M&Aニュース

紙・パルプ・紙加工品製造業界のM&Aニュース一覧

特種東海製紙、小売電気事業をレックスに承継

特種東海製紙株式会社(3708)は、2024年1月16日開催の取締役会において、2024年4月1日(予定)を効力発生日として、小売電気事業の権利義務を会社分割によって株式会社レックス(静岡県島田市)に承継することを決議した。特種東海製紙を分割会社とし、レックスを承継会社とする吸収分割方式。特種東海製紙は、紙類の製造・加工・販売等を行う。レックスは、非化石燃料の製造・販売を行う。特種東海製紙は小売電

ダイナパック、ベトナムTKT Vietnam Plastic Packaging Joint Stock Companyを買収

ダイナパック株式会社(3947)は、TKTVietnamPlasticPackagingJointStockCompany(ベトナム)の株式の90%を取得し、子会社化することとした。ダイナパックは、段ボール、印刷紙器、軟包装材および紙製緩衝材などの包装資材の製造、販売を行う。TKTVietnamPlasticPackagingJointStockCompanyは、軟包装材の製造販売を行う。ダイナパ

王子ホールディングス、森羽紙業を株式交換により完全子会社化

王子ホールディングス株式会社(3861)は、王子ホールディングスを株式交換完全親会社、森羽紙業株式会社(青森県五所川原市)を株式交換完全子会社とする株式交換を実施することを決議し、両社間で株式交換契約を締結した。本株式交換は、王子ホールディングスにおいては、会社法第796条第2項の規定に基づく簡易株式交換の手続により王子ホールディングスの株主総会による承認を受けずに、森羽紙業においては2024年1

レンゴー子会社の山陽自動車運送、オアシスグループを子会社化

レンゴー株式会社(3941)の連結子会社である山陽自動車運送株式会社(大阪府東大阪市)は、株式会社オアシス(千葉県鎌ケ谷市)および株式会社オアシスエクスプレス(千葉県鎌ケ谷市、以下2社を総称してオアシスグループ)の発行済全株式を取得し、子会社した。山陽自動車運送は、運送、倉庫、流通加工等の事業を行う運送会社。オアシスグループは、千葉県・埼玉県を中心に営業所・支店を持ち、貨物運送事業および倉庫事業を

レンゴー、インドの段ボールメーカー、ヴェルヴィン・コンテナーズの株式取得

レンゴー株式会社(3941)は、ヴェルヴィン・コンテナーズ社(インドタミル・ナードゥ州)の株式の30%を取得した。レンゴーは、段ボール・板紙・包装の最大手。ヴェルヴィン・コンテナーズ社は、インドの段ボールメーカー。資本参加に伴い、社名をヴェルヴィン・レンゴー・コンテナーズに改称する。インドは段ボール市場の伸長が期待できる。レンゴーは、グローバル戦略のさらなる充実を図る。

三菱製紙、グループ組織再編により子会社4社を吸収合併へ

三菱製紙株式会社(3864)は、グループ組織再編を行うことを決定した。三菱製紙を吸収合併存続会社、新北菱林産株式会社(青森県八戸市)、京菱ケミカル株式会社(京都府長岡京市)、高砂紙業株式会社(兵庫県高砂市)、KJ特殊紙株式会社(静岡県富士市)を吸収合併消滅会社とする吸収合併方式。三菱製紙は、紙・パルプ・写真感光材料の製造・加工・販売を行っている。中期経営計画(2023年3月期-2025年3月期)に

ニッポン高度紙工業、完全子会社NKKソリューションズと吸収分割契約を締結

ニッポン高度紙工業株式会社(3891)は、完全子会社であるNKKソリューションズ株式会社(高知県南国市)に、南国市内に所有する不動産の管理業務を承継する、吸収分割契約を締結した。ニッポン高度紙工業を分割会社とし、NKKソリューションズを承継会社とする簡易吸収分割方式。ニッポン高度紙工業は、アルミ電解コンデンサ用セパレータやリチウムイオン電池用セパレータ等の製造・販売を行っている。2023年4月3日

