コラム

「経営・ビジネス」カテゴリの記事一覧(2ページ目)

DDSとは?財務状況の立て直しや事業承継に役立つDDSを詳しく解説

経営・ビジネス

苦境に立たされた会社の財務状況を立て直す切り札の1つがDDSです。このDDSは、単に会社再建のためだけでなく、中小企業の事業承継でも利用できます。本記事では、DDSに関する基本事項を整理したうえで、事業承継での活用方法や税務上のポイントなどを中心に解説していきます。DDSとはDDSとは「DebtDebtSwap」の略語です。つまり、Debt(債務)とDebt(債務)をSwap(交換)するという意味

 DDSとは?財務状況の立て直しや事業承継に役立つDDSを詳しく解説

キャピタルゲイン・インカムゲインとは?賢い運用方法をわかりやすく解説

経営・ビジネス

投資家が資産運用によって得られる利益には、キャピタルゲインとインカムゲインの2種類があります。この2つは、それぞれに特徴やメリット・リスクなどが異なるため、それらを十分に理解したうえで投資を行わなければ期待するパフォーマンスが得られないだけでなく、投資リスクをコントロールできません。本記事では、キャピタルゲインとインカムゲインに関する基本的な内容、税金の計算方法、そしてM&Aにおけるキャピタルゲイ

キャピタルゲイン・インカムゲインとは?賢い運用方法をわかりやすく解説

SWOT分析とは?実施するメリットや手順、適したフレームワークを紹介

経営・ビジネス

市場での厳しい競争に生き残るためには、自社に最適な戦略を探し、それを実行に移すことが大切です。そして、自社に最適な戦略を立てるには、市場におけるポジションや強みと弱みを正確に把握し、どの方向へ進むのがよいかを考えなければなりません。こうした経営戦略の立案に欠かせないのがSWOT分析です。SWOT分析は経営戦略の立案だけでなく、たとえばM&Aにおいて、自社の弱みを把握したうえで本質的な買収ニーズをあ

SWOT分析とは?実施するメリットや手順、適したフレームワークを紹介

PER(株価収益率)とは?数値の見方や計算方法を解説

経営・ビジネス

M&Aをはじめ、株式投資やベンチャー企業などへの出資を行う現場では、対象となる企業の企業価値を評価する過程で指標が用いられています。これらの指標の中でも、とりわけ多くの現場で用いられている指標の1つが今回解説するPERです。PERは、M&Aの買い手企業が売り手企業のスクリーニングを行う場合や、機関投資家が投資対象の絞り込みを行う場合などに頻繁に用いられています。本記事では、このPERについて、基本

PER(株価収益率)とは?数値の見方や計算方法を解説

アーリーリタイアにはいくら必要? 失敗しないために押さえておきたいポイント

経営・ビジネス

近年、早期退職者を募集する企業が増え、個人のブログでも成功体験が語られるなど「アーリーリタイア」という言葉を耳にする機会が多くなりました。本記事では、新しいライフスタイルの選択肢として注目されるアーリーリタイアについて、セミリタイアや、FIRE(ファイア)との違いにふれながら解説します。アーリーリタイアとは「アーリーリタイア」とは、定年を待たずに早期退職・引退(リタイア)することを指します。この言

アーリーリタイアにはいくら必要? 失敗しないために押さえておきたいポイント

インサイダー取引とは?規制対象と罰則、注意しておきたいポイント

経営・ビジネス

インサイダー取引は法律で禁止されています。特に資本提携や合併などを検討している企業経営者、担当者は正しく認識し注意を払わなければなりません。本記事では、インサイダー取引に該当する事項・罰則、未然に防ぐための対策などについて解説します。インサイダー取引とはまずはインサイダーとはどういう意味なのかを把握しておきましょう。インサイダーは、組織の内部にいる人、事情に精通している人などを意味します。インサイ

インサイダー取引とは?規制対象と罰則、注意しておきたいポイント

ESG経営とは?企業価値を高める重要性と戦略を簡単に解説

経営・ビジネス

SDGsの実現に向けた動きが世界的に注目を集めている現在、企業の経営活動についても、サステナビリティを重視する傾向が高まっています。そこで本記事では、サステナビリティを重視するESG経営の概要や、そのメリット・デメリットを紹介すると共に、ESG経営を通して企業価値を高めるためのポイントを解説します。ESGとはESGとは、「Environment(環境)」、「Social(社会)」、「Governa

ESG経営とは?企業価値を高める重要性と戦略を簡単に解説

プライベート・エクイティ・ファンド(PEファンド)とは?仕組みや種類、代表的なファンドを紹介

経営・ビジネス

事業承継をM&Aで行う場合は、自社株を譲受企業に譲渡しなければなりません。その結果、譲受企業は親会社となり、自社は譲受企業の子会社として新たに事業を継続していくことになります。しかし自社株の売却先は譲受企業だけではありません。譲受企業以外にも、ファンドに売却することによって事業承継を成立させることもできます。この事業承継で活用できるファンドが、PEファンド(プライベート・エクイティ・ファンド)です

プライベート・エクイティ・ファンド(PEファンド)とは?仕組みや種類、代表的なファンドを紹介

イグジットとは?その方法やメリット・注意点について徹底解説 !

