コラム

中小企業M&Aは可能性を拡げるチャンス!――M&A LIVE!セミナー開催

M&A全般

⽬次

[表示]

7月1日から始まった「M&A LIVE!」。さまざまなゲストをお迎えしながら中小企業を取り巻く現状とM&Aの有効性について考えるセミナーです。8日に第2回が開催され、1部では「中堅・中小企業のM&A戦略~正しい知識と早めの準備~」と題して、当社の営業部にて部長を務める竹賀勇人が現状をわかりやすく解説しました。本コラムではその内容の一部をご紹介します。

日本M&Aセンター

少ない人口で世界のニーズに対応しなければならないという日本の未来予測

2015年を100%としたときに、2040年までに国内企業の27%(106.9万社)が減少するという中小企業庁のデータがあります。原因は高齢化もありますが、大きいのが人口減少です。人口が減少すれば、当然、生産労働人口も減少します。

そして、維持できなくなって企業数も減っていく。国内の深刻な未来とは裏腹に、グローバル社会になって世界的なニーズは変わらず、少ない人口で供給していかなければいけないという課題を日本は抱えているのです。

廃業理由に共通するのは「自社のリソースのみで考えている」ということ

足元の現状はどうでしょうか。2020年、休廃業・解散件数が4万9,698件にのぼっています。さらに、そのうちの61.5%は黒字です(東京商工リサーチ)。黒字にもかかわらず休廃業をしなければならないのです。一体、何が起きているのでしょうか。

ここでまた、中小企業庁のデータを一つご紹介します。廃業した理由を調査したアンケート結果です。

1位 経営者の高齢化、健康(体力・気力)の問題 2位 事業の先行きに対する不安 3位 主要な販売先との取引終了 4位 経営者の家族の問題 5位 事業経営の更なる悪化の回避

共通しているのは、「自社のリソースのみで考えている」ということです。

M&Aは本来、経営戦略の選択肢に入れなければいけないもの

一方、M&Aの件数は公表されているだけでも2011年以降、大きく増加しています。2019年には4,000件を超えました。未公表案件も含めれば倍近い成約件数があると推定されます。昨年はコロナ禍による資金面の不安から少し件数を下げましたが、現在は再び増えています。それは決してコロナ禍で経営が悪化したという理由ばかりではありません。コロナ禍を機に経営に対する考え方が変わり、M&Aに関する情報収集をしようと考える経営者さんが増えているのです。

M&Aは本来、経営戦略の選択肢に入れなければいけないもの」と竹賀は主張します。実際に会社を譲渡した経営者に聞いたアンケート結果からも、経営戦略としてM&Aがいかに有効に働いているかがわかります。

M&Aを選んだ理由 1位 若くてやる気のある経営者と出会えたから 2位 事業の継続を期待できる 3位 会社の成長を期待できる 4位 一族会社からの脱却 5位 社員の育成環境が整っている (当社・譲渡オーナー対象アンケート「会社を譲渡した理由」より)

M&Aを選んだ理由に共通するのは、自社だけでは解決できない課題をお相手が解決してくれる、という点です。こうして見てみると、休廃業とM&Aの意思決定理由は対照的です。

今、一番気を付けるべきことはM&Aに関する「正しい知識」

長引くコロナ下の今、「M&Aをしないほうがリスクなのではないか」と竹賀は問いかけます。冒頭にも示した通り、近年は企業数の縮小によって需要に応えきれず、“供給の穴”が開いてきています。こうした時代の変化に対応するために、事業のカバー範囲を広げる必要があり、そこでM&Aという選択肢が有効的に働くのです。 今、一番気を付けるべきことはM&Aに関する「正しい知識」です。M&Aは安くて簡単、すぐ決まると言われますが、情報収集を含めた正しい知識がなければ難しいです。 セミナーではほかにも、?M&Aをすることによる見える効果と見えない効果、?時代の変化とともに変化する顧客のニーズ、?あるべき事業拡大の3つの実現方法とM&Aの有効性、?M&Aを決断した場合の適切な相手の見つけ方、?お相手選びの業種の傾向、?日本M&Aセンターの強み、といったテーマで実際のM&A事例も交えながらわかりやすく解説しています。 7月15日にM&A LIVE!セミナーの最終回が開催されます。 1部は竹賀が中小企業を取り巻く現状を解説し、2部では静岡新聞様にご協力頂き、「静岡県のM&A」を特集いたします。 セミナーでは、名古屋大学の犬塚教授をゲストに迎え、昨年10月に、静岡・名古屋・岐阜にて実施しました経営者意識調査から見えた、コロナ禍での経営の現状と、今後の企業経営のあり方についてお伝えいただきます。参加費は無料です。ぜひご参加ください。

