M&Aニュース

価値開発(3010)、米国スターアジアグループと資本業務提携、第三者割当新株式発行

価値開発(3010)は、スターアジアグループに属するStar Asia Management Ltd.(ケイマン諸島、SAM)及びスターアジアグループにより運用されるファンドであるStar Asia Opportunity III LP(同、SAO)との間で資本業務提携契約を締結し、SAMとの業務提携及び当該業務提携に併せたSAOへの第三者割当による新株式の発行を行うことを決定し、スターアジアグループとの間で資本業務提携を実施することを決定した。

価値開発は、SAOに自社普通株式2,800,000株(持株比率17.27%)を割り当てる。また併せてSAOは、2,391,200株(持株比率14.75%)を株主から取得する。合計5,191,200株(持株比率32.02%)を保有することとなる。
価値開発の調達資金額は手取り概算額で594百万円となる。

価値開発グループは、ホテル運営を主な事業としている。『ベストウェスタン』や『バリュー・ザ・ホテル』等のホテルブランドを展開している。

スターアジアグループは、米国を主とする海外の大学基金、財団や年金基金等の長期運用を志向する投資家の資金を、日本をはじめとするアジアの不動産等関連資産によって運用することを目的とする独立系の不動産投資グループ。

本提携により、価値開発は、保有するホテル運営のノウハウと、スターアジアグループが保有する不動産証券化等のノウハウを活用することで、2020年の五輪開催により見込まれる訪日外国人の増加や、以降の訪日外国人誘致施策の実施に伴う宿泊需要及び不動産需要に対する、国内での『ベストウェスタン』ブランドの更なるホテル展開や新たな不動産投資商品の開発等による事業ポートフォリオの拡大を図る。

●今後のスケジュール
第三者割当増資の払込期日 2018年11月12日

この記事に関連するタグ

「クロスボーダーM&A・株式譲渡・第三者割当増資・資本業務提携」に関連するコラム

買収と合併の違いとは!?意外と知られていない買収について解説

M&A全般
買収と合併の違いとは!?意外と知られていない買収について解説

事業構造、産業構造が大きく変化する今、「買収」を検討している企業が年々増加しています。本記事では買収の概要についてご紹介してまいります。買収とはM&A用語としての「買収」に限定すると、ある企業が他の企業を支配する目的で議決権の概ね過半数以上を買い取ったり、事業部門を買い取ったりすることを指します。新規に自社で事業を立ち上げる、あるいは強化していく場合と比べると、既にその事業分野で実績のある企業を買

敵対的買収とは?メリット・デメリットや防衛策、企業事例を解説!

経営・ビジネス
敵対的買収とは?メリット・デメリットや防衛策、企業事例を解説!

後継者不在問題を抱える中小企業では、その解決手段として近年M&Aが積極的に活用されています。M&AはMergerAndAcquisitionの略語で、和訳すると「合併および買収」です。合併が大きく2種類(吸収合併と新設合併)に分けられるのと同様に、買収も同じように2つに大別されます。一つは「友好的買収」、そしてもう一つが「敵対的買収」です。日本における企業買収の大半は友好的買収によって行われますが

第三者割当増資とは?目的やメリット・注意点などを徹底解説!

経営・ビジネス
第三者割当増資とは?目的やメリット・注意点などを徹底解説!

企業がビジネスを継続するために、資金調達は経営上の重要な課題です。企業の主な資金調達の手法には、第三者割当増資や融資などが挙げられます。本記事では、第三者割当増資の概要、第三者割当増資のメリットや注意点などについて、詳しくご説明します。第三者割当増資とは第三者割当増資とは、会社の資金調達方法のひとつで、既存株主ではない特定の第三者に新株の購入権利を付与する増資のことです。企業の主要な資金の調達手法

日本M&AセンターASEANレポート (5)微笑みの王国タイ

海外M&A
日本M&AセンターASEANレポート (5)微笑みの王国タイ

ASEANにおける中進国であるタイ。戦禍が続いた19世紀から欧米の植民地とならずに独立を守り抜いた歴史が今も国民の誇りとなっています。国民の国王家への敬愛の念が深く、僧侶への敬意も深い仏教大国の一面もあります。「マイペンライ(大丈夫)」の言葉に代表される「微笑みの王国」をご紹介します。世界的な製造国を実現したタイアジアのデトロイトと評される自動車産業の一大集積地として製造業が盛んです。日本企業のA

日本M&AセンターASEANレポート (3)魅力的な多民族国家マレーシア

海外M&A
日本M&AセンターASEANレポート (3)魅力的な多民族国家マレーシア

日本M&AセンターはASEAN第四の拠点として、2020年3月にマレーシア駐在員事務所を開設しました。日本の中堅・中小企業が海外進出するために適した環境が広がっています。ASEANではシンガポールに次ぐビジネス環境の良さと多民族国家で魅力的なマレーシアをご紹介します。多様性と消費市場が魅力的なマレーシア現在、日本を含めた世界各国とASEANとのクロスボーダーM&Aは増加しています。その中でも特に集

日本M&AセンターASEANレポート (4)ASEANの大国インドネシア

海外M&A
日本M&AセンターASEANレポート (4)ASEANの大国インドネシア

日本M&AセンターはASEANにおいてシンガポールに次ぐ第二の拠点として、2019年10月にインドネシア駐在員事務所を開設しました。将来のGDP大国として、ASEANの中でも特に大きい成長が期待されるインドネシアのM&Aについてご紹介します。ASEANの大国・インドネシアクロスボーダーM&Aの中でも今後成長が見込まれ、注目されているASEAN。そのASEANの中で、将来の大きな成長が期待できるのが

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2018年10月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031

月別M&Aニュース

注目ニュースワード