王子ホールディングス、フィンランドのWalki Holdingを買収へ

王子ホールディングス株式会社(3861)は、WalkiHoldingOy(フィンランドエスポー、以下Walki社)の全株式を取得する株式譲渡契約を、米投資ファンドOneEquityPartnersとの間で締結した。王子ホールディングスは、産業資材・生活消費財、機能材、資源環境ビジネス、印刷情報メディア等の事業を行うグループの持株会社。Walki社は、原紙への塗工、ラミネート(プラスチック/アルミ)

大王製紙、連結子会社間で吸収合併へ

大王製紙株式会社(3880)は、連結子会社が合併することを決定した。株式会社EBS(東京都中央区)を存続会社、東京紙パルプインターナショナル株式会社(東京都中央区)を消滅会社とする吸収合併方式。大王製紙は、紙・板紙・パルプおよびその副産物、日用品雑貨、機能性フィルム、粘着シートおよび粘着剤等合成樹脂材料の製造加工・販売などを行っている。EBSは紙・板紙、パルプならびに業務用家庭紙の仕入販売、東京紙

レンゴー、スペインの重量物包装資材の会社を子会社化へ

レンゴー株式会社(3941)の連結子会社であるTri-WallLimited(香港、以下トライウォール社)は、同社の100%出資子会社を通じて、GestoraComercialInternacional,S.L.U.(スペインマドリード、以下ジェコインサ社)の持分100%を取得した。トライウォール社は、レンゴーの連結子会社として重量物包装資材(段ボールほか)の製造・販売事業の統括を行っている。ジェ

王子ホールディングス、レクメドの第三者割当増資引受

王子ホールディングス株式会社(3861)は、株式会社レクメド(東京都町田市)の第三者割当増資による新株式発行を引き受けることを決定した。王子ホールディングスは、産業資材・生活消費財、機能材、資源環境ビジネス、印刷情報メディア等の事業を行うグループの持株会社。レクメドは、希少疾病用医薬品をはじめ、アンメットメディカルニーズ※の高い疾患領域の医薬品の開発・製造販売を行う。※アンメットメディカルニーズ:

ルネサンス、菱紙よりスポーツクラブを譲受へ

株式会社ルネサンス(2378)は、菱紙株式会社(東京都墨田区)より、同社のスポーツクラブ事業である「KSCwellnessフィットネスクラブ金町・金町スイミングクラブ(以下KSCwellness)」を譲り受けると発表した。関連する固定資産(不動産)の信託受益権は、ルネサンスの指定先が取得する。【譲受事業・譲受資産の概要】(1)名称KSCwellnessフィットネスクラブ金町・金町スイミングクラブ(

三井松島ホールディングス傘下のMOS、カツマタの感熱紙の加工販売事業を譲受へ

三井松島ホールディングス株式会社(1518)は、連結子会社のMOS株式会社(東京都港区)が三菱製紙株式会社(3864)の連結子会社(孫会社)である株式会社カツマタ(埼玉県朝霞市)の感熱紙の加工販売事業を譲り受けることを決定した。MOSは、感熱紙の加工販売、記録紙製造販売、ポリ硬貨巻加工販売、オフィス生活用品の販売を行う。カツマタは、感熱紙の加工・販売等を行う。三井松島ホールディングスは、本事業譲受

レンゴーと三井化学、包装フィルム子会社間で経営統合・一部株式譲渡へ

レンゴー株式会社(3941)は、子会社のサン・トックス株式会社(東京都台東区)と、三井化学株式会社(4183)の子会社である三井化学東セロ株式会社(東京都千代田区)との吸収合併による経営統合、ならびに経営統合後の統合会社を子会社化することを決定した。レンゴーは、段ボール・板紙・包装の最大手。板紙、段ボール、軟包装、重包装等の事業を展開している。2015年10月にポリプロヒレンフィルムの専業メーカー

