コラム

M&Aのお得なタイミング?! ~今譲渡するか、10年後に譲渡するか~

澤村 八大

著者

澤村八大

日本M&Aセンター 常務執行役員/公認会計士(2022年12月時点)

調査データ
更新日:
理想の買い手企業が見つかります。会社売却先シミュレーションM-Compass。シミュレーションする

⽬次

[表示]

「後継者がいないんだよ、だからM&Aを検討しようと思ってね」 数年前まで当社に寄せられる相談の大多数は、後継者不在を理由とする相談でした。ご相談いただく経営者様の年齢は大体60歳~70歳代です。 ところがその景色が最近変わってきています。 40歳~50歳代という比較的若い年代の経営者の方からの相談が増えているのです。 相談理由は「会社の成長・発展のために他社とアライアンスを組みたい」だったり、「アーリーリタイアして今の会社とは別のことを始めたい」だったり、後継者不在に限りません。 「会社の業績が好調で役員報酬もそれなりにもらっているから、今会社を売るか迷うなあ…」 そうした場合、今このタイミングでM&A譲渡をするのと、あと10年社長を続けてから譲渡するのと、金銭的にどちらが得かというのも気になるポイントの一つですよね。

M&Aで得られるのはお金だけじゃないものの、比べたくなるのが人間ですね

役員報酬と会社の売却益を天秤にかけてみると…

例えば、

  • 現在の役員報酬が3,000万円
  • 会社の最終利益が100万円
  • 現在、会社を譲渡すると3億円になる

としましょう。 今後10年間この状況が維持できたとすると

  • 役員報酬は 3,000万円×10年=3億円
  • 株価は 当期利益100万円が毎年維持され10年分の利益の蓄積で3億円+100万円×10年=3.1億円

合計で6.1億円になります。 そうすると、今3億円で譲渡するなんて馬鹿げていると思われるかもしれませんが、ここに3つの大きな落とし穴があります。

落とし穴その1. 税金

年収3,000万円の場合、税金等の徴収額も相当かかります。手取りとしては大体1,500万円くらいでしょうか。 その金額で再計算すると、10年社長を続けると1億5,000万円ですね。 これに対して、株式の譲渡益に対する税金は約2割(正確には現在20.315%ですが、以下簡便的に20%で計算)です。 したがって資本金1,000万円で設立した会社を3億円で譲渡した場合は、(3億円-1,000万円)×20%=5,800万円の税金となります。手元にはそれを差し引いた2億4,200万円が残ります。 10年後に会社を譲渡すれば前述の譲渡益も受け取れますから、 役員報酬10年分:1億5,000万円+10年後の会社譲渡後の手取り:2億4,000万円=3億9,000万円 額面では「3億円」対「6.1億円」で2倍以上の差でしたが、 手取では「3億円」対「3.9億円」で1.6倍程度の差になりました。 でも、まだこの試算だけでは考慮されていないものがあります。

落とし穴その2. 時間の価値

考慮されていないものの一つに、“時間の価値”があります。 今手元にある資金を10年間資産運用すれば、低金利の時代とはいえ、ある程度資産は増えます。 「今ある1億円」と「10年後手に入る1億円」では、今もらえる1億円のほうに多くの人は価値を見出します。 たとえば、1億円の資金があり、4%の利回りで10年運用したらどうなるか? 利子にさらに利子がつく複利の計算を進めると、10年で約1.5倍の1.5億円になります。 したがって、4%の利回りのもとでは「今ある1億円」と「10年後手に入る1.5億円」は等しいということになります。 これを、今回の会社の例に当てはめて考えてみましょう。 「今もらえる手取 2.4億円」と「10年後に手に入る手取 3.9億円」のどっちに価値があるかというのを4%の利回りで計算すると… 「10年後に手に入る手取 3.9億円」は「今もらえる手取 2.8億円」と等しい価値になります。 この計算でみても、若干ですが、10年後に会社を譲渡したほうがよさそうですね。 果たして、この計算でよいのでしょうか?

