M&Aニュース

きちり(3082)とデジタル・アドバタイジング・コンソーシアム(4281)、SaaS型POSシステム開発のユビレジの第三者割当を引受け

株式会社きちり(3082)とデジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社(4281)(DAC)は、株式会社ユビレジ(東京都渋谷区)が第三者割当増資により発行する株式を引き受けることを決定した。

飲食店業界のM&A

ユビレジは、iPad を活用したSaaS 型POS システム「ユビレジ」の開発・提供を行う事業を展開している。

きちりは、約80店舗の外食店舗における自社ブランド展開の他、外食企業向けプラットフォームの構築並びに他社へのプラットフォーム提供を行っている。
きちりは本件により、きちりの基幹業務システムとユビレジが有する店舗POS システムの連動・進化によりプラットフォームシェアリング事におけるITソリューションの強化を図る。

DACは、デジタル広告に関わるあらゆるサービスを提供していて、アドテクノロジー分野やデータ関連のソリューション開発に力を入れている。DAC は本件出資を機にユビレジが保有するPOS データとの連携によりO2O ソリューション開発に取り組む。

M&Aニュース

コラム

M&A用語集

まずは無料で
ご相談ください。

「自分でもできる?」「従業員にどう言えば?」 そんな不安があるのは当たり前です。お気軽にご相談ください。