コラム

「それでも、あいつに任せたいんだ・・・」継がせたい社長の切なる想い

事業承継

⽬次

[表示]

数か月前、ある製造業のオーナー社長にお会いしてきました。 最近は日に日に寒くなってきていますが、まだその頃は夏真っ盛りで、連日真夏日を記録していました。 面談のきっかけになったのは、社長からの1本の電話でした。 「やっぱり、これからもう一度、自分の手でモノをつくりたい。 前にも伝えたとおり、自分には子供がいない。だから、後は専務に任せたいと考えている。でも、専務はまだ若い。着手した第3工場の建設も彼だけでは心配だ。 それでも、あいつ(専務)に任せたいんだ。竹内くん・・・どこかの会社に譲渡するしかないんだろうか。」 電話の先で、社長は思い悩んでいらっしゃいました。 私はすぐに社長に会いに行きました。 「社長、“成長戦略型事業承継”をご存知ですか?」 私は社長にお会いして、初めにそう伝えました。

電話の声は、すこし落ち込んでいるようにも聞こえました

子供や従業員に継がせるために

最近、“企業の成長”と“事業承継”の双方に悩みを抱えている経営者の皆様からのご相談が増えています。 後継者(候補)がいないのではなく、後継者(候補)がいるけれども実際に継ぐとなると資金的な問題や年齢・経験的な問題があるというケースや、事業がおかれている環境から能力的に厳しいのではないかと迷われているケースが多いのも特徴です。 「事業承継でのM&Aというと譲渡しか考えない方も多いのですが、実は買収と譲渡のどちらも選択肢になりうるんです。譲渡を選択する場合でも、いろいろな条件をつけることができます。社長の希望を全て条件としてお相手を探すことだってできるんです。」 私は続けて社長にそうお伝えしました。 それを聞いて「そうか、そうか」と頷いていた社長の驚きと喜びの混ざった顔が忘れられません。 自分がいなくなった後の会社を、ご子息や、共に苦労をしてきた役員・従業員の方に任せたい、と経営者の方々は誰もがそう思っていらっしゃるのではないでしょうか。 子供や従業員に継がせるためのM&A、それを“成長戦略型事業承継”と私は呼んでいます。

継ぐ側の決意のとき

社長が専務に、継ぐ覚悟があるかどうかを聞いたのは、私と面談した3日後でした。 「お前にこの会社を引き継いでほしい」と社長から切り出したとき、専務はしばらくの沈黙の後、「僕にやらせてください」と頭を下げたそうです。 後日、専務にお聞きしたところ、 「正直はじめは、自分が社長?と思いました。専務になってまだ半年です、誰でも躊躇すると思います。 創業からずっと社長と一緒にやってきたので、社長がものづくりの道を究めていきたいと思っていることは知っていました。その気持ちを尊重してあげたいなと思ったのと、せっかくチャンスがあるのだからチャレンジしてみないと、と思って決意しました。」 と、その時の気持ちを教えてくれました。

専務が会社を継ぐためのM&A

それからは社長と専務と私の3人で「どうやって会社を継いで成長させていくか」という議論を重ねました。 議論の結果、社長と専務が選ばれたのは、ファンドの活用です。 会社がきちんと引き継がれ成長していける条件で、ファンドへの売却を決意されたのです。 専務は5年間ファンドのサポートを受けながら経営者としての経験を積むことになりました。そして5年後、専務ご本人が希望した場合には、専務が全株式を買い取ることができる条件になっています。 「5年後、専務と会社がどのくらい成長しているのか、とても楽しみです」 成約式の時に社長は嬉しそうに挨拶されました。 会社を離れる一抹の寂しさもあるでしょうが、社長と会社がそれぞれ新しいスタートを切ったことへの期待感が大きいように見えました。

「成長が楽しみ」成約式の社長の笑顔は、未来への希望だったのかもしれません

竹内の書籍『どこと組むかを考える成長戦略型M&A』

Think Owner's

著者

竹内 直樹

竹内たけうち 直樹なおき

日本M&Aセンター 常務取締役 営業本部長

当社内最大件数(年間100件超)を成約させる事業法人部の責任者として5年間牽引し、上場後の当社の業容拡大に大きく貢献。事業法人部は主にマッチングを行う部署であるが、買い手と売り手との双方の成長戦略を描くなかで、譲渡案件のソーシングにも従事。昨今はミッドキャップ案件(売買金額20~100億円程度)を中心に、ソーシングからクローズに至るまでの全てのフェーズにて陣頭指揮をとっている。買収も売却も実行できるミッドキャップ企業をターゲットとした「成長戦略セミナー」を2015年からスタートさせ、2019年10月で同セミナーは10回を数え、累計参加者は3,000名を超える。 著書に『どこと組むかを考える成長戦略型M&A──「売る・買う」の思考からの脱却と「ミニIPO」の実現』がある。