経営・ビジネス

ビジネスやファンドの世界では、これまでに投下した資本を回収することをイグジット(Exit:出口)といいます。スタートアップやベンチャーなどの企業では、「いつ」「どれくらいの資金を」「どのように回収するのか」を策定するイグジット戦略は、ビジネスをスタートするために必要な資金を集めるうえで最も重要な事項の1つです。企業の創業者にはおもに2種類のイグジットがあり、そのどちらを選択するのかによって、そのた

イグジットとは?その方法やメリット・注意点について徹底解説 !

持株会社とは?種類やメリット・デメリット、設立方法について解説

経営・ビジネス

持株会社とは?種類やメリット・デメリット、設立方法について解説複数の会社が企業グループを形成しようとする場合、お互いに株式を持ち合う資本提携や、親会社が子会社の株式を100%取得して完全子会社化していくなどさまざまな形があります。その中でも、上場・非上場を問わず、近年多くの企業が導入しているのが持株会社制度です。本記事では持株会社の特徴や種類、メリット・デメリットなどについて解説していきます。持株

持株会社とは?種類やメリット・デメリット、設立方法について解説

コングロマリットとは?その特徴とメリット、いま注目されている理由を解説!

経営・ビジネス

事業規模がある程度以上大きくなった企業は、傘下にいくつもの子会社を持つグループ企業へと成長していきます。このグループ企業の組織編成にはいくつかの様式があり、それぞれに長所と短所があるため、各グループの経営方針や収益構造、ターゲットとしているマーケットになどを考慮しながら企業体の編成方法が選択されます。この企業体の編成方法の一つとして、いま注目を浴びているのが「コングロマリット」です。本記事では、コ

コングロマリットとは?その特徴とメリット、いま注目されている理由を解説!

シナジーとは?企業経営におけるシナジー効果、企業事例を解説

経営・ビジネス

企業が発展していくプロセスが、もしも積み上げ式のいわゆる「足し算方式」しかなければ、歴史の浅いスタートアップ企業は社歴の長い企業や大資本を持った企業には永久に追いつけません。GoogleやAmazonなどが創業わずか20年程度で世界を代表する大企業となれたのは、この「足し算方式」の経営でなく、「掛け算方式」の経営を効率よく高回転で行ったからです。企業経営において、この「掛け算方式」を生み出す核とな

シナジーとは?企業経営におけるシナジー効果、企業事例を解説

敵対的買収とは?メリット・デメリットや防衛策、企業事例を解説!

経営・ビジネス

後継者不在問題を抱える中小企業では、その解決手段として近年M&Aが積極的に活用されています。M&AはMergerAndAcquisitionの略語で、和訳すると「合併および買収」です。合併が大きく2種類(吸収合併と新設合併)に分けられるのと同様に、買収も同じように2つに大別されます。一つは「友好的買収」、そしてもう一つが「敵対的買収」です。日本における企業買収の大半は友好的買収によって行われますが

敵対的買収とは?メリット・デメリットや防衛策、企業事例を解説!

資金繰りとは?経営に必要な基礎知識、5つの改善方法を紹介

経営・ビジネス

自社の経営状況を確認する際に用いられるものとして、決算書や試算表などがあります。決算書や試算表は貸借対照表と損益計算書から構成されており、どちらもそれぞれのアプローチから当期利益を算出しています。利益の増減は、経営判断を行ううえで極めて重要な要素です。しかし、利益とは別にもう一つ大切な要素である資金繰りを忘れてはいけません。当期利益がマイナスになってしまったとしても、必ずしも会社が倒産するわけでは

資金繰りとは?経営に必要な基礎知識、5つの改善方法を紹介

人手不足はなぜ起こる?原因と背景からその解消方法を探る

経営・ビジネス

日本企業をめぐる人材不足は深刻です。その状況はとくに中堅・中小企業で顕著に表れています。本記事では、人材不足にお悩みの中堅・中小企業を対象に、人材不足に陥っている原因とその具体的な解決策について解説していきます。人手不足の現状日本の人口は、2008年の1億2,808万人をピークに減少し続けており、この傾向は今後半世紀近く続くものと考えられています。また、日本経済を支える生産年齢人口は1995年がピ

人手不足はなぜ起こる?原因と背景からその解消方法を探る
「ニッポンには、跡継ぎが足りない。」テレビCM放送中

コラム内検索

人気コラム

注目のタグ

最新のM&Aニュース