コラム

割引現在価値はいつ使う?計算方法、メリット・デメリットをわかりやすく解説

経営・ビジネス
更新日:

⽬次

[表示]

割引現在価値
割引現在価値は、M&Aや不動産投資、株式投資などにおいて、考慮すべき要素の一つです。
割引現在価値を用いることで、将来の収益を今の価値に換算して、M&Aをはじめ、投資やビジネスプロジェクトにおける価値を評価することができます。

本記事では、割引現在価値の概要や、計算方法など詳しくご紹介します。

割引現在価値とは

割引現在価値 は「将来得られる収益を現在受け取れるとしたら、どれくらいの価値になるか」という指標を指します。

利回りなど考慮すると、お金の価値は時間の経過に伴い変化します。そのため、将来獲得が見込まれるお金の価値(将来価値)から変動分を割り引いて、現在ではどの程度かを算出したものが「現在価値」になります。

もう少し詳しく見ていくために「現在価値」と「将来価値」をそれぞれ見ていきます。

現在価値とは


現在価値は、上記の通り、将来受け取ることが予測されるお金を現在の価値に変換した数値です。割引現在価値とほぼ同義で用いられます。以下の数式で計算が行われます。


現在価値 = n年後の価値 ÷(1+割引率)^n年(期間)

例えば、100万円を年利1%の定期預金に預けた場合は1年後に金利分の1万円が増えて101万円になりますが、割引率を1%に設定すると、現在価値は以下のようになります。

101万円 ÷(1+0.01)^1 =100万円

このように時間の流れによるお金の価値の変化を踏まえた上で、将来的なお金の価値を、現在のお金の価値に換算したものを「現在価値」と言います。

将来価値とは

将来価値とは、現在持っているお金や資産が将来のある時点における価値を指します。

100万円を年利1%の定期預金に預ける同様の例で言うと、今持っている100万円の将来価値は101万円だと言えます。

このように将来価値は、現在持っている資産の価値が将来においてどの程度になるかを計算することで、将来の資金計画や投資戦略に役立つ重要な指標になります。

割引現在価値の割引率とは


割引率は将来価値から金利などを割り引き、現在価値を算出する際に、割り引く金額を1年あたりの割合で表した数値です。ディスカウントレートと言われる場合もあります。

割引率は、自社が保持している資産のリスクや確実性が低いものに応じて設定されています。

例えば、金利が3%で5年後に1,000万円を受け取る場合、割引率を0.03とします。実際に計算すると、以下のようになります。

現在価値:1,000÷(1+0.03)^5≒862.61万円

このように割引率を使えば、将来の価値を現在の価値に換算できます。

なお、割引率を設定する際には、金利以外にも投資先のリスクなども考慮に入れなければなりません。
そのため割引率が高くなるほど、未来の収益の現在価値は小さくなります。つまり、リスクが高い場合には高い割引率が適用される傾向があります。
反対にリスクが低く、割引率の値が小さいほど、現在価値の数値は上がります。

割引率の種類

割引率は「金利」以外にも様々な種類があります。例えばM&Aなどで企業価値を評価する際には株主資本コストや加重平均コスト(WACC)などの指標を割引率に用いる場合もあります。複数の割引率を比較検討し、どの割引率を適用すべきか選定する必要があります。

割引現在価値の活用例

割引現在価値の活用が想定される場面としては主に3つ挙げられます。

M&Aにおける株価算定

M&Aにおいて、譲渡企業の企業価値の正確な算出は不可欠です。その際に割引現在価値が活用されます。

割引現在価値は、企業が生み出す将来のキャッシュフローを現在価値に換算して評価する方法であるため、譲渡企業の企業価値を算出するために欠かせません。割引現在価格を用いることで、将来の収益を適切に評価し、譲渡企業の価値を正確に算出できるようになります。

M&Aにおける株価算定(企業価値評価)の手法について、詳しくは以下の記事をご覧ください。

不動産投資の計算

不動産投資は、将来にわたって収益を得るための投資方法のひとつであるため、適切な投資判断を行うには不動産が生み出す将来的なキャッシュフローを現在価値に換算する作業が必要です。

