい(東京都品川区)は、ソフトバンク株式会社(9434)の子会社である株式会社hugmo(東京都港区)から、子育てクラウドサービス「hugmo」事業を事業譲受することを決定した。学研HDおよびグループは、教室・塾事業、出版コンテンツ事業、園・学校事業、医療福祉分野などの事業を展開している。グループ会社の学研みらいは、幼稚

ソフトバンク、アジア最⼤級の通信事業者Axiata Group Berhadのグループ会社と資本業務提携

ソフトバンク株式会社(9434)は、AxiataGroupBerhad(マレーシア、アシアタ・グループ)のグループ会社AxiataDigitalAdvertisingSdn.Bhd.(マレーシア・クアラルンプール、ADA)と、資本・業務提携することを決定した。出資後の持ち株⽐率は、23.1%となる。ソフトバンクは、移動通信サービスの提供、携帯端末の販売、固定通信サービスの提供、インターネット接続サ

ソフトバンク、コンテンツ配信サービスのアニメ放題をU-NEXTに会社分割により承継へ

ソフトバンク株式会社(9434)は、アニメ専門コンテンツ配信サービスであるアニメ放題を株式会社U-NEXT(9418)に、会社分割により承継させることに関する吸収分割契約書の締結を決定した。本件は、ソフトバンクを吸収分割会社とし、U-NEXTを吸収分割承継会社とする吸収分割で行う。U-NEXTは、ソフトバンクに対し、250万円を交付する。ソフトバンクは、移動通信サービスの提供、携帯端末の販売、固定

ソフトバンク(9434)グループのSBペイメントサービス、アナリティクスとAI開発に強みを持つセカンドサイトと資本業務提携

ソフトバンク(9434)100%子会社であるSBペイメントサービス株式会社(東京都港区、SBPS)と、セカンドサイト株式会社(東京都千代田区)は、決済データとAIを活用したサービスの共同開発を目的に資本・業務提携契約を締結した。SBPSは、セカンドサイトの普通株式の一部を同社より取得する予定。SBPSは、ソフトバンクのグループ会社の決済・金融事業を担う。EC・店舗向けに決済サービスを提供している。

「事業譲渡・株式譲渡・選択と集中」に関連するコラム

日本ハムは、なぜマリンフーズを売却したのか?「事業の選択と集中」を解説

M&A全般
日本ハムは、なぜマリンフーズを売却したのか?「事業の選択と集中」を解説

M&A業界のキャリアが長いふたりが、世の中の動き、プレスリリースをもとに分析をするニュース解説動画がYouTubeでスタートしました。本記事では動画の内容をご紹介します。動画本編はこちらからご覧いただけます。西川:今年に入っていろいろなニュースがある中で、気になったのは「BIGBOSS」ですね。臼井:あぁ…BIGBOSS銘柄(笑)…、日ハムさんですね。西川:2022年2月9日、日本ハムの子会社の水

全国金融機関初!沖縄銀行が企業評価システム「V COMPASS」を導入

企業評価
全国金融機関初!沖縄銀行が企業評価システム「V COMPASS」を導入

企業の後継者不在問題が深刻な沖縄県。帝国データバンクの調査によると、沖縄県の後継者不在率の高さは2011年から2020年まで全国1位、2021年は全国2位となり、2011年の調査開始から一貫して後継者不在率が70%を超えています。こうした状況を受け、同県を拠点とする沖縄銀行ではM&Aや事業承継のサポート体制の強化を進めています。その一環としてこのたび、日本M&Aセンターホールディングスグループ会社

買収とは?その目的やメリット、スキームを解説!

M&A全般
買収とは?その目的やメリット、スキームを解説!

事業構造、産業構造が大きく変化する今、「買収」を検討している企業が年々増加しています。本記事では買収の概要についてご紹介してまいります。買収とはM&Aにおいて「買収」とは、ある企業が他の企業を支配する目的で議決権の概ね過半数以上を買い取ったり、事業部門を買い取ったりすることを指します。新規に自社で事業を立ち上げる、あるいは強化していく場合と比べると、既にその事業分野で実績のある企業を買い取る行為は

日立製作所が日立物流を売却へ!M&Aの狙いとは

M&A全般
日立製作所が日立物流を売却へ!M&Aの狙いとは

日本M&Aセンターの中で特に業界での経験豊富な二人のスペシャリストが、世の中の企業のM&Aの動き、プレスリリースを中心に解説する「M&Aニュースサテライト」。今回は日立製作所の子会社、日立物流の売却をテーマに解説します。(本記事ではYouTube動画の概要をご紹介します。)※撮影は2022年4月下旬に行われました。日立製作所が日立物流を売却へ、その背景とは?西川:このところ大きなM&Aリリースはな

中小企業白書に日本M&Aセンターの海外M&A案件が事例紹介

海外M&A
中小企業白書に日本M&Aセンターの海外M&A案件が事例紹介

日本とマレーシアをつなぐクロスボーダーなM&Aが脚光を浴びました。中小企業庁が策定する2022年版「中小企業白書」に、日本M&AセンターがFA(ファイナンシャルアドバイザー)として支援した海外M&A案件が事例として紹介されました。新型コロナウイルスの世界的な蔓延を受けた渡航制限下で、M&Aの全交渉をフルリモートで完結したウィズコロナ時代に即した先進的なクロスボーダー案件です。中小企業経営のバイブル

「子供には好きなことをやってほしい」M&A成約式で家族の想いも引き継いだ人気洋菓子店プラチノ

広報室だより
「子供には好きなことをやってほしい」M&A成約式で家族の想いも引き継いだ人気洋菓子店プラチノ

中小企業の経営者の多くは、会社の行く末、従業員の雇用や働き方など、重たい責任を一人で背負い孤独に戦っています。その孤独な闘いを支えるのが家族です。東京都世田谷区で地域に密着した洋菓子店2店舗を経営する有限会社プラチノの代表取締役田勢克也氏は、25歳でプラチノを設立し32年間先頭に立って会社経営を行ってきました。そして、設立32年目を迎える2022年4月11日、製菓メーカー株式会社ホワイエに譲渡しま

「事業譲渡・株式譲渡・選択と集中」に関連する学ぶコンテンツ

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2020年9月
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930

月別M&Aニュース

注目ニュースワード