落とし穴その3. 経営リスク

皆さんも、もうお気付きかもしれません。 ここまでの試算は机上の空論に過ぎません。 なぜなら 「今後10年間会社を存続させることができるのか?」 という会社経営の根本にあるリスクをまったく考慮していないからです。 業界再編の波や景気に左右されながら10年間変わらず経営して会社を存続させることは、並大抵のことではありません。 会社を10年間存続させるだけでも大変ですし、継続できたとしても会社の規模や収益性、そして成長性が下がってしまうことは往々にあります。 同じ財務内容で、一方は衰退する企業、もう一方は成長に向かう企業だった場合、どちらとM&Aで一緒になりたいでしょうか? 譲受企業の立場からみれば一目瞭然で、成長傾向の会社を高く評価しますよね。 「今譲渡するか」「10年後に譲渡するか」を比較検討するには、

  • 10年後自社株の株価が下がる確率
  • M&Aの譲渡先が見つからず清算になる確率
  • 10年の間に会社が倒産してしまう確率

なども考慮する必要があるのです。 会社経営をするリスクを背負い続ける10年間と、肩の荷が下りてセカンドライフを満喫する10年間の差は、お金に換えられないほどの価値があるのではないでしょうか?

お金がすべてではないけれど…

M&Aの判断において、金勘定がすべて!ということはあまりありません。 しかし「お金」も判断の決め手となる重要な要素だと思います。 「自分の会社はいくらになるの?」と気になる方はお気軽に弊社までご相談ください。

お問い合わせはお気軽にどうぞ

著者

澤村 八大

澤村さわむら 八大はちだい

日本M&Aセンター 常務執行役員/公認会計士(2022年12月時点)

監査法人トーマツ企業財務部(現デロイトトーマツファイナンシャルアドバイザリー)、日系大手投資銀行を経て、2007年日本M&Aセンター入社。M&A業界一筋20年超のベテラン。当社ではコーポレートアドバイザー室長として企業概要書の標準化、企業評価研究所の基礎作り等案件化の仕組みづくりに従事後、より効率的に案件化を管理する案件管理室を立ち上げ、案件化・マッチングをより効率的に管理する案件管理統括部長に就任。日々、さらなる成約率の向上を目指し、高品質かつ高効率なM&Aの仕組みづくりに取り組む。

この記事に関連するタグ

「企業評価・事業承継」に関連するコラム

日本M&Aセンター初の"売らなかった経営者”が語るオンラインセミナー

広報室だより
日本M&Aセンター初の"売らなかった経営者”が語るオンラインセミナー

創業以来、セミナーを企業文化としてきた日本М&Aセンターで史上初めてとなる、M&Aを検討しながら譲渡しなかった経営者が体験談を語るウェビナー「成長戦略セミナー私が会社を売らなかった理由」が2021年8月25日に開催されました。逆説的でありますが、М&A仲介のリーディングカンパニーだからこそできる話題のセミナーとなりました。結果的に当社をM&A仲介ではなく“経営コンサル”としてご活用した経験談となり

事業承継ガイドラインpickup―M&Aでの企業価値評価額(M&A株価)を把握するために

事業承継
事業承継ガイドラインpickup―M&Aでの企業価値評価額(M&A株価)を把握するために

本記事の概要M&Aにおける企業価値評価額は、相続税・贈与税の計算の基礎となる株価計算とは大きく異なります。M&Aにおける株価の目安をあらかじめ把握できるような無料サービスが活用できます。相続税・贈与税における株価計算相続税・贈与税を納付したり、シミュレーションをしたりする際の財産評価のための株価計算の方法は、国税庁の「財産評価基本通達」で定められています。相続対策で税理士さんに計算してもらうのは、

所有と経営の分離とは?メリットやデメリットなどを解説

経営・ビジネス
所有と経営の分離とは?メリットやデメリットなどを解説

日本の中小企業では、出資者である株主が経営者を兼務する「オーナー企業」の形態をとるケースが多く見られます。本記事では、所有と経営の分離について、そのメリットやデメリット、所有と経営の分離を行う方法などについて解説します。日本M&Aセンターは1991年の創業以来、数多くのM&A・事業承継をご支援しています。中小企業のM&Aに精通した専任チームが、お客様のM&A成約まで伴走します。詳しくはコンサルタン

2代目社長への事業承継を成功させるポイントとは?

