M&Aニュース

髙島屋(8233)、鳥取県米子市の連結子会社の全株式を地元企業ジョイアーバンに譲渡へ

髙島屋(8233)は、連結子会社である株式会社米子髙島屋(鳥取県米子市)に関する保有全株式を、株式会社ジョイアーバン(鳥取県米子市)に譲渡することについて基本合意を決定した。

なお髙島屋と米子髙島屋は、商標等ライセンス契約を締結する。
これにより、米子髙島屋は屋号をJU米子髙島屋(仮称)として営業継続する。

髙島屋は、米子での事業拡大に向け、営業支援や人的支援等を行ってきた。

ジョイアーバンは、岡山TSUTAYA事業や米子市中心市街地の活性化事業を展開している。

本件M&Aにより、髙島屋は、地域および米子髙島屋のさらなる発展を図る。

●今後のスケジュール
株式譲渡契約締結日 2019年12月下旬
株式譲渡実行日 2020年3月1日

この記事に関連するタグ

「株式譲渡・選択と集中」に関連するM&Aニュース

髙島屋(8233)、地下ショッピングセンターの建設管理・運営を展開する大阪地下街に新南海ストアの保有する全株式譲渡

株式会社髙島屋(8233)は、保有する株式会社新南海ストア(新南海ストア)の全株式について、大阪地下街株式会社(大阪府大阪市)に譲渡することを決定し、株式譲渡契約を締結した。議決権所有割合は、50.0%から0%となる。これに伴い、新南海ストアは、髙島屋の持分法適用会社より除外される。髙島屋は、百貨店業、法人事業、通信販売事業、グループ事業を展開している。新南海ストアは、1957年に髙島屋と南海電気

髙島屋(8233)、連結子会社フードアンドパートナーズの全持分を貝印に譲渡

株式会社髙島屋(8233)は、連結子会社である株式会社フードアンドパートナーズ(東京都港区)の株式のうち保有する全株式について、合弁先である貝印株式会社(東京都千代田区)に譲渡することを決定し、株式譲渡契約を締結した。髙島屋は、百貨店業、法人事業、通信販売事業、グループ事業などを展開している。子会社のフードアンドパートナーズは、2015年5月に貝印との合弁会社として設立、食品・食関連商品の製造・販

髙島屋(8233)、台湾の大葉髙島屋株式を譲渡

株式会社髙島屋(8233)は、大葉髙島屋百貨股份有限公司(台北市)の所有する全株式を大葉開発股份有限公司(同市)へ譲渡する株式譲渡契約を、大葉開発と締結した。これにより大葉髙島屋は髙島屋の持分法適用関連会社でなくなる。尚、髙島屋は、大葉髙島屋と商標等ライセンス契約を締結し、髙島屋が所有し、大葉髙島屋が使用している全ての商標を大葉髙島屋に使用許諾することに同意。これにより、大葉髙島屋は髙島屋との資本

「株式譲渡・選択と集中」に関連するコラム

【セミナーレポート】製造業の高収益化セミナー 求められる3つのキーワードとは

広報室だより
【セミナーレポート】製造業の高収益化セミナー 求められる3つのキーワードとは

日本M&Aセンター、日刊工業新聞社共催「事業承継&高収益化戦略セミナー」が2021年12月に東京と大阪の2会場においてハイブリット形式(対面とオンライン)で行われました。製造業の高収益化と事業承継をテーマに、製造業に精通した日本M&Aセンターのコンサルタントが講師となって、中堅・中小企業の経営者向けに経営戦略のヒントを、事例を交えながら紹介しました。東京会場では、日本M&Aセンターダイレクトマーケ

買収とは?その目的やメリット、スキームを解説!

M&A全般
買収とは?その目的やメリット、スキームを解説!

事業構造、産業構造が大きく変化する今、「買収」を検討している企業が年々増加しています。本記事では買収の概要についてご紹介してまいります。買収とはM&Aにおいて「買収」とは、ある企業が他の企業を支配する目的で議決権の概ね過半数以上を買い取ったり、事業部門を買い取ったりすることを指します。新規に自社で事業を立ち上げる、あるいは強化していく場合と比べると、既にその事業分野で実績のある企業を買い取る行為は

大好評オンラインセミナー 買収の参観日

広報室だより
大好評オンラインセミナー 買収の参観日

日本M&Aセンターのオンラインセミナー「買収の参観日―M&Aの実現と成功のために―」(計3回)が5月より始まりました。M&Aで買い手候補となる経営者を対象にした初めてのセミナーです。毎回、配信が平日の夕方にも関わらず数百人以上が視聴し、まだ2回の配信ながら、すでに人気のコンテンツに成長しています。買い手企業の経営者指南M&Aを検討しながら契約に至る企業と、躊躇して一歩を踏み出せない企業には考え方に

With/Afterコロナ新時代!ライバルとの差を広げるレバレッジ戦略の提唱 ~危機に強い会社になるために、経営者に残された選択肢とは?!~

M&A全般
With/Afterコロナ新時代!ライバルとの差を広げるレバレッジ戦略の提唱 ~危機に強い会社になるために、経営者に残された選択肢とは?!~

【連載】With/Afterコロナにおいて上場会社グループがとるべきM&A戦略「With/Afterコロナにおいて上場会社グループがとるべきM&A戦略~リスク分散できる事業構造への抜本的改革とM&Aの活用~」と題し、全5回で連載したします。連載第2回の今回は、日本M&Aセンター企業戦略部部長西川大介より危機に強い会社になるための戦略について解説いたします。不況をライバルに差をつける機会と捉える新型

シンガポール進出4年目を迎えて

海外M&A
シンガポール進出4年目を迎えて

日本M&Aセンターの初のASEAN海外拠点として、2016年4月にシンガポールに事務所を開設した。以来3年間の活動で得たシンガポールのM&A動向について記したい。ASEANにおけるM&A件数推移下の図を参照いただきたい。近年のアジアにおけるIn-Outの件数推移である。2018年はシンガポール企業の買収が53件と、最も多い。単年に限ったことではなく、ここ5年ほどはASEANのM&Aにおいて最も日本

カーブアウトの税務

M&A実務
カーブアウトの税務

現在の日本は、いざなみ景気を超えて戦後最長の景気拡大となっているとされている。しかし、少子高齢化、人口減少、財政問題など日本の将来に対する漠然とした不安、あるいは産業構造の変化が著しいビジネス環境において、自社のビジネスポートフォリオをスピーディーに入れ替える必要性を感じている人は多い。このような背景からか、ここ数年、カーブアウトやスピンオフにより企業が選択と集中を実行することを税務面からも後押し

「株式譲渡・選択と集中」に関連する学ぶコンテンツ

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2019年10月
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031

月別M&Aニュース

注目ニュースワード