コラム

10/6付 日本経済新聞記事「大廃業時代の足音 中小「後継未定」127万社」を受けて

調査データ

⽬次

[表示]

このほど経済産業省が発表したデータに衝撃を受けた方も多いでしょう。 日本の中小企業は約420万社。 このうち2025年までに約245万人の経営者が、リタイアの時期を迎えるのだそうですが、127万社が経営者の後継がおらず、しかも60歳以上の事業主の7割は、「自分の代で事業をやめる」意向があるというのです。 このままいけば、2025年までに650万人の雇用と22兆円ものGDPを失うと予想され、国としてもこの5年余りで集中的にその対策を講じるとのことです。 しかもより衝撃的なのは、実は廃業する会社の5割が黒字だという事実です。 つまり今日本で起こっている最大の危機は、赤字企業がなくなるという企業の新陳代謝ではなく、本来日本の未来を支えなければいけないはずの、優良企業が「大廃業時代を迎えている」ということなのです。

跡継ぎを考えるだけでは会社の問題は解決しない

この危機を前に、私たちが本当に考えていかなければならないことは何でしょうか? 「何としても身内に継がせる方法を考える」ことでしょうか?「従業員を説得する」ことでしょうか?あるいは「後先のことはとりあえず考えないことにして、目の前の仕事に精力する」ことでしょうか? 気持ちは分かりますが、いずれも根本的な問題の解決にはならないのです。 黒字なのに跡を継ぐ人がいない、というのは、実は誰も会社の未来に明るい希望を抱いていないのかもしれません。だから人生を賭しても自ら経営をしていきたいと願う人がいないのかも知れません。 将来の経営ビジョンを描き、それを実行できる人材がいなければ、その一瞬だけは何とかなっても、いつか会社は行き詰ってしまいます。 ともかく跡継ぎがいないということばかりに気を取られて、誰でもいいから継いで欲しい、というだけでは、会社の抱える問題は何も解決しないのです。 ではどうしたらいいのでしょうか? その答えは、まず「10年先、当社はどうなっているべきか」を考え、その為に「もっとも相応しいのは誰か」ということを、身内や社員、第三者などの区別なしに、先入観なく判断する事なのです。 この時もっとも客観的に事業承継を考えることができる、大事なテクニックをお教えしましょう。 それは、まず「第三者承継(M&A)」から考える、ということです。

M&Aから考えることの重要性

そんなことトンデモない!と多くの方は条件反射的に反発されるかも知れませんが、少し考えてください。 実際に実行するかどうかは別として、最後にM&Aできることが分かっていれば、実はその時点で会社の存続は確定なのです。 自分がいつ引退しようが、健康状態などが悪化しようが、その時はM&Aで会社が存続できると事前に分かっていたらどうでしょうか? まず跡継ぎの心配をする必要がありませんから、積極的に投資や人材の採用を行うことができます。その結果更にいい会社になれば、もしかしたら息子が継いでくれるかも知れませんし、銀行の支援を得て従業員が継げるような資本構成になるかも知れません。 また万が一の時も、M&Aによって借入や連帯保証の責任から解放され、更に相応の株価や退職金が入ることを考えれば、老後の不安なく引退することができるでしょう。 よく、身内が継がない、従業員も継げないのがはっきりしたら最後の手段としてM&Aを考えるという人がいますが、それは全く順番が逆なのです。 考えてみて欲しいのですが、身内が継ぎたくない、従業員も継げないような会社を継ぐような赤の他人が一体どれだけいるというのでしょうか? 現在廃業する会社の半分以上は黒字企業です。 つまり事業承継絡みのM&Aの殆どは黒字企業な訳で、赤字になってどうにもならなくなってM&Aを考えても、もう全ては手遅れなのです。

