M&Aニュース

トヨタ自動車(7203)、スズキ(7269)と資本提携へ

トヨタ自動車(7203)とスズキ(7269)は、自動運転分野を含めた新たなフィールドにおいて長期的な提携関係の構築・推進を目指すべく、資本提携に関する合意書を締結した。

トヨタは、スズキが実施する第三者割当による自己株式の処分により、スズキの普通株式24,000,000株(発行済株式総数に対する所有割合4.94%を取得する。取得価額は960億円。スズキは、市場買付により480億円相当のトヨタ株式を取得する。
これらの株式取得は、海外の競争当局の承認が得られ次第実施する予定。

輸送用機械・部品製造業界のM&A

トヨタは電動化技術に、スズキは小型車技術に、それぞれ強みを持つ。

本件M&Aにより、トヨタとスズキは、それぞれが得意とする技術・商品や既存の事業基盤を強化するだけでなく、今まで通り競争者であり続けつつも、商品の共同開発や生産領域での協力関係を構築して深化させることで、持続的成長の実現を図る。

この記事に関連するタグ

「第三者割当増資・資本業務提携」に関連するM&Aニュース

スズキとダイハツ、商用事業プロジェクト「Commercial Japan Partnership」に参画

スズキ株式会社(7269)、ダイハツ工業株式会社(大阪府池田市)は、商用事業プロジェクト「CommercialJapanPartnership」に参画することを決定した。参画にあたり、スズキとダイハツは、トヨタ自動車株式会社(7203)が保有するCommercialJapanPartnershipTechnologies株式会社(東京都文京区、コマーシャル・ジャパン・パートナーシップ・テクノロジー

トヨタ自動車の子会社、自動運転モビリティのための高精度地図等の次世代道路情報解析を行うCARMERAを買収へ

トヨタ自動車株式会社(7203)の子会社であるウーブン・プラネット・ホールディングス株式会社(東京都中央区)は、自動運転モビリティのための高精度地図を中心とした次世代道路情報解析を行っているCARMERA,Inc.(アメリカ・ニューヨーク州、CARMERA)の買収に合意した。本件に伴い、CARMERAのチームはウーブン・プラネットの事業会社であるウーブン・アルファ株式会社の自動地図生成プラットフォ

トヨタ自動車の子会社、米国リフトの自動運転部門であるLevel 5を買収

トヨタ自動車株式会社(7203、トヨタ)の子会社ウーブン・プラネット・ホールディングス株式会社(東京都中央区、ウーブン・プラネット)は、Lyft,Inc.(アメリカ・カリフォルニア州、リフト)の自動運転部門であるLevel5を買収することに合意した。取得価額は、約5.5億米ドル。トヨタは、自動車の生産・販売を主な事業としている。ウーブン・プラネットは、グループ全体に対する戦略的意思決定、パートナー

トヨタ自動車(7203)とNTT(9432)、スマートシティ実現をめざし資本業務提携

トヨタ自動車株式会社(7203)と日本電信電話株式会社(9432、NTT)は、両社間で価値観を共有し社会の発展をめざすコアなパートナーとして、住民のニーズに応じて進化し続けるスマートシティの実現をめざし、スマートシティビジネスの事業化が可能な長期的かつ継続的な協業関係を構築することを目的として、業務資本提携に関する合意書を締結した。トヨタ自動車は、NTTが実施する第三者割当による自己株式の処分によ

トヨタ自動車(7203)とSUBARU(7270)、業務資本提携へ 追加出資によりSUBARUを関連会社化

トヨタ自動車(7203)とSUBARU(7270)は、業務資本提携に合意した。トヨタは、SUBARU株式を2019年3月31日現在の議決権3.17%から、20%に達するまで取得する。これによりSUBARUはトヨタの関連会社となる。SUBARUは、トヨタによるSUBARU株式の取得に要した金額と同額に相当する株式を取得する(ただし取得価額の上限は800億円)。取得方法はいずれも市場買付けおよび、また

トヨタ自動車(7203)、データソリューション企業ALBERT(3906)と資本業務提携

トヨタ自動車(7203)と株式会社ALBERT(3906)は、主に自動運転技術の先行開発分野におけるビッグデータ分析において業務提携し、トヨタがALBERTに出資することで合意した。トヨタはALBERTが第三者割当増資により発行する株式を引き受ける。トヨタ自動車の払込金額の総額は399,760,380円で、ALBERTの調達資金額は手取り概算で395,760,380円となる(発行済株式総数の6.4

トヨタ自動車(7203)とマツダ(7261)、資本業務提携へ

トヨタ自動車(7203)とマツダ(7261)は、業務資本提携に関する合意書を締結した。トヨタは、マツダ実施の第三者割当による新株式発行により、マツダ普通株式31,928,500株(増資後の発行済株式総数に対する所有割合5.05%、総額500億円)を取得する。また、マツダは、トヨタ実施の第三者割当による自己株式の処分により同額相当のトヨタ株式(発行済株式総数に対する所有割合0.25%)を取得する。ト

JA三井リース、トヨタ自動車(7203)傘下のトヨタファイナンスより機器リース事業を承継

JA三井リース株式会社は、トヨタ自動車(7203)傘下のトヨタファイナンス株式会社(名古屋市西区)との間で、トヨタファイナンスの機器リース事業をJA三井リースに承継する契約を締結し、譲り受けた。JA三井リースは、国内外の自動車メーカー、各種部品メーカー、自動車販売会社、メンテナンスサービス会社等の行う設備投資に対し、様々なファイナンススキームやアセットマネジメントサービスの提供を行っている。JA三

フタバ産業(7241)、トヨタ自動車(7203)へ第三者割当増資

フタバ産業(7241)は、トヨタ自動車(7203)に対して第三者割当による新株式の発行を行うことについて決定した。払込金額は9,999,974,400円。フタバ産業は、排気系部品、ボデー系部品等の自動車部品製造・販売を中心として国内外においてビジネスを展開しており、トヨタ自動車向けの販売割合が高い。トヨタ自動車は、サプライヤーとしてより高強度な部材のプレス加工が可能となるホットスタンプ工法を採用す

トヨタ自動車(7203)、株式交換でダイハツ工業(7262)を完全子会社化

トヨタ自動車株式会社(7203)及びダイハツ工業株式会社(7262)は、トヨタ自動車を株式交換完全親会社とし、ダイハツ工業を株式交換完全子会社とする株式交換の実施を決定し、両社間で株式交換契約を締結した。ダイハツ工業の普通株式1株に対して、トヨタ自動車の普通株式0.26株を割当て交付する。トヨタ自動車による持株比率は51.19%から100%となり、ダイハツ工業の株式は上場廃止となる予定。トヨタ自動

「第三者割当増資・資本業務提携」に関連するコラム

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2019年8月
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

月別M&Aニュース

注目ニュースワード