コラム

【新刊のお知らせ】M&A思考が日本を強くする ~Japan AS No.1をもう一度~

渡部 恒郎

日本M&Aセンター 取締役

M&A全般

⽬次

[表示]

日本M&Aセンター 上席執行役員 業界再編部長の渡部です。 今月、自身で3冊目となる業界再編の本を東洋経済新報社から上梓いたします。

書影「M&A思考が日本を強くする」

【3/20発売】M&A思考が日本を強くする ~Japan AS No.1をもう一度~

Japan AS No.1をもう一度

皆さんは、「ジャパンアズナンバーワン」(1979年)というエズラ・F・ヴォーゲルのベストセラーを読んだことがありますか? 私の好きな本の一つです。 戦後、日本の人口が増加し高度経済成長期を迎えていく中で、最適配分や国家戦略を考える優秀な官僚の役割、初等教育のレベルの高さ、交番に代表される安全を守る仕組み、商社や銀行などが資金の流れや商流づくりにおいてうまく機能したことが、成功要因として列挙されています。 それから40年たった、今はどうか。 世界の企業の時価総額トップ100ランキングから日本企業はどんどんいなくなり、国民の所得は減少。少子化を迎え、国のフェーズが成熟期から衰退期に移ってしまった。 今のままの日本に、危機感を覚える方も多いと思います。 しかし私は、「M&Aの力で日本はもう一度世界のトップにたつことができる。」と本気で思っています。 M&Aは、最高の協調戦略であり、1社では成しえなかった技術を、経営を、そして伝統を残し、次世代につないでいくことができます。後継者がいなくて廃業せざるを得ない企業をも救うことができます。 素晴らしい技術を、伝統を、製品を広めるためには、経営の力が必要です。経営の力は、企業だけでなく病院や教育施設、スポーツチームにも必要なことです。 M&Aによって閉鎖的なファミリー経営から、開かれたパブリックカンパニーになり、息を吹き返す企業を何社も見てきました。 もっとも大事なことは、「経営」ができる人が経営者であることだと思います。

M&A思考とは?

M&Aは今や経営者としての必須科目と言えます。 M&Aを決断できる経営者は、「とにかく魅力的」です。新しいことが好きで、現状に満足せず、自社だけでなく業界を変えていこうという思考を持っています。 「M&A思考」とは、そういったワクワクする経営者の思考や視点であると、私は定義しています。 本書では、そういった思考とともに、後半で業種ごとの最新の業界動向を一流のM&Aプレイヤーが独自の視点で書きおろしています。業界を問わず、M&Aに関わる方に是非読んでもらいたいと考えております。

今回で第3弾となる、業界再編に関するパイオニアシリーズに

過去、私は2冊の本を上梓しており、いずれも業界再編に関する経営の本です。

第1弾 「業界再編時代のM&A戦略」 ~どんな業界も大手4社に集約される!「圧倒的高値の売却」と「会社の飛躍的成長」を実現させる方法~(2015年)

第2弾 「業界メガ再編で変わる10年後の日本」 ~業界・部署・技術の境界線がなくなる時代へ~(2017年)

これら2冊の書籍は、M&Aの現場コンサルタントの目線でそれぞれの時代を生き抜くための業界再編の実態とそこからひも解いた未来を考え、伝える本であったと思います。 2020年3月20日発売となる第3弾、「M&A思考が日本を強くする」~Japan AS No.1をもう一度~」 この本は、第1弾からちょうど5年という節目の年に、自分の人生も交えて振り返り、過去から未来を紐解く形で私が考える“M&A思考”について執筆しました。 元サッカー日本代表監督岡田武史氏には、J3リーグのプロサッカーチーム、FC今治のオーナー経営者としての挑戦について、寄稿していただきました。 是非、多くの経営者の方、M&Aに携わる方にご一読いただけると幸いです。 ■ご購入はこちらから

著者

渡部 恒郎

渡部わたなべ 恒郎つねお

日本M&Aセンター 取締役

学生時代に起業を経験の上、日本M&Aセンター入社。2008年から2015年までの8年間で最優秀社員賞を3度受賞。 中堅・中小企業M&AのNo.1プレイヤーとしてM&A業界を牽引してきた。 トータルメディカルサービスとメディカルシステムネットワークのTOBは日本の株式市場で最大のプレミアムを記録した(グループ内再編を除く)。 2020年同社最年少で取締役に就任。2020年11月末時点において、 国内の時価総額1兆円以上企業における最年少の常勤取締役となった。 著書に「業界再編時代」のM&A戦略―No.1コンサルタントが導く「勝者の選択」』(幻冬舎、2015年)、「業界メガ再編で変わる10年後の日本」~業界・部署・技術の境界線がなくなる時代へ~(東洋経済新報社、2017年)がある。

この記事に関連するタグ

「書籍・業界再編」に関連するコラム

業界メガ再編で変わる10年後の日本とは?

