日本M&Aセンター

M&A

日本M&Aセンター

M&Aニュース

日本製紙(3863)、日本製紙USAの事業を譲渡

日本製紙(3863)は、連結子会社の日本製紙USA(正式名称:Nippon Paper Industries USA Co., Ltd.)の事業資産をメキシコ製紙大手Bio Pappel社の米国子会社McKinley Paper Company(McKinley社)へ譲渡することで合意した。

日本製紙USAは、電話帳用紙を中心とする中質紙製品の製造・販売を行っており、北米市場で長年にわたり販売実績を上げてきた。

Bio Pappel社は、北・中米で広く板紙製品の製造・販売を行い、日本製紙USAの資産を活用して事業展開をしていく。
日本製紙は、「事業構造の転換」の観点から、北米での印刷・出版用紙事業から撤退し、経営資源の選択と集中を図る。

●今後のスケジュール
事業譲渡期日 平成29年3月31日

M&Aニュース

コラム

M&A用語集

まずは無料で
ご相談ください。

「自分でもできる?」「従業員にどう言えば?」 そんな不安があるのは当たり前です。お気軽にご相談ください。