M&Aニュース

トーホー(8142)、 群馬の業務用食品卸売の関東食品を持分法適用関連会社化

株式会社トーホー(8142)は、関東食品株式会社(群馬県高崎市)の株式を取得し、持分法適用関連会社とすることを決定した。
議決権所有割合は42.1%となる。

食品卸業界のM&A

関東食品は、群馬県・埼玉県において学校や病院などの給食事業者を中心に業務用食品卸売事業を営んでいる。

トーホーは現在、主要事業である業務用食品卸売事業の関東地区のシェア拡大を推進している。

トーホーは本株式取得により関東食品との協力関係を構築し、双方の営業力強化によって更なるシェア拡大を図る。

●今後のスケジュール
株式譲渡契約締結日  平成28年1月26日
株式引渡し実行日    平成28年3月1日

この記事に関連するタグ

「株式譲渡」に関連するM&Aニュース

トーホー(8142)、シンガポールの業務用水産品卸売会社Golden Ocean Seafood(S) Pte Ltdの全株式取得、子会社化

トーホー(8142)は、GoldenOceanSeafood(S)PteLtd(シンガポール、GOS社)の全株式を取得し、子会社化することを決定した。トーホーグループは、現在シンガポールにおいて、5社体制で現地の外食産業向けに日本食材の業務用食品卸売及び業務用青果卸売を展開している。トーホーは、中期経営計画において「海外事業力強化」を戦略の軸の一つに掲げている。GOS社は、シンガポールにおいてホテ

トーホー(8142)、シンガポールの業務用青果卸売会社及び青果加工会社の全株式取得

トーホー(8142)は、FreshDirectPteLtd(FD社)及びKitchenomicsPteLtd(KITO社)の全株式を取得し、子会社化することを決定した。なお、FD社の子会社化により、同社子会社のOnlaPteLtd(ONLA社)、BreadNBetterPteLtd(BNB社)の2社が孫会社となる。トーホーグループは、進行中の中期経営計画において、「コア事業のシェア拡大」「商品力・

トーホー(8142)、伊藤忠食糧より外食事業者向け乳製品、製菓・製パン材料卸売の昭和物産の全株式取得

トーホー(8142)は、伊藤忠商事(8001)100%子会社の伊藤忠食糧株式会社(東京都港区)より昭和物産株式会社(東京都荒川区)の全株式を取得し、子会社化することを決定した。トーホーグループは、あらゆる業態の外食事業者向けに業務用食品卸売事業を展開している。昭和物産は、首都圏で外食事業者向けに乳製品や製菓・製パン材料を中心とした業務用食品卸売事業を展開している。本件M&Aにより、トーホーグループ

トーホー(8142)、業務用調理機器・製菓機器メーカーのエフ・エム・アイを子会社化

トーホー(8142)は、株式会社エフ・エム・アイ(東京都港区)の株式を取得し、子会社化することを決定した。議決権所有割合は72.7%となる。トーホーグループは、外食産業向けに全国で業務用食品卸売・同現金卸売業を行うほか、業務支援システム、品質・衛生管理、店舗内装デザイン設計・施工等のサポート機能の提供も行っている。エフ・エム・アイは、業務用の調理機器やコーヒーマシン、製菓機器等を輸入・製造・販売し

トーホー(8142)、東南アジアの業務用食品卸会社シマヤを子会社化

トーホー(8142)は、ShimayaTradingPte.Ltd.(シンガポール、シマヤ)及びShimayaTradingSdn.Bhd.(マレーシア、シマヤマレーシア)の全株式を取得し、子会社化することを決定した。トーホーグループは、進行中の中期経営計画において、「コア事業強化の為の事業基盤の拡大」「M&A戦略の更なる加速」等を重点施策とし、国内外における業務用食品卸売事業のシェア拡大を推進し

トーホー(8142)、シンガポールの業務用食品卸売Tomo-Ya Japanese Food Tradingの全株式取得

トーホー(8142)は、Tomo-YaJapaneseFoodTradingPte.Ltd.(シンガポール、トモヤ)の全株式を取得し、子会社化することを決定した。トーホーは、平成27年12月にシンガポールで日本食の食材等の業務用食品卸売事業を営むMarukawaTrading(S)Pte.Ltd.(マルカワトレーディング)を子会社化し、初の海外進出を行っている。トモヤは、シンガポールにおいて日本食

トーホー(8142)、ソフトウェア開発・保守のシステムズコンサルタントを子会社化

トーホー(8142)は、株式会社システムズコンサルタント(東京都中央区)の全株式を新たに取得し、子会社化することを決定した。システムズコンサルタントは、3事業所(東京・大阪・静岡)1センター(群馬)体制で、製造・流通・金融業界などに対しソフトウェアの開発・保守を営んでいる。本件により、トーホーは、システム開発の内製化を図るとともに、システムズコンサルタントとの人材交流によるトーホーグループ情報シス