参加申し込みはこちらから

著者

M&A マガジン編集部

M&A マガジン編集部

日本M&Aセンター

M&Aマガジンは「M&A・事業承継に関する情報を、正しく・わかりやすく発信するメディア」です。中堅・中小企業経営者の課題に寄り添い、価値あるコンテンツをお届けしていきます。

この記事に関連するタグ

「M&A・中小企業・成長戦略」に関連するコラム

アジア最大級の食品・飲料総合展示会「FOODEX JAPAN2022」に日本M&Aセンターが初出展

広報室だより
アジア最大級の食品・飲料総合展示会「FOODEX JAPAN2022」に日本M&Aセンターが初出展

日本とアジア、世界をつなぐ国際食品・飲料総合展示会「FOODEXJAPAN2022(第47回国際食品・飲料展)」が2022年3月8日に千葉市の幕張メッセで開幕しました。アジア最大級の食品・飲料総合展示会に今回、日本M&Aセンター食品業界支援室が初出展しました。展示会では“食”に関わる最新情報や新サービスがお披露目され、4日間のイベントには国内外の1,500社以上の約1,600ブースが一堂に会しまし

解説コラム「事業承継・引継ぎ補助金」

広報室だより
解説コラム「事業承継・引継ぎ補助金」

令和3年度当初予算「事業承継・引継ぎ補助金」の公募が9月30日から開始となりました。本補助金は、事業承継やM&Aを契機とした経営革新等への挑戦や、M&Aによる経営資源の引継ぎを行おうとする中小企業者等を支援するものです。事業承継とは本補助金の制度運用を担う中小企業庁財務課の高橋正樹課長補佐に解説していただきました。※本記事は6月30日に公開した内容に最新情報を加筆しております。事業承継の動向我が国

若手経営者の7割がM&Aに好意的 【若手経営者のM&A意識調査】

調査データ
若手経営者の7割がM&Aに好意的 【若手経営者のM&A意識調査】

日本M&Aセンターは若手経営者120名を対象に「若手経営者の経営実態とM&Aに関する意識調査」を実施しました。調査の結果、約7割の若手経営者が、M&Aに対してポジティブな印象を持っており、約半数の50%以上経営者が実際にM&Aを検討したことがあるという結果となりました。M&Aを検討した理由としては、25.0%が「自社にないサービス等を補完するため」、20.0%が「大手の傘下に入るため」、16.7%

業種特化セミナーがスタート

広報室だより
業種特化セミナーがスタート

日本M&Aセンター業種特化事業部によるオンラインセミナー「全17コマ9月横断業種特化セミナー」が2021年9月10日から始まりました。高い専門性を駆使してM&Aを成功に導くコンサルタントがIT、物流、調剤、建設、食品、製造の業種別に最新M&A事例や成長戦略を解説します。IT業界M&Aからスタート「売上20億円以上の受託開発ソフトウェア業におけるM&A戦略」をテーマに、同事業部IT業界支援室の室井優

日本企業のM&Aが過去最多 2021年上半期

広報室だより
日本企業のM&Aが過去最多 2021年上半期

M&Aの件数が過去最多のペースで進捗しています。レコフM&Aデータベースによると、2021年上半期(2021年1~6月)に公表された日本企業が関連するM&A件数が2,128件となり、新型コロナウイルスが感染拡大する前年の2019年上半期(2,087件)を上回り、上半期ベースでは過去最多を記録しました。M&A専門誌「MARR(マール)」の吉富優子編集長=レコフデータ代表取締役社長=は「政府が旗振り役

中小企業庁が中小M&A推進計画を初策定

M&A全般
中小企業庁が中小M&A推進計画を初策定

経営者の高齢化と新型コロナウイルス感染症の感染拡大による経済的な影響を受ける中小企業の貴重な経営資源を守ろうと、中小企業庁は4月28日に「中小M&A推進計画」を初めて策定しました。組織強化のために改組した行政機関の「事業承継・引継ぎ支援センター」と、民間のM&A支援機関(専門仲介業者等)の官民が連携して、中小企業における事業承継の支援強化を打ち出しました。今後、5年の期間に官民が取り組む計画をまと

コラム内検索

人気コラム

注目のタグ

最新のM&Aニュース