M&Aニュース

キリンホールディングス(2503)、ファンケル(4921)と資本業務提携

キリンホールディング(2503、キリンHD)は、ファンケル(4921)と資本業務提携契約を締結した。
株式取得総額は、1,293億円、キリンの議決権割合は、33.0%となる。

キリンHDは、「健康」に関する社会課題の解決を通じて成長を目指し、キリンHDグループの経営戦略策定および経営管理を行っている。

ファンケルは、確かな機能を持つ健康食品を提供することで、「健康寿命の延伸」と医療費の削減に貢献するとの使命を持ち、化粧品・健康食品の研究開発、製造および販売を展開している。

本件により、キリンHDは、ファンケルと素材・商品・ブランド開発、共同研究・事業開発の推進、インフラの相互利用へと展開していく。

●今後のスケジュール
株式譲渡日 2019年9月6日

食品製造業界のM&A・事業承継の動向はこちら

キリンホールディングス・ファンケルに関連するM&Aニュース

キリンHD、Myanmar Breweryの全株式譲渡、ミャンマー事業から撤退へ

キリンホールディングス株式会社(2503)は、キリンHDの子会社であるKirinHoldingsSingaporePte.Ltd.(シンガポール、KHSPL)が保有するMyanmarBreweryLimited(ミャンマー・ヤンゴン、MBL)の全株式を、MBLに譲渡すること(MBLによる自己株式取得)を決定した。譲渡価額は、約224億円(3,240億MMK)を予定している。キリンHDは、酒類・飲料

キリンHD、甘味タンパク質の開発を行うJoywell Foodに出資

キリンホールディングス株式会社(2503)は、コーポレートベンチャーキャピタルファンド「KIRINHEALTHINNOVATIONFUND」を通じて、JoywellFood,Inc.(アメリカ・カリフォルニア州)に出資した。キリンHDは、酒類・飲料事業をグループの基盤事業として、食領域・ヘルスサイエンス領域・医領域に事業を展開している。JoywellFoodは、甘味タンパク質の開発と砂糖不使用食品

キリンホールディングス(2503)、オーストラリアの飲料事業部門Lion-Dairy&Drinksの全株式を中国乳業企業グループに譲渡

キリンホールディングス(2503)及びキリングループのオセアニア綜合飲料事業を担うLionPtyLtd(ライオン)は、ライオンの100%子会社であるKirinFoodsAustraliaHoldingsPtyLtdが、ライオンの飲料事業部門であるLion-Dairy&Drinks(オーストラリア・メルボルン)の全株式を中国蒙牛乳業有限公司(蒙牛)の子会社であるMondaySmoothiePtyLt

キリンHD(2503)、ブラジルの100%子会社株式をHeinekenグループに譲渡

キリンホールディングス(2503)は、完全子会社であるBrasilKirinHoldingsS.A.(サンパウロ州、ブラジルキリン社)の全株式を譲渡する株式譲渡契約をHeinekenInternationalB.V.の子会社であるBavariaS.A.(サンパウロ州、Bavaria社)と締結した。譲渡価額は約770億円。ブラジルキリン社は、ビール、清涼飲料の製造・販売を行っている。キリンHDは、自

この記事に関連するタグ

「株式譲渡・資本業務提携」に関連するコラム

【セミナーレポート】製造業の高収益化セミナー 求められる3つのキーワードとは

広報室だより
【セミナーレポート】製造業の高収益化セミナー 求められる3つのキーワードとは

日本M&Aセンター、日刊工業新聞社共催「事業承継&高収益化戦略セミナー」が2021年12月に東京と大阪の2会場においてハイブリット形式(対面とオンライン)で行われました。製造業の高収益化と事業承継をテーマに、製造業に精通した日本M&Aセンターのコンサルタントが講師となって、中堅・中小企業の経営者向けに経営戦略のヒントを、事例を交えながら紹介しました。東京会場では、日本M&Aセンターダイレクトマーケ

資本提携とは?業務提携との違いやメリット・デメリット、手続きの流れを解説

経営・ビジネス
資本提携とは?業務提携との違いやメリット・デメリット、手続きの流れを解説

企業の競争力を強化するために、一社単独ではなく、複数の企業がそれぞれ持つ経営資源を提供し合い、複合的なシナジー効果を目指す場合があります。このような形態の一つが、資本提携です。本記事では、資本提携とはどのようなもので、業務提携やM&Aとは何が違うのかを明確にしつつ、メリットやデメリット、手続きの流れなどについて解説します。資本提携とは?資本提携とは、複数(通常は2社)の企業がそれぞれの技術やノウハ

上場企業を子会社化?丸和運輸機関とファイズHD、資生堂の物流M&Aを解説

M&A全般
上場企業を子会社化?丸和運輸機関とファイズHD、資生堂の物流M&Aを解説

物流業3PL分野の有力企業同士のM&Aに注目西川:これまで日立物流の事例を取り上げてきましたが、今年に入って行われた物流M&A事例をもう1件紹介したいと思います。買い手は丸和運輸機関、株を売却したのがファイズホールディングス(ファイズHD)です。どちらも上場しているオーナー系の企業であり、今回TOBが用いられました。ただしTOBの後もファイズHDは上場を維持しています。【M&Aニュース】丸和運輸機

2025年問題とは?待ったなしの事業承継問題、M&A増加の背景をわかりやすく解説!

事業承継
2025年問題とは?待ったなしの事業承継問題、M&A増加の背景をわかりやすく解説!

日本M&AセンターでM&Aを実行されたお客様の多くは「M&Aっていいものだね!」とおっしゃられます。その思いや実例をより広くお届けするために今春からYouTubeチャンネルではじまった「いいM&Aチャンネル」。本記事では動画の概要をご紹介します。※動画本編はこちらから2021年のM&A件数は過去最多に岡本:早速ですけど、M&Aは年間どのくらい行われているかご存じですか?縄田:いやいや、この業界長い

日立のM&Aプレスリリースから読み解く!価格交渉の背景とは?

M&A全般
日立のM&Aプレスリリースから読み解く!価格交渉の背景とは?

日本M&Aセンターの中で特に業界での経験豊富な二人のスペシャリストが、世の中の企業のM&Aの動き、プレスリリースを中心に解説する「M&Aニュースサテライト」。今回は前回に引き続き日立製作所による日立物流の売却をテーマに解説します。(本記事ではYouTube動画の概要をご紹介します。)日立製作所と日立物流が正式発表へ西川:前回(日立製作所が日立物流を売却へ!M&Aの狙いとは)につづき日立物流パート2

西武建設をミライトHDへ売却する背景とは?西武ホールディングスのカーブアウト事例を解説

M&A全般
西武建設をミライトHDへ売却する背景とは?西武ホールディングスのカーブアウト事例を解説

日本M&Aセンターの中で特に業界での経験豊富な二人のスペシャリストが、世の中の企業のM&Aの動き、プレスリリースを中心に解説する「M&Aニュースサテライト」。今回は西武ホールディングスによる西武建設の売却をテーマに解説します。(本記事ではYouTube動画の概要をご紹介します。)※撮影は2022年1月下旬に行われました。西武ホールディングス、西武建設売却へ西川:今年に入って1月はコロナ禍にも関わら

「株式譲渡・資本業務提携」に関連する学ぶコンテンツ

「ニッポンには、跡継ぎが足りない。」テレビCM放送中

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2019年8月
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

月別M&Aニュース

注目ニュースワード