コラム

業界メガ再編で変わる10年後の日本とは?

M&A全般

⽬次

[表示]

今、日本のさまざまな業界で、これからの大再編時代を予感させるような現象が起きていることをご存じでしょうか? 優良ベンチャーの経営者が伸び盛りの自社を大企業に売却したり、成熟した企業がITベンチャーと組んで業界再編を仕掛けたりするケースが増えています。これまでのように「IT×IT」のような同種の組み合わせから、「IT×成熟業界」といった異質な組み合わせの資本提携や業務提携に変わり、成熟業界が新しいテクノロジーによって刷新されているのです。成熟業界とは、例えば、建設・農業・ホテル・タクシーなど10年以上同じもの(サービス)を提供している業界のことを指します。こうした業界では、業界内のM&Aで集約化が進んだり、IT企業と組んだりするほか、コンセプトを定義し直し、業態自体を進化させていく可能性があります。特にITを軸に業界が再編されていくという意味では、大きなインパクトがある業界だといえます。

【12/15発売予定!】M&Aに限らず、会社と個人の10年後を考える一助となれば幸いです

業界再編型M&Aの加速

「業界再編型のM&A」というと、同業種でくっつき、経営規模を大きくすることと誤解されている場合が多くあります。 確かに一見すると「業界再編時代」に起きているM&Aは、同業種でM&Aをしてシェアを獲得していくことですが、経営者が真に目指しているのは「規模の拡大」ではなく「ビジネスを進化させること」です。 単に規模拡大や同業者との争いに勝つことを目的としたM&Aではなく、過去の延長線上から抜け出し新しい業態を生み出したり、次のステージに進んだりすることを目的とした「業界再編型のM&A」が有効な時代はすでに到来しているし、今後もますます進んでいくでしょう。 私自身、2015年に前著「業界再編時代」のM&A戦略No.1コンサルタントが導く「勝者の選択」を執筆した時より時代が進んだことを感じています。 業界再編の波に乗ることが大事なのはもちろんですが、そういった波を活用した“第2創業”こそがビジネスにイノベーションをもたらすことをお伝えしたいと思い、今回、新刊『業界メガ再編で変わる10年後の日本』を発刊させていただくことになりました。

国内の企業数が減少し、加速する業界再編

国内企業の数は減少の一途をたどっています。「中小企業白書」によると、中堅・中小企業等数は、2007年で420万でしたが、2027年には350万程度まで減ることが予想されています。 ただ、バブル崩壊後およびリーマン・ショック後の問題先送り型経済政策によって、今も生き残っている企業の中には、生産性の低い企業が多く含まれている状態でもあります。これは中堅・中小企業に限らず、そもそも日本には似通った事業内容の企業が多すぎることも原因のひとつに挙げられます。 したがって業界再編の進展は必ずしも悪いこととはいえないでしょう。たとえば、都市銀行はかつて13行もありましたが、その後現実に業界再編が進むと、現在の大手4行体制で誰も不自由しないことがわかってしまいました。

今後10年で、何が変わる?

医薬品卸、家電量販店、コンビニエンスストア、ビール業界などは、この10年間で大手4社前後に集約されました。 ドラッグストア、スーパーマーケット、タクシー、ガソリンスタンド、学習塾業界などでも、業界再編に一定の進展が見られます。 今後、地方銀行や信用金庫などの金融業界、ソフトウェア受託開発を筆頭にしたIT業界、電気工事や空調工事などの工事関連、拠点数が6万程度に達しているが再編が遅れている調剤薬局業界、運送業界、人材派遣業界などで、中堅・中小企業の再編が一気に加速するフェーズになります。 これからの10年がどうなっていくのか―本書では、これまでの業界再編の波を踏まえながらこれから起きる波を予想しています。 食品業界(日本ハム大社専務)、IT業界(オプト鉢嶺社長)から医療業界、介護業界など複数業界の上場企業経営者へのインタビューを通じて、一流経営者の方がこの業界再編の波をどう考えているのかも交えながら、業界の解説を掲載しています。 ぜひお手に取ってみてください!

渡部恒郎新刊『業界メガ再編で変わる10年後の日本~中堅・中小企業M&Aが再編の主役だ~』

amazon売れ筋ランキング総合1位を獲得!(※12/4・5調べ)
『業界メガ再編で変わる10年後の日本』購入はこちら

渡部による「業界再編」講座も!M&A Conference2018お申し込みはこちら

渡部恒郎の過去のコラムはこちら

業界再編M&Aとは

著者

渡部 恒郎

渡部わたなべ 恒郎つねお

日本M&Aセンター 取締役

学生時代に起業を経験の上、日本M&Aセンター入社。2008年から2015年までの8年間で最優秀社員賞を3度受賞。 中堅・中小企業M&AのNo.1プレイヤーとしてM&A業界を牽引してきた。 トータルメディカルサービスとメディカルシステムネットワークのTOBは日本の株式市場で最大のプレミアムを記録した(グループ内再編を除く)。 2020年同社最年少で取締役に就任。2020年11月末時点において、 国内の時価総額1兆円以上企業における最年少の常勤取締役となった。 著書に「業界再編時代」のM&A戦略―No.1コンサルタントが導く「勝者の選択」』(幻冬舎、2015年)、「業界メガ再編で変わる10年後の日本」~業界・部署・技術の境界線がなくなる時代へ~(東洋経済新報社、2017年)がある。