M&A全般
業界メガ再編で変わる10年後の日本とは?

今、日本のさまざまな業界で、これからの大再編時代を予感させるような現象が起きていることをご存じでしょうか?優良ベンチャーの経営者が伸び盛りの自社を大企業に売却したり、成熟した企業がITベンチャーと組んで業界再編を仕掛けたりするケースが増えています。これまでのように「IT×IT」のような同種の組み合わせから、「IT×成熟業界」といった異質な組み合わせの資本提携や業務提携に変わり、成熟業界が新しいテク

2024年問題とは?物流業界が直面する問題、具体的な対策を解説

M&A全般
2024年問題とは?物流業界が直面する問題、具体的な対策を解説

2024年問題は、物流業界全体や個々の企業に様々な影響を及ぼすとされています。迫りくる問題に対し経営者はどのような対策をとるべきでしょうか。本記事では、2024年が与える影響や対策について詳しく解説します。物流業界に迫る「2024年問題」とは?2024年問題とは、働き方改革法に伴う「時間外労働時間の上限規制」などが2024年4月から「自動車運転の業務」にも適用されることで懸念されている物流業界の諸

就活・キャリア向けの初のM&A業界本が完成

広報室だより
就活・キャリア向けの初のM&A業界本が完成

M&A業界への入社を考えている就活生・転職希望者向けの初めての業界本が完成しました。1991年創業から累計7,000件超のM&A支援実績を持つ日本M&Aセンターが2022年4月、フォレスト出版から電子書籍『M&A業界で働く!』を発売しました。事業承継や成長戦略などのため日本企業のM&A件数は2021年には過去最多を更新し、M&A業界への注目度も高まっています。新卒から日本M&Aセンターに入社して多

ENEOS(エネオス)の買収事例にみる石油業界の今後【M&AニュースサテライトVol.1】

M&A全般
ENEOS(エネオス)の買収事例にみる石油業界の今後【M&AニュースサテライトVol.1】

「世の中のM&A事例をわかりやすく解説してほしい」そんな声にお応えする解説動画が、YouTubeの公式チャンネルでスタートしました。解説を行うのは、日本M&Aセンターの中でも長年業界に携わってきた、M&Aマスターの二人です。本記事では動画の内容をご紹介します。動画はこちらから西川:皆様こんにちは!日本M&Aセンター企業戦略部の西川です。どうぞよろしくお願いいたします。臼井:日本M&AセンターTOK

2021年のM&A件数は過去最多、2022年トレンド予測

広報室だより
2021年のM&A件数は過去最多、2022年トレンド予測

2021年のM&A件数は2020年に比べて14.7%増加し、4,280件(レコフデータ調べ)と2019年の4,088件を上回り、過去最多を記録しました。大きな要因は、コロナ禍によるM&Aの後倒しと金融緩和が考えられます。右肩上がりだったM&A件数は2020年こそ2019年に比べてM&A件数は減少しましたが、延期されていた案件が21年に成約した例も少なくありませんでした。世界中でM&A件数が増加して

好評発売中!『自社の価値を最大化する成長戦略型M&A2.0』

M&A全般
好評発売中!『自社の価値を最大化する成長戦略型M&A2.0』

M&Aで会社を成長させるには買収しかない。そう思い込んでいませんか?M&Aで会社を成長させるには譲渡か買収か、と問われたら、あなたはどちらを答えますか。多くの方が「買収」と答えるのではないでしょうか。しかし、本書の答えは「譲渡」です。なぜ企業の成長が譲渡で可能になるのか、その理由を著者である日本M&Aセンター上席執行役員の栗原弘行が語りました。なぜ、会社の成長=譲渡なのかこれまで譲渡というと、後ろ

「書籍・業界再編」に関連する学ぶコンテンツ

コラム内検索

人気コラム

注目のタグ

最新のM&Aニュース