M&Aニュース

東芝(6502)、連結子会社の石炭火力発電事業を大和証券(8601)傘下のファンドに譲渡

東芝(6502)は、子会社である株式会社シグマパワー有明(東京都港区)が、保有する三池発電所における石炭火力発電事業を、大和証券グループ本社(8601)傘下のファンドに譲渡することを決定した。具体的な譲渡先は、大和証券グループ本社子会社の株式会社IDIインフラストラクチャーズ(東京都港区)が運用するファンドであるIDIインフラストラクチャーズ3号投資事業有限責任組合。
譲渡価額は220億円。

保険・保険代理店、保証サービス業界のM&A

本件は、シグマパワー有明が会社分割により新規設立する株式会社三池火力発電所(東京都港区)に本件対象事業を承継させ、三池火力発電所の全株式をIDI3号ファンド傘下の特別目的会社に譲渡する新設分割方式で行う。
三池火力発電所は普通株式10,000株を発行し、シグマパワー有明に全てを割当交付する。

三池発電所における石炭火力発電事業は、九州の重要なベース電源の一つとして高い収益性を維持しているが、電力市場の環境変化に合わせた継続的な設備投資や事業体制の拡充が必要とされることが見込まれる。

本件により、東芝は、収益力及び財務基盤の強化を図る。

●今後のスケジュール
本新設分割の効力発生日 平成29年3月31日
本株式譲渡の実行日 平成29年3月31日

この記事に関連するタグ

「事業譲渡・新設分割」に関連するM&Aニュース

大和証券グループ(8601)とクレディセゾン(8253)、資本業務提携へ

大和証券グループ(8601)とクレディセゾン(8253)は、資本業務提携に関する合意書を締結した。大和証券グループは、クレディセゾン株式5.01%を市場買付け又は立会外取引により取得する。クレディセゾンは大和証券グループ株式を2,000,000,000円を上限に市場買付けにより取得する。大和証券グループは、外部ネットワークや周辺ビジネスの拡大・強化によるハイブリッド型総合証券グループを目指している

大和証券グループ本社(8601)、米国のM&AアドバイザリーSagentとSignal Hillを買収

大和証券グループ本社(8601)は、SagentHoldings,Inc.(Sagent、米国ニューヨーク州)、及びSignalHillHoldingsLLC(SignalHill、米国メリーランド州)を買収することで、両社と合意し、契約を締結した。SagentおよびSignalHillは、M&Aおよび資金調達アドバイザリー業務を行っている。大和証券グループは、米国子会社を通じて、およそ10年間に

大和証券グループ本社(8601)、日の出証券の保有全株式を内藤証券へ譲渡

大和証券グループ本社(8601)は、日の出証券株式会社(大阪市)に関する保有全株式を譲渡することについて、内藤証券株式会社(大阪市)との間で株式譲渡契約を締結した。議決権所有割合は95.75%から0.00%となる。日の出証券は、関西・九州を主な営業基盤に地域密着型の証券営業を営んでいる。大和証券グループ本社は、平成18年9月に日の出証券を連結子会社化し、人的交流や事業連携等を深めてきた。本件により

大和証券グループ(8601)、ファンド運営IDIインフラストラクチャーズを子会社化

株式会社大和証券グループ本社は、エネルギー・インフラストラクチャー分野を投資対象としたファンド運営を行う株式会社IDIインフラストラクチャーズ(東京都品川区、IDI-I)を子会社化した。大和証券グループがIDI-Iの増資を引受け、議決権の50.01%を取得した。さらに大和証券グループは、IDI-Iが新たに組成する日本国内のエネルギー分野を主な投資対象とするファンドへ出資する。IDI-Iは、エネルギ

「事業譲渡・新設分割」に関連するコラム

買収と合併の違いとは!?意外と知られていない買収について解説

M&A全般
買収と合併の違いとは!?意外と知られていない買収について解説

事業構造、産業構造が大きく変化する今、「買収」を検討している企業が年々増加しています。本記事では買収の概要についてご紹介してまいります。買収とはM&A用語としての「買収」に限定すると、ある企業が他の企業を支配する目的で議決権の概ね過半数以上を買い取ったり、事業部門を買い取ったりすることを指します。新規に自社で事業を立ち上げる、あるいは強化していく場合と比べると、既にその事業分野で実績のある企業を買

2021年上半期の「後継者難倒産」が181件で最多、事業承継が急務

調査データ
2021年上半期の「後継者難倒産」が181件で最多、事業承継が急務

経営者の死亡や体調不良等に起因する「後継者難倒産」が社会問題になりつつあります。東京商工リサーチが公表したレポートによると、2021年上半期(4-9月)の後継者難倒産件数は181件に上り、2年連続で前年同期を上回りました。今年上半期の倒産件数2,937件に占める割合は6.1%となり、比率は年々高まっています。コロナ禍における活況な政府の補助金と金融機関の融資により、倒産件数は低水準で推移しています

M&A仲介に表明保証保険を自動付帯する日本初の取り組み 東京海上日動火災保険と業務提携

広報室だより
M&A仲介に表明保証保険を自動付帯する日本初の取り組み 東京海上日動火災保険と業務提携

「審査・保険料負担なし」の日本初の自動付帯型M&A仲介保険が誕生しました。日本M&Aセンターは損保最大手の東京海上日動火災保険(以下、東京海上日動)と2021年10月29日に業務提携を結び、中堅・中小企業の経営者が安心してM&Aをご検討いただける保険サービスの提供を始めます。日本M&Aセンターが仲介する全てのM&A案件に適用され、当社負担で東京海上日動に保険料を支払うため、譲渡・譲受企業は審査不要

理想の買い手候補を即時提案 会社売却先シミュレーション「M-Compass」に込めた想い

広報室だより
理想の買い手候補を即時提案 会社売却先シミュレーション「M-Compass」に込めた想い

日本M&Aセンターは、M&Aを検討する経営者が自社の買い手候補企業をその場で簡単に調べられる新サービス、会社売却先シミュレーション「M-Compass(エムコンパス)」を2021年9月にリリースしました。開発責任者である、日本M&Aセンター上席執行役員(CDO)九鬼隆剛に新サービス開発の背景と狙いを聞きました。他社に真似できない高精度のマッチングーサービス開発の背景について教えてください九鬼:今回

観光業のコロナ禍における経営意識調査

調査データ
観光業のコロナ禍における経営意識調査

日本M&Aセンターは、2021年4月に観光業の経営層98名を対象に、新型コロナウイルス感染症拡大に伴う観光業界(ホテル・旅館)の経営実態とM&Aに関する意識調査を実施しました。意識調査の結果、8割を超える観光業経営者がコロナ禍の影響を受け、売り上げが減少したと回答しました。また、そのうち5割近くが売り上げ改善のために「何もすることができない」と回答。今回のコロナ禍による人の移動の制限や自粛、渡航制

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2017年2月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728

月別M&Aニュース

注目ニュースワード