この記事に関連するタグ

「書籍・業界再編」に関連するコラム

【新刊のお知らせ】M&A思考が日本を強くする ~Japan AS No.1をもう一度~

M&A全般
【新刊のお知らせ】M&A思考が日本を強くする ~Japan AS No.1をもう一度~

日本M&Aセンター上席執行役員業界再編部長の渡部です。今月、自身で3冊目となる業界再編の本を東洋経済新報社から上梓いたします。【3/20発売】M&A思考が日本を強くする~JapanASNo.1をもう一度~JapanASNo.1をもう一度皆さんは、「ジャパンアズナンバーワン」(1979年)というエズラ・F・ヴォーゲルのベストセラーを読んだことがありますか?私の好きな本の一つです。戦後、日本の人口が増

2021年のM&A件数は過去最多、2022年トレンド予測

広報室だより
2021年のM&A件数は過去最多、2022年トレンド予測

2021年のM&A件数は2020年に比べて14.7%増加し、4,280件(レコフデータ調べ)と2019年の4,088件を上回り、過去最多を記録しました。大きな要因は、コロナ禍によるM&Aの後倒しと金融緩和が考えられます。右肩上がりだったM&A件数は2020年こそ2019年に比べてM&A件数は減少しましたが、延期されていた案件が21年に成約した例も少なくありませんでした。世界中でM&A件数が増加して

好評発売中!『自社の価値を最大化する成長戦略型M&A2.0』

M&A全般
好評発売中!『自社の価値を最大化する成長戦略型M&A2.0』

M&Aで会社を成長させるには買収しかない。そう思い込んでいませんか?M&Aで会社を成長させるには譲渡か買収か、と問われたら、あなたはどちらを答えますか。多くの方が「買収」と答えるのではないでしょうか。しかし、本書の答えは「譲渡」です。なぜ企業の成長が譲渡で可能になるのか、その理由を著者である日本M&Aセンター上席執行役員の栗原弘行が語りました。なぜ、会社の成長=譲渡なのかこれまで譲渡というと、後ろ

独自のM&A戦略で成長するSHIFT社長が登場

M&A全般
独自のM&A戦略で成長するSHIFT社長が登場

日本M&Aセンター業種特化事業部が手掛けたM&Aの企業経営者に聞く動画コンテンツ「M&Aの舞台裏~真実の物語~」に、M&Aで30社以上がジョインして事業を拡大させているIT企業「SHIFT」の丹下大代表取締役社長にご登場いただきました。国内のM&Aトッププレイヤーであり、日本M&Aセンター最年少取締役の渡部恒郎が聞き手となって、丹下氏に独自のM&A戦略を伺いました。渡部:多くのM&Aをする理由を教

日本M&AセンターASEANレポート (2)高い経済成長力を誇るベトナム

海外M&A
日本M&AセンターASEANレポート (2)高い経済成長力を誇るベトナム

日本M&Aセンターは2020年2月、ベトナム南部の商業都市ホーチミンに海外3拠点目となるベトナム現地法人を開設しました。ASEANではインドネシア、フィリピンに次ぐ人口規模を持ち、平均年齢も若く、長期的に高い経済成長力が見込まれています。コロナ禍で世界各国がマイナス成長となるなかでも、プラス成長を記録するベトナムの経済成長力は魅力的です。安価な労働力を武器にした高い成長力首都ハノイと商業都市ホーチ

日本M&AセンターASEANレポート (1)アジアを代表する金融都市シンガポール

海外M&A
日本M&AセンターASEANレポート (1)アジアを代表する金融都市シンガポール

中堅・中小企業のM&Aを支援し、企業の存続と発展に貢献してきた日本M&Aセンターは2016年にシンガポールに初の海外拠点を設け、本格的に海外のM&A業務を展開しています。2021年9月時点で、海外拠点はASEANの4か国(シンガポール、インドネシア、ベトナム、マレーシア)に広げ、成約数や売り手企業の案件数も増加しています。日本企業による全体のM&Aの内訳でも、2割程度が海外案件のクロスボーダーとな

「書籍・業界再編」に関連する学ぶコンテンツ

コラム内検索

人気コラム

注目のタグ

最新のM&Aニュース