コラム

TOKYO PRO Market上場 経営管理インフラで頂点を目指すブリッジコンサルティンググループ

広報室だより

⽬次

[表示]

東京証券取引所が運営する株式市場「TOKYO PRO Market(東京プロマーケット)」に2022年5月、IPO支援に特化した経営支援プラットフォームなどを手掛けるブリッジコンサルティンググループ株式会社(本社・東京都港区/ 代表取締役・宮崎良一)が上場を果たし、上場を祝う恒例のセレモニーが東京証券取引所で開催されました。同社のJ-Adviserは日本M&Aセンターが担当し、東京プロマーケット上場に係わる支援をいたしました。

「国内№1の経営管理インフラ会社を目指して東京プロマーケットに上場」

ブリッジコンサルティンググループは2011年に創業。公認会計士の経験と知見を生かした経営管理コンサルティングサービスを開始し、IPOや会計支援、リスクマネジメントサービスなどを手掛けるほか、プラットフォーム事業を展開しています。公認会計士のためのワーキングプラットフォーム「会計士.job」は公認会計士など有資格者3,000人以上が登録する国内有数のサービス規模を誇ります。事業を通じてプロフェッショナル資源をデータベース化し、クライアントニーズに最適な形で応えるプロシェアリング事業を推進しています。売上規模は10億円に迫り、従業員も30人を数える専門家集団です。

「笑顔で仲間と達成感を共有できる上場セレモニー」

上場の記念日に東証で開かれたセレモニーには、9名の役職員らが出席し、笑顔で恒例の打鐘も行いました。円形の電光掲示板(ティッカー)に「祝上場 ブリッジコンサルティンググループ株式会社」が流れると、参加者はそれぞれのスマートフォンで撮影するなど、企業の新たな船出を心に刻みました。上場通知書を受け取った宮崎良一代表取締役は「当社は公認会計士人材の経験と知見をデータベース化し、最適配分を通じた経営管理の課題解決支援を事業としております。東京プロマーケット上場は1つの通過点として目指してきました。盛大なセレモニーを開催くださり、うれしい気持ちと身が引き締まる思いでいっぱいです。『幸せの懸け橋に』を企業理念として、国内ナンバーワンの経営管理インフラ会社を目指して、今後も更なる飛躍を目指してまいります」と決意を語りました。

2019年から上場支援を担う日本M&Aセンターにとって、今回のブリッジコンサルティンググループは、当社がJ-Adviserとして支援した10社目の上場企業となりました。今後もJ‐Adviserとして全国から東京プロマーケット上場企業を輩出することを目標に、企業の存続と発展に貢献していきます。

東京プロマーケット上場のご相談はこちらから

この記事に関連するタグ

「TOKYO PRO Market・J-Adviser・IPO・上場」に関連するコラム

『TOKYO PRO Market』Special対談インタビューTOKYO PRO Marketを、「企業成長」「地域活性化」「事業承継」等のツールとして多くの企業様にご活用いただける市場に

その他
『TOKYO PRO Market』Special対談インタビューTOKYO PRO Marketを、「企業成長」「地域活性化」「事業承継」等のツールとして多くの企業様にご活用いただける市場に

東京証券取引所が運営する、TOKYOPROMarket。IPOの世界に20年以上携わり、創成期からTOKYOPROMarketに関与、東京証券取引所の上場推進業務を約6年間ご担当されている絹谷様に、TOKYOPROMarketの過去(立ち上げ時)から現在に至るまでの変化、市場にかける想い、そして、今後の展望などを、率直に語っていただきました。左:株式会社東京証券取引所上場推進部課長(取材当時)絹谷

注目の株式市場“TOKYO PRO Market(TPM)”に上場し、「地域のスター企業」を目指す

その他

日本M&AセンターがJ-Adviserを担当している株式会社一寸房が、2020年10月28日、株式会社東京証券取引所(以下、東京証券取引所)が運営するTOKYOPROMarket(TPM)へ上場しました。札幌に本社を置く一寸房は、店舗・学校・倉庫などの建築物に関する設計サービスや、これに付随した設計サービスの派遣業務、および測量業務を行っております。東京、ミャンマーにも営業拠点を有し、国内外で日本

東京証券取引所上場インタビュー 株式会社エージェント 代表取締役 四宮 浩二 様

その他
東京証券取引所上場インタビュー 株式会社エージェント 代表取締役 四宮 浩二 様

2020年4月28日に、東京証券取引所(以下「東証」)が運営する株式市場「TOKYOPROMarket」に上場した株式会社エージェント(証券コード:7098、以下「エージェント」)。エージェントは、売上約20億円(上場直前期)で増収増益を続けてきた、総合人材サービス事業を営んでいる企業です。なぜ、上場を目指したのか?どうして、マザーズやJASDAQではなくTOKYOPROMarketを選んだのか?

コロナ禍でも上場申請を選択できる 注目の株式市場“TOKYO PRO Market”とは

その他
コロナ禍でも上場申請を選択できる 注目の株式市場“TOKYO PRO Market”とは

2020年4月28日に、株式会社エージェント(以下、「エージェント」)という会社が「上場企業」の仲間入りを果たしました。上段:日本M&Aセンター、下段:エージェント(中央:四宮社長)注:撮影の直前まで全員マスクを装着しております。本来であれば東京証券取引所(以下、「東証」)で大々的な上場セレモニーが行われるのですが、緊急事態宣言が発令され、東証への入館ができなくなってしまったため、“密”にならない

東証への上場で、地域社会を支える“スター企業”になりませんか?

M&A全般
東証への上場で、地域社会を支える“スター企業”になりませんか?

東証には、東証1部・2部、マザーズ、JASDAQという一般個人投資家が参加できる一般市場のほかに、プロ投資家しか参加できない“TOKYOPROMarket”という株式市場があります。「上場企業になったことで、物件の入札で勝てるようになった」「上場したら、部署を任せられる人材が入社してくれるようになった」「上場してから、銀行からの借り入れがしやすくなった」「上場してるって伝えたら、中国との取引がOK

息子と、家族と、経営の未来を考える一日。 東京証券取引所見学ツアーレポート

その他
息子と、家族と、経営の未来を考える一日。 東京証券取引所見学ツアーレポート

2019年9月17日、東京証券取引所において、「東証見学ツアー」を開催しました。これは、株式上場を活用した成長戦略の勉強会と、取引所内の見学を通して、経営者の皆様に会社の未来を具体的に描いていただくことを目的としたイベントです。今回、集まったのは、地方の企業を含む約20社。この見学ツアー、通常の経営者セミナーとは異なり、社長だけでなく、後継者である息子さんや、共同経営者のご兄弟、経営を支える家族な

コラム内検索

人気コラム

注目のタグ

最新のM&Aニュース