日本M&Aセンター

M&A

日本M&Aセンター

M&Aニュース

日本製紙(3863)、豪州の大手包装資材メーカー・オローラ社より板紙パッケージ部門を譲り受け

日本製紙(3863)は、豪州証券取引所上場企業であるオローラ社(豪州ビクトリア州)との間で、オローラ社の豪州・ニュージーランド(NZ)事業のうち、板紙パッケージ部門を譲受ける事で合意し、本事業譲受けに関する契約の締結を決定した。
取得価額は、概算約1,243億円。

日本製紙は、連結子会社であるオーストラリアン・ペーパー社(豪州メルボルン市、AP社)または新設立AP社子会社を通じて対象資産を買収する。

紙・パルプ・紙加工品製造業業界のM&A

日本製紙グループは、パッケージ、家庭紙・ヘルスケア、ケミカル、エネルギー、木材の5つの事業を成長分野として位置付けて展開している。特にパッケージ分野では、紙素材について、原紙の生産から加工にわたるバリューチェーンと事業の拡大に取り組んでいる。

オローラ社は、板紙パッケージ部門において、古紙回収から、段ボール原紙製造、段ボール工場、パッケージング関連資材・サービスの提供に至るまで一貫して展開しており、豪州・NZにおいて高い市場シェアを確立している。
AP社が製造する段ボール原紙および製袋用クラフト紙の主要顧客であり、長年にわたり取引関係にある。

本件により、日本製紙は、オセアニア地域において、一貫体制の段ボール事業に進出する。AP社とのシナジーを発揮し、自社グループのパッケージ事業のさらなる展開を推進する。

●今後のスケジュール
事業譲受期日 2020年1月31日

M&Aニュース

コラム

M&A用語集

まずは無料で
ご相談ください。

「自分でもできる?」「従業員にどう言えば?」 そんな不安があるのは当たり前です。お気軽にご相談ください。