M&Aニュース

ナック(9788)、日本製紙(3863)子会社国木ハウスの全株式取得・子会社化

ナック(9788)は、日本製紙(3863)との間で、株式会社国木ハウス(札幌市)の全株式を取得する株式譲渡契約に調印し、株式会社国木ハウスを子会社化することを決定した。

ナックは、2002年より住宅事業に参入し、子会社「レオハウス」のブランドで注文住宅事業を展開している。近年はM&Aを活用して、商圏の強化や事業領域の拡大に取り組んでいる。

国木ハウスは、北海道において住宅事業を展開している。北海道の厳しい気候に適応する注文住宅建築や土地付き注文住宅及び建売住宅、リフォーム工事を特徴とする。

本件M&Aにより、ナックは、寒冷地における建築ノウハウを獲得し、住宅事業において新たに北海道への進出を図る。

●今後のスケジュール
株式譲渡実行日 平成29年6月1日

この記事に関連するタグ

「株式譲渡」に関連するM&Aニュース

ナック(9788)、ヤマダホームズより建設工事事業を展開するエースホームの株式取得、子会社化

株式会社ナック(9788)は、株式会社ヤマダホームズ(群馬県高崎市)よりエースホーム株式会社(東京都新宿区)の株式を取得し、子会社化することを決定した。所有割合は、86%となる。ナックは、工務店が担う地域経済への役割に着目して建築コンサルティング事業を展開し、コスト削減や受注促進をはじめとする経営支援を行っている。現在では、中小建設業・工務店向けに優良住宅の建築ノウハウ、経営コンサルティングなどの

日本製紙(3863)、紙容器成形充填機の国内シェアNo.1の四国化工機と資本業務提携

日本製紙株式会社(3863)と四国化工機株式会社(徳島県板野郡)は、食品用紙容器の充填包装システムに関し、資本業務提携契約を締結した。日本製紙は、四国化工機の普通株式5.2%を取得した。牛乳パック等に対応した四国化工機製の紙容器成形充填機(チルド用)は、日本国内で約70%のシェアを占めると共に、世界50ヵ国以上に納入されている。日本製紙は、日本国内において四国化工機製紙の最先端の独自技術による容器

日本製紙(3863)、豪州の大手包装資材メーカー・オローラ社より板紙パッケージ部門を譲り受け

日本製紙(3863)は、豪州証券取引所上場企業であるオローラ社(豪州ビクトリア州)との間で、オローラ社の豪州・ニュージーランド(NZ)事業のうち、板紙パッケージ部門を譲受ける事で合意し、本事業譲受けに関する契約の締結を決定した。取得価額は、概算約1,243億円。日本製紙は、連結子会社であるオーストラリアン・ペーパー社(豪州メルボルン市、AP社)または新設立AP社子会社を通じて対象資産を買収する。日

ナック (9788)、建築コンサルティング事業においてSOUSEI Technologyと資本業務提携

株式会社ナック(9788)は、工務店支援を展開する建築コンサルティング事業において、株式会社SOUSEITechnology(東京都港区)と資本業務提携契約を締結した。ナックは、宅配水事業、建築コンサルティング事業、注文住宅「レオハウス」の住宅事業など様々な事業を100万軒を超える顧客に提供。また、工務店が担う地域経済への役割に着目し、コスト削減や受注促進の経営支援を行っている。SOUSEITec

ナック(9788)、化粧品・健康食品販売子会社によりEC事業展開のインフィニティービューティーの株式取得

ナック(9788)は、連結子会社である株式会社JIMOS(福岡市)にて、インフィニティービューティー株式会社(東京都大田区)の株式を取得することを決定した。ナックは、2013年より通信販売事業(美容・健康事業)に参入した。JIMOSにおいては、オリジナルブランドの化粧品・健康食品を個人向けに販売してきた。インフィニティービューティーは、美容材料・化粧品卸売事業、インターネットを利用した通信販売事業

ナック(9788)、埼玉のダスキン加盟店・愛ライフを株式交換により完全子会社化

ナック(9788)は、簡易株式交換により、株式会社愛ライフ(埼玉県越谷市)を完全子会社とすることを決定した。愛ライフ普通株式1株に対し、ナック普通株式1.25株を割当て交付する。ナックは、レンタル事業部門について、創業以降、ダスキンの加盟店として関東圏、札幌市及び福岡県において、ダストコントロール商品の定期レンタル、清掃、家事代行、庭木の手入れ等幅広いサービスを提供している。愛ライフは、同じくダス

