コラム

【アンケート調査】コロナ禍、「生き残り」のためのM&A

調査データ

⽬次

[表示]

新型コロナウィルスは、これまで誰も経験したことのない恐怖やいつ収束するのか、第二波、第三波はいつ起こるのかという不安を生んでいます。 4月~6月の間は、未曾有の危機に右往左往していた経営者も、7月に入り今後の経営戦略や次の危機をどう乗り切るか、考えている方も多いかと思います。 Withコロナ時代に、企業は自社の経営をどのように考え、どのような戦略で次の危機を乗り切るか。 会社・事業の売却もしくは買収について検討したことがある経営者111名を対象に、日本M&Aセンターのグループ子会社でM&A総合支援プラットフォームを運営するバトンズがインターネットによるアンケート調査を実施しました。

あらゆる業種で会社・事業の売却もしくは買収について検討

「Q1. あなたの会社が属する業界を教えてください。」(n=111)と質問したところ、**「サービス業」が33.3%、「製造業」が19.8%**という回答となりました。

・サービス業:33.3% ・製造業:19.8% ・情報・通信業(IT):12.6% ・金融業:6.3% ・小売業:6.3% ・その他:21.7%

新型コロナの影響で経営に変化がある経営者は88.3%

「Q2. 新型コロナウイルスの影響により、会社経営に変化がありましたか。」(n=111)と質問したところ、**「かなり変化があった」が48.7%、「少し変化があった」が39.6%**という回答となりました。

・かなり変化があった:48.7% ・少し変化があった:39.6% ・あまり変化はない:6.3% ・全く変化はない:5.4%

新型コロナ前、57.6%の経営者が買収を実施・検討

「Q3. あなたの会社では、新型コロナウイルス前の2019年10月~2020年2月に会社または事業の買収を検討もしくは実施しましたか。」(n=111)と質問したところ、**「実施した」が22.5%、「検討したが実施しなかった」が35.1%**という回答となりました。

・実施した:22.5% ・検討したが実施しなかった:35.1% ・検討していない:39.7% ・答えられない:2.7%

新型コロナ前、51.3%の経営者が売却を実施・検討

「Q4. あなたの会社では、新型コロナウイルス前の2019年10月~2020年2月に会社または事業の売却を検討もしくは実施しましたか」(n=111)と質問したところ、**「実施した」が24.3%、「検討したが実施しなかった」が27.0%**という回答となりました。

・実施した:24.3% ・検討したが実施しなかった:27.0% ・検討していない:45.1% ・答えられない:3.6%

コロナ後、64.8%の経営者が企業や事業買収を実施・検討

「Q5. あなたは新型コロナウイルスの影響後の2020年2月から現在までの間で、会社・事業の買収を実施、または検討したいと思いましたか。」(n=111)と質問したところ、**「実施した」が17.1%、「検討中」が22.5%、「検討したが実施しなかった」が15.3%、「これから検討したい」が9.9%**という回答となりました。

・実施した:17.1% ・検討中:22.5% ・検討したが実施しなかった:15.3% ・これから検討したい:9.9% ・検討する予定はない:32.5% ・答えられない:2.7%

市場の変化を意識し、買収を検討が理由の7割

Q5で「実施した」「検討中」「検討したが実施しなかった」「これから検討したい」と回答した方に、「Q6. 実施・検討の理由を教えてください。」(n=72)と質問したところ、**「市場の変化への対応のため」が70.8.%、「自社のウィークポイントの補強のため」が62.5%、「事業拡大のため」が54.2%**という回答となりました。

・市場の変化への対応のため:70.8% ・自社のウィークポイントの補強のため:62.5% ・事業拡大のため:54.2% ・普段より有利な条件で市場に出ているため:27.8% ・普段ではアクセスできない会社・事業が市場に出ているため:26.4% ・その他:11.1%

