M&Aニュース

髙島屋(8233)、地下ショッピングセンターの建設管理・運営を展開する大阪地下街に新南海ストアの保有する全株式譲渡

株式会社髙島屋(8233)は、保有する株式会社新南海ストア(新南海ストア)の全株式について、大阪地下街株式会社(大阪府大阪市)に譲渡することを決定し、株式譲渡契約を締結した。
議決権所有割合は、50.0%から0%となる。これに伴い、新南海ストアは、髙島屋の持分法適用会社より除外される。

髙島屋は、百貨店業、法人事業、通信販売事業、グループ事業を展開している。

新南海ストアは、1957年に髙島屋と南海電気鉄道株式会社(大阪府大阪市)と共同出資により設立。主に大阪地下街が所有・管理する商業施設にて専門店運営事業を行っている。現在は「NAMBAなんなん」など5施設において28店舗を運営している。

大阪地下街は、地下ショッピングセンターの建設管理・運営、駐車場経営、広告看板賃貸業を展開している。

地域の競争激化に加え、ネット通販をはじめとした小売チャネルの多様化などにより新南海ストアの収益が漸減した状況から、本件譲渡に至る。

・今後のスケジュール
株式譲渡実行日 2020年6月1日

M&Aニュース

コラム

M&A用語集

まずは無料で
ご相談ください。

「自分でもできる?」「従業員にどう言えば?」 そんな不安があるのは当たり前です。お気軽にご相談ください。