コラム

県内初のTOKYO PRO Market上場企業に

広報室だより

⽬次

[表示]

東京証券取引所のプロ投資家向け市場「TOKYO PRO Market」(TPM)で、J-Adviserとして上場を支援する日本M&Aセンターは2021年9月8日に東証上場推進部の横尾直樹課長を招きオンラインセミナー「最新IPO戦略 『県内初のTOKYO PRO Market上場企業に』」を開催しました。最近、注目されているTPMの概要や上場効果を最新の事例を交えながら解説しました。

IPO戦略として注目されるTPM上場

2部構成のセミナーの1部では、日本M&Aセンター代表取締役社長の三宅卓が、成長を加速させる上場のメリットを実体験に基づいてお伝えしました。2006年にマザーズに上場(2007年東証一部上場)した日本M&Aセンターを事例に、「上場することで信用が上がり、優秀な人材が入ってくる。そうすると会社の成長が爆発的に加速する」と強調します。また「社員も上場企業で働くことの誇りと気概を持つことができる」と振り返ります。上場することで企業のガバナンス強化にもつながり、経営者によるワンマン経営から組織経営に移行することで、飛躍的な成長を実現できます。多くの中小企業が、新たな経営戦略を求められているこのコロナ禍において、「今こそイノベーションのチャンス。中小企業にとって、“IPO(上場)”は会社を飛躍的に成長させる大きな武器となる」「ぜひ多くの企業にTPMに上場していただき、地域を牽引する“スター企業”になって欲しい」と力説します。 2009年に開設したTPMは2021年9月8日時点で、49社が上場。うち全国の25府県ではTPMへの上場事例がなく、府県初の上場企業になれる可能性が広がっています。地方からTPM上場企業が誕生しスター企業が増えれば、地元へのターン率も高まり、地域経済が活性化することで地方創生の実現も近づきます。

一般市場と比べてコストも時間も節約できるTPM上場

IPOを担当する東証上場推進部の横尾課長をゲストに招いた2部では、日本M&Aセンター上席執行役員でTOKYO PRO Market事業部長の雨森良治との対談形式で、TPMの特徴や上場効果、費用等を紹介しました。2022年春に市場再編を予定する東証ですが、横尾課長は「東証一部、二部、マザーズ、JASDAQの一般市場が3つの市場に再編される予定です。TPMのコンセプトはこれまでどおり変わらず、積極的な誘致活動を継続している」と話します。

TPMは、一般市場に比べて上場までの期間とコストを節約できることがメリットの1つとして挙げられます。雨森はTPM上場までの期間とコストを、一般市場に比べて半分以下程度に抑えられると支援実績から紹介。横尾課長はIT系のいわゆるベンチャー企業の上場が多いマザーズとTPMを比較しつつ、「TPMは資本金が1億円未満の企業も多く、中堅・中小企業でも十分に目指していただけるマーケット」と解説します。一般市場の上場企業の多くが東京や大都市圏に集中するなかで、TPM上場企業は7割以上が東京以外と真逆の構成となっています。「着実に安定して成長している、幅広い業種業態の企業がTPMに上場しています」とも話します。

全国からTPM上場でスター企業創出

日本M&Aセンターが支援したTPM上場企業の上場後の変化も紹介。ご紹介した企業は、上場後には採用力が3倍以上となり、取引先も新規大手顧客が増加するなど、大きな上場メリットを獲得しました。横尾課長は上場した経営者へのインタビューを踏まえ、「知名度と信用度が上がり、採用面でもメリットを実感される回答が多くありました」とも説明します。上場すると、経営者の連帯保証を外すこともでき、心理的ストレスの軽減にもつながります。2021年は過去最多の新規上場が予想されるTPM。今後の展望について「地元に根ざしたビジネスモデルの企業にも上場をツールとして成長につなげてほしい。柔軟な市場運営の実現を目指しているので、上場のファーストステップとしてぜひTPM上場にチャレンジしてほしいです」と横尾課長は歓迎します。拡大を続けるTPMは今後も大きな注目を集めるはずです。

