M&Aニュース

ソースネクスト(4344)、中国のIoTデバイス開発会社UMEOX社を持分法適用関連会社化

ソースネクスト(4344)は、UMEOX Innovations Co,Ltd(中国・深圳、UMEOX社)の株式を取得し、持分法適用関連会社とすることについて基本合意書を締結した。
議決権所有割合35%を目指して協議を行う。

自社パッケージソフト開発業界のM&A

UMEOX社は、IoTデバイスの企画・開発会社。
ソースネクストは、UMEOX社とともに、通訳機「POCKETALK(ポケトーク)」の次世代機「POCKETALK(ポケトーク)Wシリーズ」の共同開発を行ってきた。

本件により、ソースネクストは、「ポケトーク」の原価削減による収益性の強化および、事業の安定化に加え、「ポケトーク」以外にも独自機能をもつIoT製品の開発を行なうことで、中長期的な新製品および新事業の強化を目指す。

●今後のスケジュール
株式譲渡契約締結日 2018年10月
株式譲渡実行日 2018年10月

この記事に関連するタグ

「クロスボーダー・株式譲渡・第三者割当増資」に関連するM&Aニュース

ソースネクスト(4344)、米国・シリコンバレーにおいて空気清浄機「Molekule Air Mini +」販売のMolekule Inc,と資本業務提携へ

ソースネクスト株式会社(4344)は、MolekuleInc,(米国・シリコンバレー、Molekule社)の空気清浄機「MolekuleAirMini+」に関する国内独占販売権を取得し、両社の業務・資本を提携させるため同社の第三者割当増資を引き受けることを決定。国内独占販売契約及び第三者割当増資引受に関する契約を締結した。取得価額は、約10億79百万円。ソースネクストは、パソコン・スマートフォンソ

ソースネクスト(4344)、ハガキ作成ソフト事業デジタルポストの『Digital POST』の事業および商標権を譲り受け

ソースネクスト(4344)は、デジタルポスト株式会社(東京都千代田区)の事業である「ネットから手紙を送れるWebサービス『DigitalPOST』」及び、これに伴う商標権を譲り受けることで合意し、各契約を締結した。ソースネクストは、パソコン・スマートフォンアプリで年賀状などのハガキ作成ソフトを企画・開発・販売し、主力製品の1つである「筆王」シリーズで、デジタルポスト社のサービスを利用し、年賀状の注

ソフトフロントHD(2321)、印刷郵送APIサービス展開の連結子会社デジタルポストをソースネクスト(4344)に譲渡へ

ソフトフロントホールディングス(2321)は、連結子会社デジタルポスト株式会社(東京都千代田区)の全事業をソースネクスト(4344)に譲渡することを決定した。また、これに先立ち、デジタルポスト社の株主3社が保有する全ての株式を取得することを決定した。ソフトフロントHDグループは、ボイスコンピューティング事業とコミュニケーション・プラットフォーム事業に経営資源を投下し、事業を拡大していくことを基本方

ソースネクスト(4344)、AI英会話アプリ企画・開発会社appArrayの株式取得

ソースネクスト(4344)は、appArray株式会社(東京都港区)の株式をappArray代表者および個人からの譲渡により取得することを決定し、当該契約を締結した。取得価額は61,659,000円。議決権所有割合は4.9%となる。appArrayは、音声認識・会話AI・デジタル音声等の技術を活用したAI英会話アプリ「SpeakBuddy」やオンライン英語コーチングサービス「SpartaBuddy

ソースネクスト(4344)、海外現地オプショナルツアー・アクティビティ予約サイト運営会社のタビナカの株式取得

ソースネクスト(4344)は、株式会社タビナカ(東京都渋谷区)の株式を取得することを決定し、契約を締結した。ソースネクストは、タビナカ社が第三者割当で発行するA2種優先株式の13,851株を引き受ける。株式所有割合は0.96%となる。ソースネクストでは、AI通訳機「POCKETALK@(ポケトーク)」の企画・提供を行っている。タビナカは、海外旅行の渡航先現地で利用するオプショナルツアーやアクティビ

ソースネクスト(4344)、IoT関連企業ジェネシスHDの株式取得

ソースネクスト(4344)は、株式会社ジェネシスホールディングス(東京都千代田区)の株式取得を決定し、株式取得契約を締結した。所有株式比率は4.41%となる。ジェネシスHDは、IoT製品の製造、品質管理、およびカスタマーサポート業務等を受託している。本件により、ソースネクストは、自社の販売する通訳機「POCKETALK®(ポケトーク)」の生産・品質管理の維持、またその他ハードウェア新製品のスピーデ

ソースネクスト(4344)、語学学習ソフト提供のロゼッタストーン・ジャパンの全株式取得

ソースネクスト(4344)は、ロゼッタストーン・ジャパン株式会社(東京都港区)の全株式を取得し完全子会社にすることに合意し、株式譲渡契約の締結を決定した。ロゼッタストーン・ジャパンは、語学学習ソフト「RosettaStone(ロゼッタストーン)」の開発・販売を行っている。ソースネクストは、平成29年3月に、ロゼッタストーン・ジャパンの親会社であるRosettaStoneLtd.(米国ヴァージニア州