日本製紙(3863)、日本製紙USAの事業を譲渡

日本製紙(3863)は、連結子会社の日本製紙USA(正式名称:NipponPaperIndustriesUSACo.,Ltd.)の事業資産をメキシコ製紙大手BioPappel社の米国子会社McKinleyPaperCompany(McKinley社)へ譲渡することで合意した。日本製紙USAは、電話帳用紙を中心とする中質紙製品の製造・販売を行っており、北米市場で長年にわたり販売実績を上げてきた。Bi

日本製紙(3863)、米国の新聞・出版用紙事業合弁会社ノーパック社の全持分売却

日本製紙(3863)は、米国ウェアーハウザー社との合弁で新聞・出版用紙事業を展開するNorthPacificPaperCompany,LLC(米国ワシントン州、ノーパック社)の保有全持分50.0%の売却を決定した。また、本件によりノーパック社の全持分を保有することとなるウェアーハウザー社は、その全持分をOneRockCapitalPartners,LLC(ワンロック社)へ売却する。ノーパック社は、

日本製紙(3863)、米国ウェアーハウザー社の液体用紙容器原紙事業を譲受け

日本製紙株式会社(3863)は、米国に新設予定の100%子会社が、米国の総合林産企業グループWeyerhaeuserCompany(米国ワシントン州、ウェアーハウザー社)の液体用紙容器の原紙、カップ容器用の原紙等の製造・加工・販売事業(液体用紙容器原紙事業)を譲り受けるための事業譲渡契約を締結することを決定した。日本製紙は、「既存事業の競争力強化」と「事業構造転換」をテーマに、成長分野への経営資源

ナック(9788)、太陽光発電システム販売のエコ&エコを完全子会社化

株式会社ナック(9788)は、株式会社エコ&エコ(東京都新宿区)の全株式を取得し子会社化することを決定した。ナックは、建築コンサルティグ事業セグメントの中での商社部門として、太陽光発電システム、エコキュート等のエコ商材、並びに住宅資材の卸売を行っている。エコ&エコは、太陽光発電システム・オール電化システムの販売及び工事を手掛けている。ナックは本件により、工事請負による業容拡大と両社のネットワーク活

「株式譲渡」に関連するコラム

買収と合併の違いとは!?意外と知られていない買収について解説

M&A全般
買収と合併の違いとは!?意外と知られていない買収について解説

事業構造、産業構造が大きく変化する今、「買収」を検討している企業が年々増加しています。本記事では買収の概要についてご紹介してまいります。買収とはM&A用語としての「買収」に限定すると、ある企業が他の企業を支配する目的で議決権の概ね過半数以上を買い取ったり、事業部門を買い取ったりすることを指します。新規に自社で事業を立ち上げる、あるいは強化していく場合と比べると、既にその事業分野で実績のある企業を買

プロの活用でM&Aを成功させる!~M&A仲介会社の選び方~

M&A全般
プロの活用でM&Aを成功させる!~M&A仲介会社の選び方~

近年、事業承継の解決や成長戦略の実現のためのM&A活用が増加してきたのはご存じのとおりです。当社は2006年にM&A仲介会社として初めて上場しましたが、上場しているM&A仲介会社は現在では当社含めて3社となっています(2017年3月現在)。各社とも業績を伸ばしており、M&Aの活発さがうかがえます。なぜ専門の仲介会社が必要なのかM&Aは、戦略面に加え、税務、会計、法務、労務、その他のあらゆる視点・角

株式譲渡(M&A)所得vs給与所得

M&A実務
株式譲渡(M&A)所得vs給与所得

株式譲渡であれば所得税の税率は固定!中小企業の社長の皆さまとM&Aのお話をしていると「私はオーナーとして会社から毎年3千万円の役員給与を得ている。もしも会社が2億円で売れたとしても、7年足らずで同じくらいの給与が得られるので会社を売ることにあまりメリットを感じない」とおっしゃる方がかなりいらっしゃいます。掛け算で考えればその通りのようにも思えますが、実際はそれぞれの税金インパクトを考慮する必要があ

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2017年4月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30

月別M&Aニュース

注目ニュースワード