コラム

最年少TPM上場社長 アーバンライクの吉野悟社長インタビュー

広報室だより

⽬次

[表示]

日本M&AセンターがJ-Adviserとして上場支援した、住宅販売や不動産業を手掛けるアーバンライク(本社・熊本県荒尾市)が2021年7月28日に、東京証券取引所のプロ投資家向けの「TOKYO PRO Market」(TPM)に上場を果たしました。TPM史上最年少の39歳で上場した吉野悟社長に、経営哲学や上場を目指した理由を伺いました。

年30%成長を続ける社員と会社

―上場セレモニーの感想は?

これがよくテレビで見るものかと思い、打鐘に心を込めました。東証のティッカー(円形の電光掲示板)に社名が流れ、上場した実感が湧きました。

―アーバンライクが「毎年30%成長」できている要因は?

2008年の創業時から成長率は大事にしているポイントで、「社会的意義がある会社になりたい」、「働いている社員にしっかりとポストをつくっていける環境にしたい」といった想いがありました。そういった想いから、継続して成長し続ける会社であるためにも“毎年30%成長”を掲げ、事業を展開してきました。「社員の成長とともに会社も成長していく」。そんな会社でありたいと思っています。

高い顧客満足度は付加価値の証

―経営のビジョンや心掛けていることは?

住宅メーカーとして起業し、今でも住宅販売はメイン事業で、顧客満足度は業界平均の4倍以上を誇っています。ただ単にお客様に喜んでもらうだけではなく、感激以上の付加価値が求められています。口コミを大事にし、多くのお客様に満足してもらうことで、ほかのお客様をご紹介してもらえています。何よりお客様が大事だという考えが社員に浸透できているからこそ、高い成長力が生まれています。

経営に透明性と緊張感をもたらすために

―上場のきっかけは?

会社が成長を続ける過程で、社員数も多くなり、透明性のある経営をしていきたいと思っていました。社内のガバナンスを整えて、社会にとって必要な会社になっていくためには上場が良い選択だと思って決意しました。上場することで経営者がより緊張感を持って経営でき、社会的信用の獲得と採用面でもプラスになると考えています。

―上場の反応は?

予想以上に周りの方や従業員に喜んでいただきました。あまり反応がないと思っていたので、大変びっくりしました。上場日には会社にたくさんの電報や花束が届き、多くの人々に祝福していただきました。今回の上場にあたって、当社の株を多くの会社様に持っていただきました。その中で、「これからお互いパートナーシップを深めて伸びていきましょう」といったお話しもでてきましたし、すごく良い機会になったと思っています。

地元の代表企業として事業と雇用で地域活性化に貢献

―これからTPM上場を目指す経営者にメッセージ

単に事業の規模拡大や業績が良いだけでは上場はできません。上場のためにしっかりと準備をしないといけません。今すぐにでも準備に手を付けることが大事だと思います。上場に会計は欠かせない分野です。当社では経理の管理職に新たに入社してもらえましたが、どこから会計や経理の人材を引っ張ってくるかは難しい問題。だからこそ早めの準備が求められていると感じました。

―熊本初のTPM上場企業として今後の目標は?

住宅メーカーとして起業しましたが、今後はライフスタイル全般を扱えるように新しい事業をつくっていきたいです。住宅会社改め、ライフスタイル創造企業に成長して、世の中になくてはならない企業を目指していきます。TPMの上場をきっかけに、地域の代表企業として各地で雇用を広げ、地元の活性化につなげていきます。一般市場も目指して頑張ります。

TOKYO PRO Market 特別インタビュー

この記事に関連するタグ

「インタビュー・IPO・経営者・TOKYO PRO Market・上場」に関連するコラム

県内初のTOKYO PRO Market上場企業に

広報室だより
県内初のTOKYO PRO Market上場企業に

東京証券取引所のプロ投資家向け市場「TOKYOPROMarket」(TPM)で、J-Adviserとして上場を支援する日本M&Aセンターは2021年9月8日に東証上場推進部の横尾直樹課長を招きオンラインセミナー「最新IPO戦略『県内初のTOKYOPROMarket上場企業に』」を開催しました。最近、注目されているTPMの概要や上場効果を最新の事例を交えながら解説しました。IPO戦略として注目される

熊本県"初”のTPM上場企業が誕生 アーバンライク上場報告会

広報室だより
熊本県"初”のTPM上場企業が誕生 アーバンライク上場報告会

日本M&AセンターがJ―Adviserを担当しているアーバンライク(本店・熊本県荒尾市)が2021年7月28日に熊本県で初めて東京証券取引所が運営する「TOKYOPROMarket(TPM)」に上場。その上場報告会が同年8月23日、熊本市内のホテルで開催されました。地元の協力会社や金融機関をお招きするとともに、地元メディアも多数参加され、とても華やかな雰囲気の中、アーバンライクは上場企業として新た

『TOKYO PRO Market』Special対談インタビューTOKYO PRO Marketを、「企業成長」「地域活性化」「事業承継」等のツールとして多くの企業様にご活用いただける市場に

その他
『TOKYO PRO Market』Special対談インタビューTOKYO PRO Marketを、「企業成長」「地域活性化」「事業承継」等のツールとして多くの企業様にご活用いただける市場に

東京証券取引所が運営する、TOKYOPROMarket。IPOの世界に20年以上携わり、創成期からTOKYOPROMarketに関与、東京証券取引所の上場推進業務を約6年間ご担当されている絹谷様に、TOKYOPROMarketの過去(立ち上げ時)から現在に至るまでの変化、市場にかける想い、そして、今後の展望などを、率直に語っていただきました。左:株式会社東京証券取引所上場推進部課長(取材当時)絹谷

サトウ産業がTOKYO PRO Market(TPM)に上場

広報室だより
サトウ産業がTOKYO PRO Market(TPM)に上場

2021年10月14日、東京証券取引所が運営する株式市場「TOKYOPROMarket(TPM)」に日本M&AセンターがJ-Adviserを担当する株式会社サトウ産業(新潟県上越市)が上場しました。東京証券取引所では上場セレモニーが行われ、晴れて新潟県の企業では2社目のTPM上場企業となりました。高い内製化率と女性活躍サトウ産業は1974年創業。建築物の構造体である「柱」や「梁」などの設計と製作を

TOKYO PRO Market上場準備の話 実践編

その他
TOKYO PRO Market上場準備の話 実践編

日本M&Aセンターはオンラインセミナー「TOKYOPROMarket上場準備の話~実践編」を開催しました。大きな注目を集めている東京証券取引所のプロ投資家向け市場『TOKYOPROMarket(TPM)』。日本M&AセンターはJ-AdviserとしてTPMへの上場を支援しており、本セミナーでは、日本M&Aセンター上席執行役員TPM事業部長の雨森良治と、上場指導・審査を担当している上場審査部の光浦正

【大盛況 申し込み受付中!】全国サテライトオフィス開設記念セミナー全国22カ所で好評開催中!

広報室だより
【大盛況 申し込み受付中!】全国サテライトオフィス開設記念セミナー全国22カ所で好評開催中!

コロナ禍で全国にサテライトオフィス開設全国22カ所で開設記念セミナーを開催中日本M&Aセンターは、11月16日より、「アフターコロナを生き抜く経営戦略セミナー」と題して全国各所にて全国サテライトオフィス開設記念セミナーを全国22カ所で開催しており、中堅・中小企業の経営者を中心に多くの参加・申込をいただいています。コロナ禍は、経営者の皆様との対面での面談を難しくしました。しかし、当社は、地方の経営者

コラム内検索

人気コラム

注目のタグ

最新のM&Aニュース