ソースネクスト(4344)、バングラデシュの開発委託先企業BJIT社の一部株式取得

ソースネクスト(4344)は、バングラデシュのBJITLimited(バングラデシュダッカ、BJIT社)が実施する第三者割当増資を引受け、株式を取得することを決定した。取得価額は41百万円。議決権所有割合は12.66%となる。BJIT社は、ソースネクストの主力Androidアプリである「驚速メモリ」、「超便利ツールズ」、「超電池」などの開発委託先。本件M&Aにより、ソースネクストは、開発委託費の効

ソースネクスト(4344)、ソフトフロントホールディングス(2321)より老舗パソコンソフトメーカー筆まめの全株式取得へ

ソースネクスト(4344)は、ソフトフロントホールディングス(2321)より株式会社筆まめの全株式を取得し子会社化することについて基本合意書を締結することを決定した。筆まめは、パソコンソフトメーカーの老舗企業で、「筆まめ」や、「デジカメde!!ムービーシアター」「パーソナル編集長」などを有する。本件M&Aにより、ソースネクストは、筆まめ社の全製品を家電量販店等で販売することに加え、自社グループの顧

ソースネクスト(4344)、デジタルデータ製造・販売のマイザの全株式取得

ソースネクスト(4344)は、マイザ株式会社(東京都新宿区)の全株式を取得し子会社化することを決定し、株式譲渡契約を締結した。マイザは、印刷物やwebなどを制作する全国のプロデザイナーを対象に、写真、イラストなどのデジタルデータの製造・販売を行っている。近年、ストックフォト(写真素材)の業界は、パッケージからオンラインダウンロードへと販売スタイルがシフトしている。本件により、ソースネクストは、自社

「クロスボーダー・株式譲渡・第三者割当増資」に関連するコラム

買収と合併の違いとは!?意外と知られていない買収について解説

M&A全般
買収と合併の違いとは!?意外と知られていない買収について解説

事業構造、産業構造が大きく変化する今、「買収」を検討している企業が年々増加しています。本記事では買収の概要についてご紹介してまいります。買収とはM&A用語としての「買収」に限定すると、ある企業が他の企業を支配する目的で議決権の概ね過半数以上を買い取ったり、事業部門を買い取ったりすることを指します。新規に自社で事業を立ち上げる、あるいは強化していく場合と比べると、既にその事業分野で実績のある企業を買

日本M&AセンターASEANレポート (3)魅力的な多民族国家マレーシア

海外M&A
日本M&AセンターASEANレポート (3)魅力的な多民族国家マレーシア

日本M&AセンターはASEAN第四の拠点として、2020年3月にマレーシア駐在員事務所を開設しました。日本の中堅・中小企業が海外進出するために適した環境が広がっています。ASEANではシンガポールに次ぐビジネス環境の良さと多民族国家で魅力的なマレーシアをご紹介します。多様性と消費市場が魅力的なマレーシア現在、日本を含めた世界各国とASEANとのクロスボーダーM&Aは増加しています。その中でも特に集

日本M&AセンターASEANレポート (5)微笑みの王国タイ

海外M&A
日本M&AセンターASEANレポート (5)微笑みの王国タイ

ASEANにおける中進国であるタイ。戦禍が続いた19世紀から欧米の植民地とならずに独立を守り抜いた歴史が今も国民の誇りとなっています。国民の国王家への敬愛の念が深く、僧侶への敬意も深い仏教大国の一面もあります。「マイペンライ(大丈夫)」の言葉に代表される「微笑みの王国」をご紹介します。世界的な製造国を実現したタイアジアのデトロイトと評される自動車産業の一大集積地として製造業が盛んです。日本企業のA

日本M&AセンターASEANレポート (4)ASEANの大国インドネシア

海外M&A
日本M&AセンターASEANレポート (4)ASEANの大国インドネシア

日本M&AセンターはASEANにおいてシンガポールに次ぐ第二の拠点として、2019年10月にインドネシア駐在員事務所を開設しました。将来のGDP大国として、ASEANの中でも特に大きい成長が期待されるインドネシアのM&Aについてご紹介します。ASEANの大国・インドネシアクロスボーダーM&Aの中でも今後成長が見込まれ、注目されているASEAN。そのASEANの中で、将来の大きな成長が期待できるのが

日本M&AセンターASEANレポート (2)高い経済成長力を誇るベトナム

海外M&A
日本M&AセンターASEANレポート (2)高い経済成長力を誇るベトナム

日本M&Aセンターは2020年2月、ベトナム南部の商業都市ホーチミンに海外3拠点目となるベトナム現地法人を開設しました。ASEANではインドネシア、フィリピンに次ぐ人口規模を持ち、平均年齢も若く、長期的に高い経済成長力が見込まれています。コロナ禍で世界各国がマイナス成長となるなかでも、プラス成長を記録するベトナムの経済成長力は魅力的です。安価な労働力を武器にした高い成長力首都ハノイと商業都市ホーチ

日本M&AセンターASEANレポート (1)アジアを代表する金融都市シンガポール

海外M&A
日本M&AセンターASEANレポート (1)アジアを代表する金融都市シンガポール

中堅・中小企業のM&Aを支援し、企業の存続と発展に貢献してきた日本M&Aセンターは2016年にシンガポールに初の海外拠点を設け、本格的に海外のM&A業務を展開しています。2021年9月時点で、海外拠点はASEANの4か国(シンガポール、インドネシア、ベトナム、マレーシア)に広げ、成約数や売り手企業の案件数も増加しています。日本企業による全体のM&Aの内訳でも、2割程度が海外案件のクロスボーダーとな

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2018年7月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031

月別M&Aニュース

注目ニュースワード