M&Aにかかる時間も考慮に入れて…

少々厳しいことを申し上げましたが、最善のM&Aをしようと思うと、準備期間を含めて3年は必要です。 私の経験では最初にM&Aを考えてから実行するまで11年というお客様もあったほどです。 もちろん、これは極端な話ですが、要は事業承継を考えるにあたってまず自社のM&Aの可能性さえ知っておけば、事業承継など何も恐れる必要はないということなのです。 自社がいざという時M&Aが実行可能かどうか、可能ならその相手はどういう先が考えられ、その後どのような展開が考えられるのか?そしてその時どの程度の株価や評価になるのか? まず、その為の情報収集から始めましょう。 それさえわかれば、後は身内や従業員への継承も含めて、時間をかけてベストな方策を練ることができるのです。 事業承継にあたって大事なことは、やはり子供に継がせたいという「肉親の情」という色眼鏡を外し、冷静に「経営者の目」で会社にとってみれば次の経営者は、誰が一番いいのかという視点から判断することです。 肉親という色眼鏡を外してさえみれば、意外と自社にふさわしい後継者というのは、沢山いるものなのです。 後継者難という危機が、もう一度会社の将来やふさわしい経営者を考えるきっかけになるなら、廃業の危機は一転して会社が生まれ変わるチャンスになるかもしれません。

廃業とM&Aの比較

事業承継ガイドラインpickup―2020年頃に経営者の大量引退期到来

事業承継・M&Aのご相談はこちらから

著者

M&A マガジン編集部

M&A マガジン編集部

日本M&Aセンター

M&Aマガジンは「M&A・事業承継に関する情報を、正しく・わかりやすく発信するメディア」です。中堅・中小企業経営者の課題に寄り添い、価値あるコンテンツをお届けしていきます。

この記事に関連するタグ

「事業承継・後継者不在」に関連するコラム

コロナ禍の事業承継を支える地方銀行の取り組み ――大分銀行×日本M&Aセンター WEBセミナー

広報室だより
コロナ禍の事業承継を支える地方銀行の取り組み ――大分銀行×日本M&Aセンター WEBセミナー

経営者は孤独と言われますが、後継者問題も他人には相談しづらいテーマの一つです。現在、企業の後継者不在問題は深刻です。日本全体で中小企業・小規模事業者の2025年には70歳以上の経営者が約245万人になると言われています。後継者の高齢化、代替わりが本格的になってくるにもかかわらず、現在の後継者不足は全国平均で66%、3社に2社は跡継ぎがいないというのが現状です(平成28年度総務省「個人企業経済調査」

“事業承継”早めのご準備を

調査データ
“事業承継”早めのご準備を

後継者問題が日本経済にもたらす影響中小企業庁によると、2025年までの10年間で、70歳を迎える中小企業・小規模事業者の経営者245万人のうち、半数の会社(日本企業の全体の3分の1)で後継者が未定となり、このまま放置しこれらの企業が後継者不在により廃業すれば、650万人の雇用と約22兆円のGDPが失われる可能性があると公表しています(2019年11月中小企業庁「中小企業・小規模事業者におけるM&A

待ったなし、2019年データからみる中小企業の景況感 ~中小企業の“事業承継問題解決“が急務!~

調査データ
待ったなし、2019年データからみる中小企業の景況感 ~中小企業の“事業承継問題解決“が急務!~

2019年の中小企業の景況感を示すさまざまな指標が出されていますが、最近社会的な問題となっている中小企業の「後継者不足問題」について、気になるデータが発表されました。改めて中小企業の事業承継問題の解決が急務であることが浮き彫りとなりました。2019年「後継者不在倒産」が過去最多に帝国データバンクの調査では、後継者不在による事業継続の断念などが要因となった後継者不在倒産(後継者難倒産)は2019年に

会社も家庭も、縁の下の力持ち。社長の“奥様”にとっての事業承継とは?

事業承継
会社も家庭も、縁の下の力持ち。社長の“奥様”にとっての事業承継とは?

結婚後、なんとなく家業を手伝うようになってから、いつの間にか深く携わることになってしまい早何十年・・・という中小社長の奥様は多いのではないでしょうか。家事や子育て、時には介護をしながら経営者である夫を支えるのは、並大抵のことではありません。そんな忙しい日々を過ごす社長の奥様が、ある日突然、社長から「会社の事業承継を考えている」と相談されたら・・・。会社は後継者がいれば必ず事業承継を成功させられると

「それでも、あいつに任せたいんだ・・・」継がせたい社長の切なる想い

事業承継
「それでも、あいつに任せたいんだ・・・」継がせたい社長の切なる想い

数か月前、ある製造業のオーナー社長にお会いしてきました。最近は日に日に寒くなってきていますが、まだその頃は夏真っ盛りで、連日真夏日を記録していました。面談のきっかけになったのは、社長からの1本の電話でした。「やっぱり、これからもう一度、自分の手でモノをつくりたい。前にも伝えたとおり、自分には子供がいない。だから、後は専務に任せたいと考えている。でも、専務はまだ若い。着手した第3工場の建設も彼だけで

