コラム

M&Aの「ラスト1マイル」をどう取り組む?今、みんなが知りたいPMIノウハウ

竹林 信幸

日本PMIコンサルティング/代表取締役

PMI

⽬次

[表示]

2018年の日本企業のM&A件数は3,850件と、これまで最多だった2017年の3,050件を上回り、過去最高を記録しました。 PMI(M&A後の企業結合のプロセス)は、M&Aを成功に導くための「ラスト1マイル」の取り組みであり、「PMIなくしてM&Aの成功なし」と言っても過言ではない、非常に重要なものです。 この度、株式会社日本PMIコンサルティングでは、3年間のプロジェクト経験をもとに抽出した中堅・中小企業におけるPMIのポイントを整理し、「日本型PMIの方法論(プレジデント社)」を刊行(2019年3月)いたしました。本著のポイントを、著者である竹林さんに聞きました。

「PMIって何なの?」という問いに答える

日本型PMIの方法論 ―中堅・中小企業を成長させるポストM&Aのプロセス

本著をまとめるにあたって特に意識したのは「PMIを体系的にまとめる」というところです。M&Aに携わる人ならPMIという単語を耳にしたことがあると思うのですが、「PMIを一言で表すと?」という問いには答えづらいのではないかと思います。それは、PMIが「経営の総合科目」と言われるほど取り扱い領域が広く多岐にわたっていることと無縁ではないでしょう。 本著では、そんなPMIを体系的(取り組み領域×時間軸)にまとめ、平易な言葉で事例やエピソードを織り交ぜることで、PMIの現場で起こりえる様々な事象を具体的にイメージしてもらえるようにしました。

PMIノウハウを「惜しみなく公開」する

また、本著では、PMIを体系的に理解してもらった後に生じるであろう「じゃあ、どうやってやればいいの?」という疑問の解消にもチャレンジしています。 PMIプロセスにおける取り組みテーマの優先順位のつけ方や、実際のプロジェクトで使用した帳票や業務フローなどをふんだんに掲載しています。 これらのノウハウは、すぐにPMIの現場で使っていただけるものなので、読者の皆さんにはどんどん活用していただきたいと思っています。

願いは「M&Aの成功確率」を1%でも上げること

「PMIを理解してもらい、PMIを正しく実行すること。」これが本著を執筆した究極の目的です。「誰がやるか?」は問題ではありません。私は、PMIを知っている人が、必要な場面で必要なことに対応することができれば、「M&Aの成功確率」は格段に向上すると考えています。M&Aに当事者として関わるすべての経営者、財務担当者、経営企画担当者の皆さんに是非本著を読んでいただき、PMIの方法論が共通認識となることで、M&Aの成功確率が飛躍的に向上するきっかけになれば、これに勝る喜びはありません。

「日本型PMIの方法論 ―中堅・中小企業を成長させるポストM&Aのプロセス」

PMIとは|M&A用語集

著者

竹林 信幸

竹林たけばやし 信幸のぶゆき

日本PMIコンサルティング/代表取締役

国内外コンサルティング会社にて経営コンサルティング業務に従事。オペレーション改善、BPR(ビジネスプロセスリエンジニアリング)、M&A支援、企業再生、経営者向けのコーチングなど、豊富なコンサルティング経験を有する。株式会社日本M&Aセンター入社後、2018年に日本PMIコンサルティング設立時に取締役就任、2020年4月より現職。

この記事に関連するタグ

「PMI・専門家・書籍」に関連するコラム

法務のプロフェッショナルたちが、中小企業M&Aに関する全ナレッジを結集!

M&A法務
法務のプロフェッショナルたちが、中小企業M&Aに関する全ナレッジを結集!

「株券を紛失してしまった」「実は未払い残業代がある」…会社の規模の大小にかかわらず、M&Aには複雑な手続きが必要です。M&Aの過程では中小企業ならではのトラブルも起きるので、知識がないととまどってしまいます。年間約700件のM&A成約を支援する日本M&Aセンターでは、弁護士・司法書士といった法務のプロフェッショナルたちが7名在籍し、当社所属のコンサルタントに対してきめ細かくスピーディーなサポートを

トラブル事例から学ぶM&A その2

M&A全般
トラブル事例から学ぶM&A その2

巷では時折耳にする、M&Aに関するトラブル。「M&Aは三方良しと言っても、実際はどうなの?!」と皆さんも気になる点かと思います。そんな皆さんの不安、トラブル事例をご紹介しながら解説するシリーズ第2弾!こちらは無事にM&A成約まで至ったようですが・・・?買主:「対象会社の幹部社員が当社のことを良く思っていないようだ。当社から派遣した役職員との間でやや険悪な雰囲気になっている。」売主:「今回のM&A後

就活・キャリア向けの初のM&A業界本が完成

広報室だより
就活・キャリア向けの初のM&A業界本が完成

M&A業界への入社を考えている就活生・転職希望者向けの初めての業界本が完成しました。1991年創業から累計7,000件超のM&A支援実績を持つ日本M&Aセンターが2022年4月、フォレスト出版から電子書籍『M&A業界で働く!』を発売しました。事業承継や成長戦略などのため日本企業のM&A件数は2021年には過去最多を更新し、M&A業界への注目度も高まっています。新卒から日本M&Aセンターに入社して多

中小企業庁が中小PMIガイドラインを初策定

広報室だより
中小企業庁が中小PMIガイドラインを初策定

事業承継の方法として増加する中小企業のM&Aの効果を発揮するために新指針が打ち出されました。中小企業庁は2022年3月17日、中小PMIガイドラインを初策定しました。PMIとは「PostMergerIntegration」の略語で、M&A後の統合プロセスを表す言葉です。M&Aの目的を実現するための統合の効果を最大化するために必要なプロセスですが、これまで中小企業のM&Aは企業選びのマッチングばかり

「中小PMIガイドライン」初策定へ 中小企業庁

広報室だより
「中小PMIガイドライン」初策定へ 中小企業庁

中小企業において増加するM&Aの効果を高めるために中小企業庁は現在、「中小PMIガイドライン(仮称)」の策定を進めています。PMIとはPostMergerIntegrationの略語でM&A後の統合プロセスを表す言葉です。M&Aによる譲渡企業と譲受企業の相乗効果を発揮するためには円滑な統合プロセスが重要となります。ガイドライン策定には、M&A経験のある経営者やPMIを支援する実務者、学者らによる策

25社譲受して成長するハシダ技研工業の「M&Aは人助け」の凄み

広報室だより
25社譲受して成長するハシダ技研工業の「M&Aは人助け」の凄み

「M&Aは人助け」を信条に2008年から2022年までの間、買い手企業として計25社を譲受した大阪市のハシダ技研工業株式会社。火力発電所に使用されるガスタービン部品は高い技術力から、ゼネラル・エレクトリック(GE)社や三菱重工業など名だたる企業を取引先に持ち、自動ドアの自社ブランドも好調な製造業のグループ企業です。後継者のいない製造業を譲り受けながら成長を果たしています。事業はグループ売上高200

「PMI・専門家・書籍」に関連する学ぶコンテンツ

コラム内検索

人気コラム

注目のタグ

最新のM&Aニュース