コラム

自分の会社の値段はいくら? 3分で算出してみよう

企業評価

⽬次

[表示]

オーナー経営者の皆様は、自社の企業評価額をご存知でしょうか。 「相続税評価額なら税理士に計算してもらったよ」という社長もいらっしゃると思います。 しかし相続税評価額には営業権が含まれておらず、M&Aをする場合の評価額より低くなるケースがほとんどです。M&Aをする場合の企業評価額、つまり「いくらで会社が売れるか」は、相続税評価額からは判断できないのです。 また、相続税評価額が決まった計算方法に基づいているのに対し、M&Aをする場合の企業評価額は、複数の計算方法があります。何を指標とするかによっても、評価額は変わってしまいます。

image

日本M&Aセンターグループの評価方法は?

日本M&Aセンターグループでは、企業評価専門会社である株式会社企業評価総合研究所が「取引事例法」という方法で評価を行います。

取引事例法とは、もともと不動産鑑定評価でも用いられる価格算定手法の一つで、対象物件と条件が近い物件の取引事例を多く収集し、実際の取引価格から対象物件の個別要因や地域性を加味して価格を決める方法です。 マーケットの価格に基づいて価格が形成されるため、この方法をM&Aの価値算定に応用することができれば、合理的で公正な価格で納得性のある取引を行うことができます。

しかしこの方法で評価を行うには、類似取引として参照するに十分な数の成約実績をデータベース化する必要があります。 ですから取引事例法は、累計11,000件超の成約実績がある当社グループだからこそ行える評価方法、ともいえるのです。

3分で簡単!リニューアルした株価算定シミュレーション

当社では、Web上で3分程度で算出可能な「株価算定シミュレーション」サービスを提供しています。決算書 3期分(なければ1期分でも算定可能)をご用意いただき、入力していくと、無料で手軽に株価を算定できます。 このシミュレーションは、取引事例法の要素も一部反映されています。 簡易版なので実際の評価額とは誤差がありますが、目安として試してみることをおすすめします。

株価算定シミュレーション

「いくらで売れるか」は、オーナー社長のご家族の人生にかかわる重要なこと

実際のM&Aでは、企業評価総合研究所の専門家が時間をかけて丁寧に評価額を算出します。様々な資料をご提出いただき、約1か月程度かけてしっかり評価を行います。 「いくらで売れるか」は、M&Aをする際の指標のひとつにしかなりませんが、オーナー社長のご家族の人生にかかわるとても大きなことです。 社長が人生をかけて育ててきた会社ですから、正しく公正な評価が求められるのではないでしょうか。
今回ご紹介した株価算定シミュレーションは、大まかな分類をもとに算出した簡易シミュレーションです。

簡易シミュレーション後、「どうすれば企業評価が上がるか」「実際にM&Aを検討する場合はどうすれば良いか」等詳しく聞きたい方は、無料でご相談を承りますので、下記よりお申込みいただきコンサルタントに直接ご質問ください。

より詳細な算定をご希望の場合はこちら

簡易企業評価(無料)

※決算書をご提出いただき、あなたの会社の詳細な業種や地域、財務情報に応じて相場株価の算定を無料で行うサービスです。

企業評価について 企業評価総合研究所について

著者

M&A マガジン編集部

M&A マガジン編集部

日本M&Aセンター

M&Aマガジンは「M&A・事業承継に関する情報を、正しく・わかりやすく発信するメディア」です。中堅・中小企業経営者の課題に寄り添い、価値あるコンテンツをお届けしていきます。

この記事に関連するタグ

「企業評価」に関連するコラム

マルチプル法とは?企業価値評価で活用するメリットや計算方法を詳しく解説

企業評価
マルチプル法とは?企業価値評価で活用するメリットや計算方法を詳しく解説

中小企業のM&Aは、多くの場合、買い手企業が売り手企業の株式をすべて買い取ることによって成立しています。しかし非上場企業の場合は、市場で株式を売買している上場企業と違い時価などがありません。そこで行われるのが、企業価値評価です。企業価値評価で算出された金額がそのまま売買価額になるわけではありませんが、理論上の目安として金額が決定されるプロセスに用いられます。本記事では、この企業価値評価で用いられる

東京プロマーケット上場への第一歩、新サービス「GO↗ PUBLIC」をスタート

広報室だより
東京プロマーケット上場への第一歩、新サービス「GO↗ PUBLIC」をスタート

中堅・中小企業のM&A支援実績NO.1の日本M&Aセンターは、東京証券取引所が運営する「TOKYOPROMarket(東京プロマーケット)」上場を検討する企業様向けの新サービス「GO↗PUBLIC」を始めました。GOPUBLICとはレビューシートを基に上場を目指す企業様の上場可能性を診断するサービスで、現状の会社の状況をスコアリングした上で、TOKYOPROMarket上場までに改善が必要な準備項

PBR(株価純資産倍率)とは?PERとの違い、株価指標の意味や計算式を解説

経営・ビジネス
PBR(株価純資産倍率)とは?PERとの違い、株価指標の意味や計算式を解説

投資家等が対象銘柄の購入あるいは動向を注視する際や、M&A算定価格の妥当性を判断する場面で用いる指標の1つにPBRがあります。本記事では、PBRについてその概要や、計算方法、見るべきポイントなどを解説していきます。PBRとはPBRとは、PriceBook-valueRatioの略語で、日本語では「株価純資産倍率」と訳されます。対象企業の現在の株価がその資産価値に対して割高なのか、割安なのか妥当性を

EBITDAとは?メリットや計算式、M&Aとの関連を解説

経営・ビジネス
EBITDAとは?メリットや計算式、M&Aとの関連を解説

『EBITDA』という用語を目にされたことがある方は、どのくらいいらっしゃるでしょうか。長年会社経営を続けてこられてきたオーナーにおかれましても、日ごろの実務において当該用語を目にする機会はほとんど無いのではないでしょうか。実は税務のプロである税理士や監査業務をメインとしている公認会計士であっても、通常業務の中で当該用語を用いる機会は多くありません。多くの方にとって馴染みのない『EBITDA』です

全国金融機関初!沖縄銀行が企業評価システム「V COMPASS」を導入

企業評価
全国金融機関初!沖縄銀行が企業評価システム「V COMPASS」を導入

企業の後継者不在問題が深刻な沖縄県。帝国データバンクの調査によると、沖縄県の後継者不在率の高さは2011年から2020年まで全国1位、2021年は全国2位となり、2011年の調査開始から一貫して後継者不在率が70%を超えています。こうした状況を受け、同県を拠点とする沖縄銀行ではM&Aや事業承継のサポート体制の強化を進めています。その一環としてこのたび、日本M&Aセンターホールディングスグループ会社

PER(株価収益率)とは?数値の見方や計算方法を解説

経営・ビジネス
PER(株価収益率)とは?数値の見方や計算方法を解説

M&Aをはじめ、株式投資やベンチャー企業などへの出資を行う現場では、対象となる企業の企業価値を評価する過程で指標が用いられています。これらの指標の中でも、とりわけ多くの現場で用いられている指標の1つが今回解説するPERです。PERは、M&Aの買い手企業が売り手企業のスクリーニングを行う場合や、機関投資家が投資対象の絞り込みを行う場合などに頻繁に用いられています。本記事では、このPERについて、基本

「企業評価」に関連する学ぶコンテンツ

「ニッポンには、跡継ぎが足りない。」テレビCM放送中

コラム内検索

人気コラム

注目のタグ

最新のM&Aニュース