事業承継
2代目社長への事業承継を成功させるポイントとは?

創業者が立ち上げた事業を引き継ぎ、育てていく役割が求められる2代目社長には多くの悩みがあります。2代目社長が事業を時代に合わせ進化させ、さらなる成長を遂げるケースがある一方で、残念ながら経営に躓いてしまうケースも少なくありません。本記事では、創業者が2代目社長に事業を引き継ぐ際に注意すべきこと、成功につなげるポイントをご紹介します。日本M&Aセンターは1991年の創業以来、数多くのM&A・事業承継

「いばらき経営相談窓口」がスタート!日本M&Aセンターの地方創生プロジェクト第三弾

事業承継
「いばらき経営相談窓口」がスタート!日本M&Aセンターの地方創生プロジェクト第三弾

日本M&Aセンターは1991年の創業以来、数多くのM&A・事業承継をご支援してまいりました。創業33年を迎える2024年4月、いばらき経営相談窓口がスタートします。地方創生プロジェクトの第三弾となる「いばらき経営相談窓口」について、担当コンサルタントに話を聞きました。会社の経営・事業承継に関するご相談は無料、秘密厳守で対応いたします。詳しくはコンサルタントまでお問合せください。いばらき経営相談窓口

【広報誌「MAVITA」Vol.3より】M&Aを戦略の中心に置く成長企業の現在地

広報室だより
【広報誌「MAVITA」Vol.3より】M&Aを戦略の中心に置く成長企業の現在地

「世界一のエンタメ企業」をビジョンに掲げ躍進を続けるGENDA。推進力の中心にM&A戦略があります。その狙いとは?日本M&Aセンターが発刊する広報誌「MAVITA」Vol.3で掲載した、M&Aを戦略の柱に躍進を続けるエンターテイメント企業GENDAの申真衣社長と、サーチファンドの仕組みを利用して経営者となり、事業承継後2年目にして売上高を2倍に伸ばしGENDAにグループインしたアレスカンパニーの大

「企業評価・事業承継」に関連する学ぶコンテンツ

「企業評価・事業承継」に関連するM&Aニュース

トーカイ、LE.O.VEから福祉用具貸与・販売事業等を承継

株式会社トーカイ(9729)は、2024年5月18日開催の役員会において、2024年7月1日(予定)を効力発生日として、LE.O.VE株式会社(東京都渋谷区)の福祉用具貸与事業、福祉用具販売事業及び住宅改修事業を会社分割の方法により、承継することを決議した。LE.O.VEを分割会社とし、トーカイを承継会社とする吸収分割方式。トーカイは、病院リネンサプライなど病院運営の周辺業務受託、宿泊施設などへの

セントラル警備保障、阪急阪神ハイセキュリティサービスから常駐警備事業を承継

セントラル警備保障株式会社(9740)は、阪急阪神ハイセキュリティサービス株式会社(大阪府大阪市)が直轄運営する常駐警備事業を吸収分割にて承継すると発表した。阪急阪神ハイセキュリティサービスを分割会社とし、セントラル警備保障を承継会社とする吸収分割方式。セントラル警備保障は、常駐警備、機械警備、輸送警備、機器販売及び工事を行っている。阪急阪神ハイセキュリティサービスは、常駐警備、機械警備、集配金業

サニックス、環境資源開発事業を新設子会社のサニックス資源開発グループに承継

株式会社サニックス(4651)は、2024年5月15日開催の取締役会において、環境資源開発事業を承継させることを目的として、サニックス100%出資の連結子会社「株式会社サニックス資源開発グループ」を設立することを決議した。吸収分割により、環境資源開発事業の承継を予定している。サニックスは、住環境領域・エネルギー領域・資源循環領域の3つの事業領域を展開。戸建住宅やビルやマンションのメンテナンスを中心

M&Aで失敗したくないなら、まずは日本M&Aセンターへ無料相談

コラム内検索

人気コラム

注目のタグ

最新のM&Aニュース