当該作業で割引現在価値を用いれば、将来のキャッシュフローが現在価値でどれだけの価値に相当するかが評価できます。この評価によって、投資先の物件の価値を正確に判断でき、適切な投資判断が行えます。

会計基準への採用

会計基準では、減損会計や金融商品会計、退職給付会計などの分野で割引現在価値が活用されています。これらの会計基準では、将来発生する債務や受益、キャッシュフローなどを現在価値に割り引いて評価し、結果を財務諸表に反映します。将来における金額を現在価値に換算し、会計基準に沿った正確な評価を行うために用いられています。

割引現在価値のメリット


割引現在価値を用いることで享受できる主なメリットは、次の2点です。

将来の利益をふまえて企業価値に反映できる

割引現在価値を活用すれば、将来の価値を現在の価値に換算できます。例えばM&Aで割引現在価値を使えば、将来得られるキャッシュフローを現在価値に換算できます。そのため、将来のキャッシュフローの価値を考慮した正確な企業価値評価が行えるようになります。

個別の事業・案件ごとに価値を計算できる

また、割引現在価値を用いれば、企業内の個別の事業や案件ごとのリスクを割引率に反映させられます。そのため、企業全体の価値を算出する際には、個別の事業や案件ごとにそれぞれの価値を計算できるようになります。こうした評価方法を用いることで、企業の戦略的な意思決定や資本配分についてより適切な判断が下せるでしょう。

割引現在価値のデメリット

割引現在価値を用いる際には、特に以下の2点に注意する必要があります。

不確実性の問題が生じる

割引現在価値を計算するには、将来の売上高や利益などを予測しなければなりません。しかしこれらの予測には、どうしてもある程度の不確実性がともない、企業価値評価への影響を排除できません。そのため、割引現在価値を用いて評価を行う場合は、将来の売上高や利益などに対する予測の不確実性を十分に考慮することが必要です。

また、割引現在価値の精度を高めるには、将来のリスクや変動を考慮しなければなりません。しかし、将来の市場動向に関する予測や企業が投じた先行投資に対するリターンなどもこれらの要素も不確実性が高いため、割引現在価値を用いた評価で正確性を担保することは難しいです。

以上のように、割引現在価値には将来の売上高やキャッシュフローなどに対する不確実性や、リスクに対する評価の難しさがあります。

恣意的な判断が介在する可能性がある

割引現在価値を用いた評価には、不確実性に対するリスクプレミアムを考慮しなければなりません。しかし、リスクプレミアムの設定には評価者の主観的要素がある程度含まれます。

また、割引現在価値を用いる際には、先行投資や将来の市場動向など、予測が難しい要素が含まれる場合があるため、それらに関するリスクをどの程度企業価値に反映させるのかは評価者によって変わります。

以上のようなケースから、過度に恣意的な判断が介在してしまうと、評価の信頼性が低下してしまう可能性があります。

終わりに

以上、割引現在価値についてご紹介しました。割引現在価値を用いることで、将来にわたって発生するキャッシュフローの価値を現在価値に換算でき、投資や資金調達における収益性やリターン率を適切に評価できるようになります。

また、将来のキャッシュフローには不確定要素があるため、そのリスクを考慮して現在価値を割り引けば、正しいリスク評価を含めた投資判断につながります。

企業価値評価は高度な専門性や経験が要求されるため、自社の企業価値やM&Aについて詳しく知りたい場合には、M&A仲介会社・アドバイザーにご相談いただくことをお勧めいたします。

著者

M&A マガジン編集部

M&A マガジン編集部

日本M&Aセンター

M&Aマガジンは「M&A・事業承継に関する情報を、正しく・わかりやすく発信するメディア」です。中堅・中小企業経営者の課題に寄り添い、価値あるコンテンツをお届けしていきます。

