M&Aニュース

Adjust、サイバーエージェント(4751)子会社CyberZが運営するスマートフォン効果計測ツール「Force Operation X (F.O.X)」を買収

Adjustは、サイバーエージェント(4751)の子会社株式会社CyberZが運営するスマートフォン効果計測ツール「Force Operation X (F.O.X)」の買収を決定した。

F.O.Xは、国内で初めて開発されたスマートフォンアプリ向けの広告効果計測ツール。Facebookの「Facebook Mobile Measurement Partner」やTwitter公式プログラム「Twitter Official Partners」としても認定されている。

本件により、Adjustは、サイバーエージェントグループ会社と緊密な協力関係を築くことにより、Adjustの日本市場における地位をさらに強固にし、APAC市場全体の成長促進を図る。

この記事に関連するタグ

「事業譲渡・子会社」に関連するM&Aニュース

サイバーエージェント(4751)、Coupeの株式取得、グループ化

サイバーエージェント(4751)は、株式会社Coupe(東京都渋谷区)の株式を取得し、グループ化した。Coupe株式の一部を譲り受けるとともに第三者割当増資を引き受ける。Coupeは、サロンモデルと美容師をマッチングするWebマッチングサービス「Coupe」と、インフルエンサーのマネジメントサービス「COUPEMANAGEMENT」を展開するスタートアップ企業。サイバーエージェントは、若手経営者の

サイバーエージェント(4751)、FC町田ゼルビア運営会社・ゼルビアの第三者割当引受け、子会社化

サイバーエージェント(4751)は、株式会社ゼルビア(東京都町田市)が第三者割当増資にて発行する株式を引受け、子会社化することを決定した。取得価額は11.48億円。議決権所有割合は80%となる。ゼルビアは、FC町田ゼルビアを運営している。FC町田ゼルビアは、Jリーグクラブの中でも珍しい、地域・市民が作り上げたサッカークラブ。東京・町田市をホームタウンに、2018シーズンにおいては現在J2首位争いを

サイバーエージェント(4751)、DDTプロレスリングの発行済全株式取得

サイバーエージェント(4751)は、株式会社DDTプロレスリング(東京都新宿区)の発⾏済全株式を取得した。サイバーエージェントは、事業の一環として、テレビ朝⽇と共同でインターネットテレビ局「AbemaTV」を運営し、オリジナルのニュース番組・バラエティ番組のほか、将棋や⿇雀、格闘技、ゴルフなどの専門チャンネルを提供している。DDTプロレスリングは、今年で旗揚げ20周年を迎えたプロレス団体で、通常の

サイバーエージェント(4751)、リクルートHD(6098)よりフリーマガジン『R25』運営子会社の全株式取得

サイバーエージェント(4751)は、リクルートホールディングス(6098)の子会社である株式会社MediaShakers(東京都港区)の発行済全株式を譲受けることについて、リクルートHDと契約を締結した。MediaShakersは、若手ビジネスマン層をターゲットにしたフリーマガジン『R25』を運営してきたが、2017年4月28日付でのサービスを終了を発表していた。本件M&Aにより、サイバーエージェ

ソフトバンク(9984)、サイバーエージェント(4751)子会社のマイクロアドと資本業務提携

ソフトバンクグループ株式会社(9984)の子会社であるソフトバンク株式会社(東京都港区)は、サイバーエージェント(4751)の連結子会社である株式会社マイクロアド(東京都渋谷区)の株式を取得することで資本提携を行うとともに、スマートデバイス向けの広告事業で業務提携を行うことを決定した。ソフトバンクの株式所有割合は20.01%となる。マイクロアドは、インターネットのアドプラットフォーム事業およびアド

「事業譲渡・子会社」に関連するコラム

買収と合併の違いとは!?意外と知られていない買収について解説

M&A全般
買収と合併の違いとは!?意外と知られていない買収について解説

事業構造、産業構造が大きく変化する今、「買収」を検討している企業が年々増加しています。本記事では買収の概要についてご紹介してまいります。買収とはM&A用語としての「買収」に限定すると、ある企業が他の企業を支配する目的で議決権の概ね過半数以上を買い取ったり、事業部門を買い取ったりすることを指します。新規に自社で事業を立ち上げる、あるいは強化していく場合と比べると、既にその事業分野で実績のある企業を買

理想の買い手候補を即時提案 会社売却先シミュレーション「M-Compass」に込めた想い

広報室だより
理想の買い手候補を即時提案 会社売却先シミュレーション「M-Compass」に込めた想い

日本M&Aセンターは、M&Aを検討する経営者が自社の買い手候補企業をその場で簡単に調べられる新サービス、会社売却先シミュレーション「M-Compass(エムコンパス)」を2021年9月にリリースしました。開発責任者である、日本M&Aセンター上席執行役員(CDO)九鬼隆剛に新サービス開発の背景と狙いを聞きました。他社に真似できない高精度のマッチングーサービス開発の背景について教えてください九鬼:今回

観光業のコロナ禍における経営意識調査

調査データ
観光業のコロナ禍における経営意識調査

日本M&Aセンターは、2021年4月に観光業の経営層98名を対象に、新型コロナウイルス感染症拡大に伴う観光業界(ホテル・旅館)の経営実態とM&Aに関する意識調査を実施しました。意識調査の結果、8割を超える観光業経営者がコロナ禍の影響を受け、売り上げが減少したと回答しました。また、そのうち5割近くが売り上げ改善のために「何もすることができない」と回答。今回のコロナ禍による人の移動の制限や自粛、渡航制

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2019年10月
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031

月別M&Aニュース

注目ニュースワード