コロナ禍での「生き残り」施策としてM&Aが検討される

「Q5で「実施した」「検討中」「検討したが実施しなかった」「これから検討したい」と回答した方、「Q7. Q6以外に理由があれば教えてください。」(n=53)と質問したところ、**「生き残りの為」「統合によるシェア拡大を期待」**という回答が挙がりました。

<自由回答・一部抜粋> ・76歳:資金計画を立ててから。 ・63歳:生き残りの為。 ・70歳:統合によるシェア拡大を期して。 ・57歳:もうしばらく様子を見る感じ。 ・56歳:現事業所が手狭。 ・60歳:検討したが、金額面で実施できなかった。 ・74歳:管理部門の増強。 ・53歳:事業の多角化。

60.3%の経営者がコロナウイルスの影響で売却を検討

「Q8. あなたは新型コロナウイルスの影響後の2020年2月から現在までの間で、会社・事業の売却を実施、または検討したいと思いましたか。」(n=111)と質問したところ、**「実施した」が14.4%、「検討中」が22.5%、「検討したが実施しなかった」 が13.5%、「これから検討したい」が9.9%**という回答となりました。

・実施した:14.4% ・検討中:22.5% ・検討したが実施しなかった:13.5% ・これから検討したい:9.9% ・検討する予定はない:37.0% ・答えられない:2.7%

コロナ禍で影響を受けてしまい、撤退の意味での売却も多数

Q8で「実施した」「検討中」「検討したが実施しなかった」「これから検討したい」と回答した方にお聞きします。「Q9.実施・検討の理由を教えてください。」(n=67)と質問したところ、**「経営不振のため」が53.7.%、「将来への不安のため」が46.3%、「事業再編のため」が46.3%**という回答となりました。

・経営不振のため:53.7% ・将来への不安のため:46.3% ・事業再編のため:46.3% ・後継者不在(事業承継):31.3% ・その他:14.9%

経営者のM&Aサービスの重視ポイント「安さ」「手厚さ」「早さ」

「Q10. 会社・事業の売買を行う際に利用するサービスについて、重要視する点を3つまで教えてください。」(n=111)と質問したところ、**「手数料が安い」が45.0%、「専門家によるサポートが受けられる」が43.2%**となりました。

・手数料が安い:45.0% ・専門家によるサポートが受けられる:43.2% ・成約までのスピードが早い:33.3% ・成約実績:26.1% ・業種に特化しているか:26.1% ・資本力:21.6% ・取り扱い案件の規模:17.1% ・企業規模:9.9% ・ネットで成約まで完結:8.1% ・その他:7.2%

まとめ

今回、新型コロナウイルスを背景としたM&A需要の調査を実施しましたところ、約9割の経営者がコロナを受け会社経営に変化があったと回答しました。 また、コロナ発生後の現在、会社や事業の買収もしくは売却を実施・検討した経営者は約6割にのぼることが明らかとなりました。 売却理由では「撤退」のため売るという選択肢も見受けられましたが、買収理由としては「市場の変化への対応」や「自社のウィークポイントの補強のため」が多く選択されました。 コロナ禍における緊急事態宣言をきっかけに、都心から離れた地方にある営業拠点の増設や取引先の確保をしていく動きが増えていたり、ひとつの業種にこだわらず事業の多角化戦略を図っていくといったトレンドが反映されています。 今後ますます市場の変化が激しくなっていく中、企業の生き残り戦略としてのM&Aには成約までのスピードが早いことが求められていきます。加えて、コロナ禍を受けて突発的に財務状況が厳しくなったことを理由とする売却が増えており、正しい企業価値を見極められ、トラブルなくM&Aの交渉や実務を行える専門家のニーズは今後さらに高まっていくでしょう。

<調査概要> 調査概要:新型コロナウイルスを背景としたM&A需要の調査 調査方法:インターネット調査 調査期間:2020年6月24日~同年6月25日 有効回答:会社・事業の売却もしくは買収について検討したことがある経営者111名