「子供には好きなことをやってほしい」M&A成約式で家族の想いも引き継いだ人気洋菓子店プラチノ

広報室だより
「子供には好きなことをやってほしい」M&A成約式で家族の想いも引き継いだ人気洋菓子店プラチノ

中小企業の経営者の多くは、会社の行く末、従業員の雇用や働き方など、重たい責任を一人で背負い孤独に戦っています。その孤独な闘いを支えるのが家族です。東京都世田谷区で地域に密着した洋菓子店2店舗を経営する有限会社プラチノの代表取締役田勢克也氏は、25歳でプラチノを設立し32年間先頭に立って会社経営を行ってきました。そして、設立32年目を迎える2022年4月11日、製菓メーカー株式会社ホワイエに譲渡しま

「事業承継・後継者不在」に関連するM&Aニュース

ハウス食品グループ、子会社間で国内業務用食品事業を統合

ハウス食品グループ本社株式会社(2810)は、子会社であるハウス食品株式会社(東京都千代田区)の業務用食品事業を、同じく小会社の株式会社ギャバン(東京都中央区)に承継させることを決定した。分割会社はハウス食品、承継会社はギャバンとなる簡易吸収分割の方式。ギャバンの商号は「ハウスギャバン株式会社」に変更される。ハウス食品グループ本社は、グループ戦略立案、事業会社(国内・海外)への経営サポートならびに

セイコーHD、吸収分割により子会社のセイコーアイ・テクノリサーチに事業を承継

セイコーホールディングス株式会社(8050)は、吸収分割により機能の一部を完全子会社であるセイコーアイ・テクノリサーチ株式会社(千葉県千葉市)に承継させることを決定した。セイコーHDを分割会社、セイコーアイ・テクノリサーチを承継会社とする簡易吸収分割。【分割する事業の内容】・グループ全体の研究開発および生産技術開発、事業サポート・グループ横断の新事業開発・上記に附帯または関連する事業セイコーHDは

KDDI、エネルギー事業の経営戦略や管理事業を中間持ち株会社に集約

KDDI株式会社(9433)は、エネルギー事業に係る子会社の管理事業及び事業戦略の企画・立案・推進機能等を、auエネルギーホールディングス株式会社(東京都千代田区)に対し承継することを決定した。また、電力小売に係る事業等をauエネルギー&ライフ株式会社(東京都千代田区)に対し承継することも決定した。KDDIを分割会社とし、それぞれの完全子会社を承継会社とする吸収分割(簡易吸収分割)とする。KDDI

サーラコーポレーション、表面処理事業を高木製作所の子会社へ承継

株式子会社サーラコーポレーションは、連結子会社である新協技研株式会社(愛知県豊川市)の表面処理事業を吸収分割により、株式会社東三河高木(愛知県名古屋市)に承継させることを決定した。東三河高木は、株式会社高木製作所(愛知県名古屋市)の子会社。新協技研は吸収分割会社、東三河高木は吸収分割承継会社となる。サーラコーポレーションは、純粋持株会社。子会社の管理、運営を行っている。新協技研は、金属加工製品のプ

ソニー・ミュージックエンタテインメント、グループ内の会社を再編

株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメント(東京都千代田区)は、アーティスト&ミュージックビジネスグループにおいて、グループ内の会社を再編した。株式会社ソニー・ミュージックダイレクト(東京都港区、SMDR)は、株式会社ソニー・ミュージックマーケティングユナイテッド(東京都千代田区、SMMU)に対してSMDRの「マーケティンググループ」および「総合企画グループ」事業を吸収分割の方法により承継させ

フィードフォースグループ、連結子会社間にて会社分割

フィードフォースグループ株式会社(7068)は、会社分割(吸収分割)により連結子会社である株式会社フィードフォース(東京都文京区)のFeedmatic(フィードマティック)事業およびFeedmatic事業に関連するデータフィード事業を、連結子会社であるアナグラム株式会社(東京都渋谷区)へ承継させることを決定した。フィードフォースを分割会社、アナグラムを承継会社とする吸収分割。フィードフォースグルー

コラム内検索

人気コラム

注目のタグ

最新のM&Aニュース