日本M&Aセンター

M&A

日本M&Aセンター

日本M&Aセンター

中堅中小企業のための“第三の株式市場”をご存知ですか?

先日、ある地方の中堅企業の社長にお会いしてきました。
業界では比較的上位にあり、業績も安定している会社です。

「竹内さん、ちょっと話を聞いてもらいたい」

以前お会いしたときには、何の不安も持っていらっしゃらなさそうだった社長から突然ご連絡をいただいたときには、相談内容に全く見当がつきませんでした。

「今年に入ってから、業界全体の雰囲気がおかしい。」
「思っていたよりも、流れがガラッと変わってきている。」
「まだまだ自社だけで伸びていけると思っていたが、何か動き出さないとマズイんだ。」

お会いしていなかった間に、状況がかなり変化したようです。
「何か動き出したい、でも、どうしたらいいのか分からない。」という社長に、私はこう投げかけてみました。

「社長、まずは、東証のTOKYO PRO Marketに上場しませんか?」

「TOKYO PRO Market? 東証にそんな市場が?」
社長から返ってきた言葉は、予想していたとおりでした。

何か動き出したい・・・答えは「TOKYO PRO Market」


事業環境の変化は加速度的

「迷っている時間はあまりないと思っている。」
あれだけ余裕のあった社長がそう考えるようになったのには、いくつか理由がありました。

まずは、人材不足。
その地域に大手企業が最近いくつも参入してきたそうです。若い人達が東京や大阪に出て行ってしまってなかなか採用ができないという悩みは従来からありましたが、人材の取り合いが加速してしまい、本当に人材が確保できなくて困っている、とおっしゃっていました。

次に、コストの高騰。
原材料や輸送コストや人件費の上昇に歯止めがかからず、売上はほぼ前年と変わらないが、利益が半分以下になってしまっているというのです。業界ではある程度の地位を確立しているとはいえ、中堅中小企業では価格交渉力がない、と嘆いていらっしゃいました。

そして、市場や産業構造の変化。
具体的に書いてしまうと特定されてしまうかもしれないので、別事例でご紹介しますと、自動車エンジンのエネルギー源がガソリンから電気になることで、いくつかのパーツが不要になってきていますし、最近では、プラスチックのストローが紙ストローにシフトする動きがあります。
社長は自社の製品も、いまの業界の流れからすると、そのうち需要がなくなってしまうのではないかと危惧している、とのことでした。

事業環境の変化に迷っている時間はない


同じカテゴリーの記事

MA Channel

人気コラム

最新のコラム

コラムカテゴリー

注目のタグ

メールマガジン登録

M&Aニュース

M&A用語集

まずは無料で
ご相談ください。

「自分でもできる?」「従業員にどう言えば?」 そんな不安があるのは当たり前です。お気軽にご相談ください。