この記事に関連するタグ

「株式価値・企業評価」に関連するコラム

PBR(株価純資産倍率)とは?PERとの違い、計算方法や目安をわかりやすく解説

経営・ビジネス
PBR(株価純資産倍率)とは?PERとの違い、計算方法や目安をわかりやすく解説

2023年3月、東京証券取引所がプライム、スタンダード市場に上場する企業約3,300社に対し、資本コストや株価を意識した経営の実現を要請する通知文を出しました。その中で、特にPBRが長期にわたり1倍を下回る企業に対し改善策が強く要請されており、企業の中には取り組みを始める動きも見え始めています。本記事では、PBRの概要、計算方法、注意すべきポイントについてご紹介します。日本M&Aセンターでは、M&

PER(株価収益率)とは?計算方法やPBRとの違いをわかりやすく解説

経営・ビジネス
PER(株価収益率)とは?計算方法やPBRとの違いをわかりやすく解説

企業の将来的な成長性を評価する際や、同業他社との比較、適正な株価を判断する時の重要な指標の1つがPER(株価収益率)です。本記事では、PERの概要や計算式、PERを見る際に注意すべき点などをわかりやすくご紹介します。日本M&Aセンターでは、M&Aをはじめ様々な経営課題の解決に向けて専任チームを組成し、ご支援を行っています。詳しくはコンサルタントまでお問合せください。無料相談はこちらPER(株価収益

非上場株式とは?譲渡するメリット、手続き、税金などをわかりやすく解説

M&A全般
非上場株式とは?譲渡するメリット、手続き、税金などをわかりやすく解説

非上場株式の譲渡は、中小企業の後継者不足などを背景とし、近年増加傾向にあります。本記事では、非上場株式の概要、メリットや注意点、手続きの流れについてご紹介します。日本M&Aセンターは上場企業、中堅・中小企業のM&A・企業戦略を経験・実績豊富なチームがご支援します。詳しくはコンサルタントまでお尋ねください。M&A・企業戦略に関するご相談はこちらから非上場株式とは?非上場株式とは、証券取引所に上場して

買収プレミアムとは?支払われる理由、メリットや注意点などわかりやすく解説

企業評価
買収プレミアムとは?支払われる理由、メリットや注意点などわかりやすく解説

買収プレミアムとは、企業が買収を行う際に、対象企業の時価総額に加えて支払う対価です。なぜ、追加価格を支払う必要があるのでしょうか。本記事では、買収プレミアムを支払う背景やメリット・リスクなど企業事例を含めて詳しく解説します。買収プレミアムとは買収プレミアムとは、買収企業が対象企業の株式価格に追加で支払う対価です。つまり実際に支払う買収額と時価総額の差額に該当します。買収企業にとって対象企業を獲得す

【イベントレポート】イキイキと働き生産性向上を目指す企業評価総合研究所

広報室だより
【イベントレポート】イキイキと働き生産性向上を目指す企業評価総合研究所

社員の仕事への意欲やエンゲージメントを高め、企業に関わる全ての人の幸福を目指すなど、ウェルビーイングの考え方を取り入れる企業が増えてきています。日本M&Aセンターグループの企業評価総合研究所は「世界一の働きやすさで世界一の品質を目指す」ことを経営理念に掲げています。2023年4月14日には、全社員を対象にウェルビーイングについて学ぶ研修を開催し、心身ともに健康に働ける環境づくりのポイントについて理

M&Aの「着手金」の役割とは?着手金をいただき続けていることへのこだわり

M&A全般
M&Aの「着手金」の役割とは?着手金をいただき続けていることへのこだわり

M&Aの仲介会社を選ぶシーンで、その仲介会社の料金体系が「着手金あり」か「着手金なし」かというのは、M&Aを検討する企業にとって、とても気になるところだと思います。日本M&Aセンターは「着手金あり」の料金体系です。今回は我々の「着手金の使い道」についてお話しさせていただきます。日本M&Aセンターの着手金とは日本M&Aセンターの着手金は「企業評価料」と「案件化料」から成ります。企業評価とは、譲渡企業

「株式価値・企業評価」に関連する学ぶコンテンツ

M&Aで失敗したくないなら、まずは日本M&Aセンターへ無料相談

コラム内検索

人気コラム

注目のタグ

最新のM&Aニュース