この記事に関連するタグ

「ファンド・後継者不在・成長戦略・社員承継・親族外承継・事業承継」に関連するコラム

事業承継をはじめるとき、何から考えたらいいの?

事業承継
事業承継をはじめるとき、何から考えたらいいの?

経営者を引退するとき、事業承継は一族全員の問題になります会社の将来を真剣に考える中で事業承継を考えている経営者の方がまず行うべきことは「将来についてできるだけ早く家族と話し合う」ことです。事業承継とはこれは幹部社員や顧問の弁護士、公認会計士・税理士、関わりのある金融機関などよりも優先すべきことだと私は思います。というのも、驚くべきことに、そもそも、子どもが事業を継ぎたいのか、継ぎたくないのか、親と

事業承継は会社にとって第二の創業

事業承継
事業承継は会社にとって第二の創業

中小企業の経営者の多くは、自身が引退した後の会社をどうするか答えがないまま、経営を続けてこられたのではないでしょうか。特に、自身も健康で経営も順調であればなおさら、会社の後継者問題に向き合う機会は少ないといえるでしょう。真剣に考えるタイミングを逃しがちになります。事業承継は後継者の人生にかかわる重要な事ですが、だからこそ後継者をはじめとしたご家族と十分なコミュニケーションがとれていない場合がほとん

後継者は大学で育てる時代!?「事業承継科目」が人気

事業承継
後継者は大学で育てる時代!?「事業承継科目」が人気

家業の後継者といえば、かつては自社で育てるのが主流だった。今は後継者自らが、経営者になるために必要なことを学ぶため大学に通う例が増えているという。早くから事業承継科目を開講し、ビジネススクールとして世界的に高い評価を受けている名古屋商科大学ビジネススクール栗本博行教授にインタビューした。名古屋商科大学ビジネススクール栗本博行教授父親である経営者と後継ぎの息子が親子で通うという例も―名古屋商科大学ビ

社長の殻を脱いでじっくり考えられる場所―『事業承継プロフェッショナルミーティング』レポート

事業承継
社長の殻を脱いでじっくり考えられる場所―『事業承継プロフェッショナルミーティング』レポート

「多段階の人生、まさにそれです」秋雨が包み込む会議室は、季節と反対に温かい空気で満ちていました。会議室には6名、円座になって話しています。「引退後、大学に通って学び直しましたね」「わかります!学生時代は勉強が嫌なのに、いざ立場が遠くなると学び欲がでますよね」和やかな会話が続いています。ここは事業承継プロフェッショナルミーティング(プロミ)の会場。とても今日が初対面とは思えない雰囲気で、各々が積極的

考えているようで実は考えられていない?!事業承継の「Why」「What」―その2

事業承継
考えているようで実は考えられていない?!事業承継の「Why」「What」―その2

まずは前回のコラムのおさらいです。納得する事業承継のためには、「どうやって(How)」事業承継をするか?を出発点とするのではなく、「何のために(Why)、何を(What)考えていくことなのか?」を起点にすることが必要であることをまず確認しました。そして、事業承継を狭く考えるか広く考えるかで目的(Why)も変化し、どの選択肢<親族承継/社員承継/外部への第三者承継(M&A)/IPO>が自分にとって有

考えているようで実は考えられていない?!事業承継の「Why」「What」―その1

事業承継
考えているようで実は考えられていない?!事業承継の「Why」「What」―その1

「事業承継については頭の片隅にずっとあったんだけど、社長業をしていると本気で考える時間がなくて・・・」私たちが開催しているセミナーに参加された、とあるオーナーの言葉です。“自分が永遠に社長をすることはできない”とわかっているからこそ、頭の片隅では考えている事業承継。しかし、それでは事業承継の本質を理解できずに時間だけが過ぎていってしまいます。“事業承継”はわかっているようでわからない、とっても厄介

コラム内検索

人気コラム

注目のタグ

最新のM&Aニュース