この記事に関連するタグ

「M&A・With コロナ・アンケート調査・バトンズ」に関連するコラム

5年以内の事業承継を考えている中小事業者が30% ~コロナ禍で広がる事業継承という選択肢~

調査データ
5年以内の事業承継を考えている中小事業者が30% ~コロナ禍で広がる事業継承という選択肢~

全国の中小事業者へ事業承継に関する調査を実施(エキテン×Batonz共同調査)経産省の発表によると、後継者不在の70歳以上の経営者が245万人、10年間でその半分の127万社廃業してしまい、さらにその半分の60万社が黒字であるという数字が出ています。企業の黒字廃業を回避し、存続、発展させる一つのツールとしてのM&A(事業承継)がテレビや新聞等のマスコミで大きく取り上げられるようになりました。さらに

withコロナで注目を集めるM&Aプラットフォームとその将来展望

調査データ
withコロナで注目を集めるM&Aプラットフォームとその将来展望

大型M&Aが激減する一方、中小M&Aは過去最高に世界的な新型コロナウイルス感染症の影響を受けて、クロスボーダーを中心とする大型M&Aが大幅に減少する一方、中小規模のM&Aは急激に増加している実態が各種調査会社の調査結果で明らかとなりました。調査会社によると日本の2020年上半期(1~6月期)のM&A総額は2兆9111億円にとどまり、これは半期ベースで実に16年半ぶりの低水準となりました。また、金融

観光業のコロナ禍における経営意識調査

調査データ
観光業のコロナ禍における経営意識調査

日本M&Aセンターは、2021年4月に観光業の経営層98名を対象に、新型コロナウイルス感染症拡大に伴う観光業界(ホテル・旅館)の経営実態とM&Aに関する意識調査を実施しました。意識調査の結果、8割を超える観光業経営者がコロナ禍の影響を受け、売り上げが減少したと回答しました。また、そのうち5割近くが売り上げ改善のために「何もすることができない」と回答。今回のコロナ禍による人の移動の制限や自粛、渡航制

コロナ禍で進む公的機関とM&Aプラットフォームの連携~ 一方で本格普及には課題も ~

M&A全般
コロナ禍で進む公的機関とM&Aプラットフォームの連携~ 一方で本格普及には課題も ~

深刻化する事業承継問題の解決に向け行政、地方自治体を始めとする公的支援機関とM&Aプラットフォームとの連携が本格化している。この背景にあるのは、コロナ禍の中、より迅速かつ多数のM&Aのマッチングに対する強い社会的要請がある。2019年12月20日、中小企業庁は黒字廃業を回避するための『第三者承継支援総合パッケージ』を発表し、今後10年間で後継者難により廃業の可能性がある127万事業者のうちその半数

ネットM&Aに対する意識調査アンケートを実施~取引相手や、財務情報に不安の声が”79.0%”~

調査データ
ネットM&Aに対する意識調査アンケートを実施~取引相手や、財務情報に不安の声が”79.0%”~

近年、急速にネットM&Aが広がっています。しかし、ネットM&Aは「手軽」で「スピーディ」な一方、肌で感じられない取引相手や、財務情報に対して不安の声が高まっています。今回のアンケートにより、ネットM&Aには「中小M&A向けデューデリジェンス」と「買収後のリスクヘッジ」が求められていることが分かりました。インターネット型完結M&Aサービスを利用された人はどのようなメリット、デメリットを感じているので

モーニングサテライト出演で、大きな反響をいただきました!

広報室だより
モーニングサテライト出演で、大きな反響をいただきました!

ちょうど1週間前の2020年10月7日(水)5:45~7:05放映のテレビ東京「Newsモーニングサテライト」に当社代表取締役三宅卓が出演。広報チームも同行いたしました!番組では「コロナ後の日本のM&Aはどうなる」をテーマにした「点検コロナ後の世界」のコーナーで三宅が生出演し、コロナ禍におけるM&Aの状況や中堅・中小企業のM&A仲介のリーディングカンパニーとしての取り組みなどを紹介。特に、地域金融

コラム内検索

人気コラム

注目のタグ

最新のM&Aニュース