日本M&Aセンター

M&A

日本M&Aセンター

日本M&Aセンター
とよが行く! 2019年3月15日

資産づくりは人生づくり―AIがもたらす“21世紀型の価値ある資産づくり”の秘訣とは?

AI×資産形成のテック系FPカンパニー、コモングッド株式会社。「自分さえよければいいをなくす」を経営理念とし、テクノロジーと人のチカラで誰もが安心して資産づくりができる社会を目指しています。

創業したのは、同社代表取締役CEOである鈴木大互さん。

貯蓄好きで投資嫌いといわれる日本人は、今どのように資産を作っていけばいいのでしょうか?
鈴木さんが創業にかけた想いから、今の資産づくりのトレンドまでを、日本M&Aセンター 経営企画室 石川雄大がお伺いしました。

commongood

コモングッド株式会社 代表取締役CEO 鈴木大互さん

個人の資産づくりは勝ちにくい

―元々はソフトバンク株式会社でBtoBビジネスの新規事業企画などを行っていらっしゃったんですよね。なぜFPカンパニーを設立したんでしょうか?

『起業したい』という想いは学生時代からあったのですが、どんな会社にするかはまだ決めてなかったんです。

当時の自分の資産のポートフォリオは酷いもので(笑)、ある先輩から『しっかり考えたほうがいい』とアドバイスをもらって保険プランナーに会ったのがきっかけですね。資産形成なんて全く考えていませんでした。

そんな自分ですが、実際にプランナーの方に会って『これは自分の家計をきちんと考えないといけない』と思い、不動産投資や投資信託などを検討するようになりました。

そこで感じたのは、“個人の資産づくりは勝ちにくい”ということ。
保険代理店も証券会社も本当にたくさんの商品をもっていますから、それをすべて聞いて比較するには膨大な時間が必要です。
じゃあどうやってみんな資産形成しているのかと思って周りに聞くと、『知り合いに勧められたから』というのが圧倒的に多かった。多くの人が不十分な情報の状態で、“信用”だけで商品を買っているんですよね。
これでは、とても勝てない。そう思いました。

commongood

一方で、不動産投資や保険については、大きな情報格差もあることに気付きました。
良い物件は資産家に集中的に紹介される現実がありますし、どんな担当者になるかで選択肢も変わってきます。

この状況をどうにかできないかと思い、『自分が学んできたITと、培ってきたネットワーク力でこの分野に切り込もう』と考えて設立したのがコモングッドです。


資産を増やして、自分は何をしたいのか?

―ご自身でいろんな投資を学んだからこその想いで起業されたんですね。資産づくりときくと、子どもが生まれたり家を買ったりといったライフステージの節目を想像します。

若い人にとってはすこし遠くに感じることかもしれませんよね。

資産づくりは、将来の人生を設計すること。
漠然と『資産を増やしたい』では絶対に増やせません。
『資産を増やして、自分は何をしたいのか?』が一番重要なんです。

当社の個人向けカルテには、実現したい夢や目標を記入いただく欄があります。『起業する』といった夢や、『毎年海外旅行に行く』など具体的な目標まで、内容はなんでもいいんです。
投資は長期的にみていくものなので、夢や目標にむけて頑張っていくという姿勢を大事にしていただいています。
目先の利益だけで一喜一憂するのが資産形成ではありませんから。

commongood

実際に石川もカルテを作成させていただきました


同じカテゴリーの記事

MA Channel

人気コラム

最新のコラム

コラムカテゴリー

注目のタグ

メールマガジン登録

M&Aニュース

M&A用語集

まずは無料で
ご相談ください。

「自分でもできる?」「従業員にどう言えば?」 そんな不安があるのは当たり前です。お気軽にご相談ください。