M&Aニュース

ヒビノ(2469)、日東紡音響エンジニアリングを完全子会社化

ヒビノ株式会社(2469)は、日東紡音響エンジニアリング株式会社(東京都墨田区)の全株式を日東紡績株式会社(福島市)より取得し子会社化することを決定した。取得価額は概算807百万円。

電子部品・電気機械器具製造業界のM&A

ヒビノは、音響機器販売事業等を行っている。
日東紡音響エンジニアリングは、60有余年に及ぶ防音・防振に関する音響技術をコアとして、建築音響工事の設計・請負事業を主力に、音に関連するコンサルティング及びシステム構築事業を手掛けている。
ヒビノは、音響機器販売だけでなく、建築設計段階からの関与していくことで、音響に関する内装設計から施工、システム販売までをグループ内において一気通貫で行える体制を確立し、受注機会と商品販売の拡大を目指す。

●今後のスケジュール
引渡期日 平成27年4月30日

この記事に関連するタグ

「株式譲渡」に関連するM&Aニュース

ヒビノ(2469)、日本板硝子(5202)100%子会社・日本板硝子環境アメニテイの全株式取得、完全子会社化

ヒビノ(2469)は、日本板硝子(5202)100%子会社である日本板硝子環境アメニテイ株式会社(東京都港区)の全株式を取得し完全子会社とすることを決定し、日本板硝子との間で株式譲渡契約を締結した。取得価額は1,950百万円。ヒビノは、業務用音響機器等の輸入販売を手掛けており、音空間の設計・施工から音響システム販売、保守に至るまで、ワンストップで提供している。進行中の中期経営計画において、「業界ト

ヒビノ(2469)、業務用映像機器等輸入販売を手がけるテクノハウスの全株式取得

ヒビノ(2469)は、株式会社テクノハウス(東京都中央区)の全株式を取得し完全子会社とすることを決定し、テクノハウス株主との間で株式譲渡契約を締結した。ヒビノは、音響機器販売・施工、映像製品の開発・製造・販売、コンサート・イベントの音響・映像サービスを主な事業としている。音響機器販売・施工事業では、国際基準で高い評価を得る業務用音響機器等を輸入販売しており、音空間の設計・施工からシステムの保守に至

ヒビノ(2469)、韓国の音響機器販売会社・Sama Soundグループ3社の株式取得、連結子会社化へ

ヒビノ(2469)は、SamaSoundInc.、SamaD&ICo.,Ltd.(韓国・ソウル)及びSamaCDSInc.(以下、総称して「SamaSoundグループ3社」)の株式の一部を取得し連結子会社とすることについて、3社の株主との間で基本合意書の締結を決定した。ヒビノグループは、音響機器販売・施工、映像製品の開発・製造・販売、コンサート・イベントの音響・映像サービスを主な事業としている。進

ヒビノ(2469)、映像・音響機器販売のエレクトリを完全子会社化

ヒビノ株式会社(2469)は、株式会社エレクトリ(東京都豊島区)の全株式を取得し、連結子会社化することを決定した。取得価額は180百万円。ヒビノは、放送局やホール、ライブハウス等で使用される、プロ仕様の音響機器販売、映像製品の開発・製造・販売、コンサート・イベントの音響・映像サービスの提供を行っている。エレクトリ社は、学校や官公庁、ホテル、エンターテインメント施設等向けの音響・映像および制御機器や

「株式譲渡」に関連するコラム

買収と合併の違いとは!?意外と知られていない買収について解説

M&A全般
買収と合併の違いとは!?意外と知られていない買収について解説

事業構造、産業構造が大きく変化する今、「買収」を検討している企業が年々増加しています。本記事では買収の概要についてご紹介してまいります。買収とはM&A用語としての「買収」に限定すると、ある企業が他の企業を支配する目的で議決権の概ね過半数以上を買い取ったり、事業部門を買い取ったりすることを指します。新規に自社で事業を立ち上げる、あるいは強化していく場合と比べると、既にその事業分野で実績のある企業を買

プロの活用でM&Aを成功させる!~M&A仲介会社の選び方~

M&A全般
プロの活用でM&Aを成功させる!~M&A仲介会社の選び方~

近年、事業承継の解決や成長戦略の実現のためのM&A活用が増加してきたのはご存じのとおりです。当社は2006年にM&A仲介会社として初めて上場しましたが、上場しているM&A仲介会社は現在では当社含めて3社となっています(2017年3月現在)。各社とも業績を伸ばしており、M&Aの活発さがうかがえます。なぜ専門の仲介会社が必要なのかM&Aは、戦略面に加え、税務、会計、法務、労務、その他のあらゆる視点・角

株式譲渡(M&A)所得vs給与所得

M&A実務
株式譲渡(M&A)所得vs給与所得

株式譲渡であれば所得税の税率は固定!中小企業の社長の皆さまとM&Aのお話をしていると「私はオーナーとして会社から毎年3千万円の役員給与を得ている。もしも会社が2億円で売れたとしても、7年足らずで同じくらいの給与が得られるので会社を売ることにあまりメリットを感じない」とおっしゃる方がかなりいらっしゃいます。掛け算で考えればその通りのようにも思えますが、実際はそれぞれの税金インパクトを考慮する必要があ

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2015年3月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031

月別M&Aニュース

注目ニュースワード