M&Aニュース

ミネベア(6479)と岩崎電気(6924)、資本業務提携を締結

ミネベア(6479)は、岩崎電気(6924)との間で資本業務提携を実施することを決定し、岩崎電気との間で資本業務提携契約を締結した。

業務用・産業用機械製造業界のM&A

本件において、ミネベアは、岩崎電気が保有する自己株式3,000,000株(所有割合3.83%)を第三者割当増資により取得する。
取得価額は423,000,000円。

ミネベアは、照明器具関連製品の拡販を掲げ、その一環として2014年から岩崎電気との協業で無線機能付きLED照明器具の開発を進めている。

本件により、ミネベアおよび岩崎電気は、スマートシティなど IoTに対応した次世代道路照明器具の開発を進めるとともに、ミネベアの東南アジアを中心とする営業ネットワークと、岩崎電気の日本全国の販売体制を相互に活用し、同製品のより広範囲な提供実現を目指す。

●今後のスケジュール
本自己株式処分の払込期日 平成28年10月17日

この記事に関連するタグ

「第三者割当増資・資本業務提携」に関連するM&Aニュース

ミネベアミツミ(6479)、アナログ半導体製品メーカーのエイブリックの全株式取得、子会社化

ミネベアミツミ株式会社(6479)は、エイブリック株式会社(千葉県千葉市)の全株式を取得し、子会社化することについて決定し、株式会社日本政策投資銀行(東京都千代田区)及びセイコーインスツル株式会社(千葉県千葉市)と本株式取得に係る株式譲渡契約の締結を決定した。ミネベアミツミは、ベアリングなどの機械加工品事業、電子デバイス、小型モーターなどの電子機器事業、自動車部品・産業機械・住宅機器事業を展開。保

ミネベアミツミ(6479)、ユーシン(6985)を公開買付け(TOB)経営統合へ

ミネベアミツミ(6479)は、ユーシン(6985)との経営統合のため、ユーシン普通株式を公開買付け(TOB)により取得することを決定した。ミネベアミツミは、本公開買付け及びその後の一連の手続きによりユーシンを完全子会社化することを企図しており、ユーシンは上場廃止となる予定。買付価格は1株985円。ミネベアミツミは、買付予定数の下限を22,079,500株としており、上限は設けていない。応募株券等の

ミネベアミツミ(6479)グループ、フランスの航空機用精密機械加工品メーカーを子会社化

ミネベアミツミ(6479)の欧州子会社であるNMBMinebeaS.a.r.l.(NMBフランス)は、MachAeroBretignyRectificationSAS(フランス、MAB)の全株式を取得した。また、NMBフランスとNMB-MinebeaUKLtd.が共同でMachAeroComponentsPrivateLtd.(インド、MACPL)の全株式を取得した。ミネベアミツミは、進行中の中期

ミネベアミツミ(6479)、DBJと共同で米国の精密機械金属加工メーカーC&A Tool Engineering, Inc.の全株式取得

ミネベアミツミ(6479)は、株式会社日本政策投資銀行(DBJ)と共同でC&AToolEngineering,Inc.(米国インディアナ州、C&A)の全株式を取得することで、出資者と合意した。出資比率は、ミネベアミツミ51%、日本政策投資銀行49%となる。ミネベアミツミは、機械加工製品の拡大を重要戦略の一つに位置づけ、日本、英国及び米国における加工技術の強化、並びに日本及びタイでの生産能力の拡大に

ミネベア(6479)およびミツミ電機(6767)、経営統合へ

ミネベア株式会社(6479)とミツミ電機株式会社(6767)は、対等の精神に基づく経営統合の実現に向けて協議・検討を進めていくことに関する基本合意書を締結した。本経営統合を行うにあたり、ミツミ株主に対してミネベア株式を割り当て交付する株式交換を行い、ミネベアの商号は、ミネベアミツミ株式会社に変更する予定。また会社分割等の手法を用いてグループ内の事業の再編も行う構想。ミネベアは、日本初のミニチュアベ

「第三者割当増資・資本業務提携」に関連するコラム

敵対的買収とは?メリット・デメリットや防衛策、企業事例を解説!

経営・ビジネス
敵対的買収とは?メリット・デメリットや防衛策、企業事例を解説!

後継者不在問題を抱える中小企業では、その解決手段として近年M&Aが積極的に活用されています。M&AはMergerAndAcquisitionの略語で、和訳すると「合併および買収」です。合併が大きく2種類(吸収合併と新設合併)に分けられるのと同様に、買収も同じように2つに大別されます。一つは「友好的買収」、そしてもう一つが「敵対的買収」です。日本における企業買収の大半は友好的買収によって行われますが

第三者割当増資とは?目的やメリット・注意点などを徹底解説!

経営・ビジネス
第三者割当増資とは?目的やメリット・注意点などを徹底解説!

企業がビジネスを継続するために、資金調達は経営上の重要な課題です。企業の主な資金調達の手法には、第三者割当増資や融資などが挙げられます。本記事では、第三者割当増資の概要、第三者割当増資のメリットや注意点などについて、詳しくご説明します。第三者割当増資とは第三者割当増資とは、会社の資金調達方法のひとつで、既存株主ではない特定の第三者に新株の購入権利を付与する増資のことです。企業の主要な資金の調達手法

買収とは!?合併と間違いやすく、意外と知られていない買収について解説

M&A全般
買収とは!?合併と間違いやすく、意外と知られていない買収について解説

事業構造、産業構造が大きく変化する今、「買収」を検討している企業が年々増加しています。本記事では買収の概要についてご紹介してまいります。買収とはM&Aにおいて「買収」とは、ある企業が他の企業を支配する目的で議決権の概ね過半数以上を買い取ったり、事業部門を買い取ったりすることを指します。新規に自社で事業を立ち上げる、あるいは強化していく場合と比べると、既にその事業分野で実績のある企業を買い取る行為は

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2016年9月
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930

月別M&Aニュース

注目ニュースワード