日本M&AセンターTOKYO PRO Market事業部

この記事に関連するタグ

「IPO・TOKYO PRO Market・中小企業・成長戦略・経営者・上場」に関連するコラム

熊本県"初”のTPM上場企業が誕生 アーバンライク上場報告会

広報室だより
熊本県"初”のTPM上場企業が誕生 アーバンライク上場報告会

日本M&AセンターがJ―Adviserを担当しているアーバンライク(本店・熊本県荒尾市)が2021年7月28日に熊本県で初めて東京証券取引所が運営する「TOKYOPROMarket(TPM)」に上場。その上場報告会が同年8月23日、熊本市内のホテルで開催されました。地元の協力会社や金融機関をお招きするとともに、地元メディアも多数参加され、とても華やかな雰囲気の中、アーバンライクは上場企業として新た

最年少TPM上場社長 アーバンライクの吉野悟社長インタビュー

広報室だより
最年少TPM上場社長 アーバンライクの吉野悟社長インタビュー

日本M&AセンターがJ-Adviserとして上場支援した、住宅販売や不動産業を手掛けるアーバンライク(本社・熊本県荒尾市)が2021年7月28日に、東京証券取引所のプロ投資家向けの「TOKYOPROMarket」(TPM)に上場を果たしました。TPM史上最年少の39歳で上場した吉野悟社長に、経営哲学や上場を目指した理由を伺いました。年30%成長を続ける社員と会社―上場セレモニーの感想は?これがよく

【大盛況 申し込み受付中!】全国サテライトオフィス開設記念セミナー全国22カ所で好評開催中!

広報室だより
【大盛況 申し込み受付中!】全国サテライトオフィス開設記念セミナー全国22カ所で好評開催中!

コロナ禍で全国にサテライトオフィス開設全国22カ所で開設記念セミナーを開催中日本M&Aセンターは、11月16日より、「アフターコロナを生き抜く経営戦略セミナー」と題して全国各所にて全国サテライトオフィス開設記念セミナーを全国22カ所で開催しており、中堅・中小企業の経営者を中心に多くの参加・申込をいただいています。コロナ禍は、経営者の皆様との対面での面談を難しくしました。しかし、当社は、地方の経営者

注目の株式市場“TOKYO PRO Market(TPM)”に上場し、「地域のスター企業」を目指す

その他

日本M&AセンターがJ-Adviserを担当している株式会社一寸房が、2020年10月28日、株式会社東京証券取引所(以下、東京証券取引所)が運営するTOKYOPROMarket(TPM)へ上場しました。札幌に本社を置く一寸房は、店舗・学校・倉庫などの建築物に関する設計サービスや、これに付随した設計サービスの派遣業務、および測量業務を行っております。東京、ミャンマーにも営業拠点を有し、国内外で日本

東京証券取引所上場インタビュー 株式会社エージェント 代表取締役 四宮 浩二 様

その他
東京証券取引所上場インタビュー 株式会社エージェント 代表取締役 四宮 浩二 様

2020年4月28日に、東京証券取引所(以下「東証」)が運営する株式市場「TOKYOPROMarket」に上場した株式会社エージェント(証券コード:7098、以下「エージェント」)。エージェントは、売上約20億円(上場直前期)で増収増益を続けてきた、総合人材サービス事業を営んでいる企業です。なぜ、上場を目指したのか?どうして、マザーズやJASDAQではなくTOKYOPROMarketを選んだのか?

コロナ禍でも上場申請を選択できる 注目の株式市場“TOKYO PRO Market”とは

その他
コロナ禍でも上場申請を選択できる 注目の株式市場“TOKYO PRO Market”とは

2020年4月28日に、株式会社エージェント(以下、「エージェント」)という会社が「上場企業」の仲間入りを果たしました。上段:日本M&Aセンター、下段:エージェント(中央:四宮社長)注:撮影の直前まで全員マスクを装着しております。本来であれば東京証券取引所(以下、「東証」)で大々的な上場セレモニーが行われるのですが、緊急事態宣言が発令され、東証への入館ができなくなってしまったため、“密”にならない

コラム内検索

人気コラム

注目のタグ

最新のM&Aニュース