トーホー(8142)、シンガポール業務用食品卸売会社を子会社化

株式会社トーホー(8142)は、シンガポールのMarukawaTrading(S)Pte.Ltd.(マルカワトレーディング)の全株式を取得し、子会社化することを決定した。トーホーは、主要事業である業務用食品卸売事業を国内で展開しており、同事業の更なるシェア拡大を図っている。マルカワトレーディングは、シンガポールにおいてホテル・日本食レストラン等を主な取引先として日本食の食材等の業務用食品卸売事業を

バロー(9956)、トーホー(8142)子会社のトーホーストアと資本・業務提携

株式会社バロー(9956)は、株式会社トーホー(8142)の100%連結子会社である株式会社トーホーストア(神戸市)の株式を取得し、資本・業務提携を行うことを決定した。バローの所有割合は20%となる。トーホーストアは、兵庫県南部地区に食品スーパーを42店舗展開している。バローは、岐阜県に本社を置き、スーパーマーケット事業、ホームセンター事業等を展開している。両社は、互いのノウハウ及び経営資源を相互

トーホー(8142)、連結子会社シャンボールの全株式を鈴木栄光堂(岐阜県大垣市)に譲渡

株式会社トーホー(8142)は、連結子会社であるシャンボール株式会社(大阪市)の全株式を株式会社鈴木栄光堂(岐阜県大垣市)に譲渡する株式譲渡契約を締結した。シャンボールは、クッキー等洋菓子の製造・販売を行っている。トーホーは、コア事業(業務用食品卸売事業、同現金卸売事業、食品スーパー事業、業務用コーヒー製造)に経営資源を集中させ、シャンボールについては各種菓子の製造・卸売業で長い伝統・ノウハウを有

「株式譲渡」に関連するコラム

【セミナーレポート】製造業の高収益化セミナー 求められる3つのキーワードとは

広報室だより
【セミナーレポート】製造業の高収益化セミナー 求められる3つのキーワードとは

日本M&Aセンター、日刊工業新聞社共催「事業承継&高収益化戦略セミナー」が2021年12月に東京と大阪の2会場においてハイブリット形式(対面とオンライン)で行われました。製造業の高収益化と事業承継をテーマに、製造業に精通した日本M&Aセンターのコンサルタントが講師となって、中堅・中小企業の経営者向けに経営戦略のヒントを、事例を交えながら紹介しました。東京会場では、日本M&Aセンターダイレクトマーケ

買収とは?その目的やメリット、スキームを解説!

M&A全般
買収とは?その目的やメリット、スキームを解説!

事業構造、産業構造が大きく変化する今、「買収」を検討している企業が年々増加しています。本記事では買収の概要についてご紹介してまいります。買収とはM&Aにおいて「買収」とは、ある企業が他の企業を支配する目的で議決権の概ね過半数以上を買い取ったり、事業部門を買い取ったりすることを指します。新規に自社で事業を立ち上げる、あるいは強化していく場合と比べると、既にその事業分野で実績のある企業を買い取る行為は

プロの活用でM&Aを成功させる!~M&A仲介会社の選び方~

M&A全般
プロの活用でM&Aを成功させる!~M&A仲介会社の選び方~

近年、事業承継の解決や成長戦略の実現のためのM&A活用が増加してきたのはご存じのとおりです。当社は2006年にM&A仲介会社として初めて上場しましたが、上場しているM&A仲介会社は現在では当社含めて3社となっています(2017年3月現在)。各社とも業績を伸ばしており、M&Aの活発さがうかがえます。なぜ専門の仲介会社が必要なのかM&Aは、戦略面に加え、税務、会計、法務、労務、その他のあらゆる視点・角

株式譲渡(M&A)所得vs給与所得

M&A実務
株式譲渡(M&A)所得vs給与所得

株式譲渡であれば所得税の税率は固定!中小企業の社長の皆さまとM&Aのお話をしていると「私はオーナーとして会社から毎年3千万円の役員給与を得ている。もしも会社が2億円で売れたとしても、7年足らずで同じくらいの給与が得られるので会社を売ることにあまりメリットを感じない」とおっしゃる方がかなりいらっしゃいます。掛け算で考えればその通りのようにも思えますが、実際はそれぞれの税金インパクトを考慮する必要があ

「株式譲渡」に関連する学ぶコンテンツ

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2016年1月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31

月別M&Aニュース

注目ニュースワード