コラム

日本M&Aセンターとバトンズが今治市と連携協定

広報室だより

⽬次

[表示]

日本M&Aセンターとバトンズは愛媛県今治市と事業承継に関する連携協定を締結しました。今治地域における中堅・中小企業の事業承継の支援で地域経済の活性化と地方創生に取り組みます。日本M&Aセンターが自治体と連携するのは高知県、茨城県に次いで3例目になります。
連携協定.jpg

事業承継に関する連携協定

今回の提携はそれぞれが保有する情報資源等を有効活用して協力し、中小企業の事業承継の促進を通じて地域経済の活性化と地方創生を推進する目的で協定が結ばれました。協定には事業承継の啓発活動、企業間と経済団体間の交流、セミナーの開催、相談窓口の設置など5項目が盛り込まれています。

両社の親会社である日本M&Aセンターホールディングスは今治市を拠点とするサッカーチーム「FC今治」を地方創生パートナーとして応援しており、2021年には企業版ふるさと納税で今治市「FC今治サッカー専用スタジアム建設プロジェクト」に寄付も行いました。

2022年3月27日に今治市役所で開かれた連携協定締結式には今治市の徳永繁樹市長、日本M&Aセンター取締役の渡部恒郎、バトンズ取締役の神瀬悠一が出席し、協定書にサインを交わしました。徳永市長は「今治市と両社の強みをしっかりと認識して連携することで、処方箋を持ち合わせていない事業承継問題にお力添えをいただきたい」とあいさつしました。

調印式.jpg

事業承継のノウハウを活用

日本M&Aセンター取締役の渡部恒郎は「日本M&Aセンターは1991年から事業承継問題の解決に取り組んできました。後継者不在による廃業を救い、企業の成長支援の分野でもお手伝いさせていただきたい」と連携の意義を語りました。バトンズ取締役の神瀬悠一は「地域の顔である小規模事業者と次世代の経営者の卵をつなぎ、地域の存続と発展に貢献していきたい」と話しました。

M&A・事業承継のご相談は日本M&Aセンターへ

プロフィール

M&A マガジン編集部

M&A マガジン編集部

日本M&Aセンター

M&Aマガジンは「M&A・事業承継に関する情報を、正しく・わかりやすく発信するメディア」です。中堅・中小企業経営者の課題に寄り添い、価値あるコンテンツをお届けしていきます。

この記事に関連するタグ

「M&A・中小企業」に関連するコラム

アジア最大級の食品・飲料総合展示会「FOODEX JAPAN2022」に日本M&Aセンターが初出展

広報室だより
アジア最大級の食品・飲料総合展示会「FOODEX JAPAN2022」に日本M&Aセンターが初出展

日本とアジア、世界をつなぐ国際食品・飲料総合展示会「FOODEXJAPAN2022(第47回国際食品・飲料展)」が2022年3月8日に千葉市の幕張メッセで開幕しました。アジア最大級の食品・飲料総合展示会に今回、日本M&Aセンター食品業界支援室が初出展しました。展示会では“食”に関わる最新情報や新サービスがお披露目され、4日間のイベントには国内外の1,500社以上の約1,600ブースが一堂に会しまし

解説コラム「事業承継・引継ぎ補助金」

広報室だより
解説コラム「事業承継・引継ぎ補助金」

令和3年度当初予算「事業承継・引継ぎ補助金」の公募が9月30日から開始となりました。本補助金は、事業承継やM&Aを契機とした経営革新等への挑戦や、M&Aによる経営資源の引継ぎを行おうとする中小企業者等を支援するものです。事業承継とは本補助金の制度運用を担う中小企業庁財務課の高橋正樹課長補佐に解説していただきました。※本記事は6月30日に公開した内容に最新情報を加筆しております。事業承継の動向我が国

中小M&A支援機関の登録制度スタート

広報室だより
中小M&A支援機関の登録制度スタート

中小企業庁による中小M&A支援機関の登録制度が早ければ2021年9月にも運用が始まります。登録制度は中小企業におけるM&Aの更なる促進のため策定された「中小M&Aガイドライン」を遵守する支援機関を登録して公表することで、第三者への事業承継を検討する経営者にとってM&A支援機関を選ぶための新たな基準となります。登録機関によるサービス提供の費用は現在、運用中の事業承継・引継ぎ補助金(専門家活用型)の対

若手経営者の7割がM&Aに好意的 【若手経営者のM&A意識調査】

調査データ
若手経営者の7割がM&Aに好意的 【若手経営者のM&A意識調査】

日本M&Aセンターは若手経営者120名を対象に「若手経営者の経営実態とM&Aに関する意識調査」を実施しました。調査の結果、約7割の若手経営者が、M&Aに対してポジティブな印象を持っており、約半数の50%以上経営者が実際にM&Aを検討したことがあるという結果となりました。M&Aを検討した理由としては、25.0%が「自社にないサービス等を補完するため」、20.0%が「大手の傘下に入るため」、16.7%

業種特化セミナーがスタート

広報室だより
業種特化セミナーがスタート

日本M&Aセンター業種特化事業部によるオンラインセミナー「全17コマ9月横断業種特化セミナー」が2021年9月10日から始まりました。高い専門性を駆使してM&Aを成功に導くコンサルタントがIT、物流、調剤、建設、食品、製造の業種別に最新M&A事例や成長戦略を解説します。IT業界M&Aからスタート「売上20億円以上の受託開発ソフトウェア業におけるM&A戦略」をテーマに、同事業部IT業界支援室の室井優

日本M&Aセンター初の"売らなかった経営者”が語るオンラインセミナー

広報室だより
日本M&Aセンター初の"売らなかった経営者”が語るオンラインセミナー

創業以来、セミナーを企業文化としてきた日本М&Aセンターで史上初めてとなる、M&Aを検討しながら譲渡しなかった経営者が体験談を語るウェビナー「成長戦略セミナー私が会社を売らなかった理由」が2021年8月25日に開催されました。逆説的でありますが、М&A仲介のリーディングカンパニーだからこそできる話題のセミナーとなりました。結果的に当社をM&A仲介ではなく“経営コンサル”としてご活用した経験談となり

「ニッポンには、跡継ぎが足りない。」テレビCM放送中

コラム内検索

人気コラム

注目のタグ

最新のM&Aニュース