トーモク、ベトナムのKhang Thanh Manufacturing Joint Stock Companyを子会社化へ

株式会社トーモク(3946)は、KhangThanhManufacturingJointStockCompany(カンタン株式会社:ベトナムビエンホア市、以下カンタン)の全株式を取得し、子会社化することを決定した。なお、株式取得に伴いカンタンは有限会社(以下、カンタン社)に会社形態の変更を予定している。トーモクは、段ボール・紙器製品を中心とした総合包装メーカー。カンタンは、ベトナムにて紙器製造販売

トーモク、コスモス工業を子会社化

株式会社トーモク(3946)は、コスモス工業株式会社(長野県茅野市)の事業を会社分割により承継する、株式会社コスモス工業(長野県茅野市)の全株式を取得し、子会社した。トーモクは、段ボール・紙器製品を中心とした総合包装メーカー。コスモス工業は、段ボール製造・加工・販売および梱包請負を行っている。本件M&Aによりトーモクは、長野県および近隣の地域において、コスモス工業を加えたグループ会社間の連携を強化

王子ホールディングス、イタリアにおける液体紙容器事業を買収

王子ホールディングス株式会社(3861)は、CoesiaS.p.Aが保有する、IPIS.r.I.(イタリアペルージャ、以下IPI社)の出資持分全部を王子ホールディングスが取得する持分買取契約を締結した。王子ホールディングスは、産業資材・生活消費財、機能材、資源環境ビジネス、印刷情報メディア等の事業を行うグループの持株会社。IPI社は、イタリアにおける液体紙容器事業会社。アセプティック液体紙容器用加

レンゴー、日藤ダンボールを子会社化

レンゴー株式会社(3941)は、日藤ダンボール株式会社(埼玉県桶川市)の発行済株式の70%を取得し、子会社した。レンゴーは、段ボール・板紙・包装の最大手。板紙、段ボール、軟包装、重包装等の事業を展開している。日藤ダンボールは、段ボールシート、ケースの製造・販売を行っている。埼玉県桶川市を拠点に顧客基盤を築いてきた。レンゴーは本件M&Aにより、埼玉県および近隣の地域においてグループ会社間の連携を強化

中越パルプ工業、子会社の中越エステートを吸収合併へ

中越パルプ工業株式会社(3877)は、連結子会社である株式会社中越エステート(東京都千代田区)の吸収合併を決定した。中越パルプ工業を存続会社とする吸収合併方式であり、中越エステートは解散する。中越パルプ工業は、紙パルプ製品の製造販売、発電事業を行っている。中越エステートは、不動産賃貸事業を行っている。本合併により中越パルプ工業は、組織の合理化や事務効率化を図る。・今後の予定効力発生日2023年4月

ニッポン高度紙工業、新設子会社にセパレータの工程の一部事業を承継

ニッポン高度紙工業株式会社(3891)は、新設する完全子会社NKKソリューションズ株式会社(高知県南国市、以下新設会社)に、セパレータの工程の一部事業を承継させることを決定した。ニッポン高度紙工業を分割会社とし、新設会社を承継会社とする簡易新設分割方式。【分割により承継する事業内容】アルミ電解コンデンサ用セパレータや、リチウムイオン電池用セパレータ等の裁断加工、製品出荷・在庫保管業務等ニッポン高度

三菱製紙、グループ組織再編による子会社の統合へ

紙・パルプ・写真感光材料の製造・加工・販売を行う三菱製紙株式会社(3864)は、グループ組織再編を行うことを決定した。【組織再編の概要】①三菱製紙及び北上サイト子会社の統合:三菱製紙を存続会社、北上ハイテクペーパー株式会社(岩手県北上市)および北菱興業株式会社(岩手県北上市)を消滅会社とする吸収合併方式。②販売子会社の統合:三菱王子紙販売株式会社(東京都墨田区)を存続会社、ダイヤミック株式会社(東

王子イメージングメディア、高機能ラベル印刷加工事業を行うシンガポールのAdampakを買収

王子ホールディングス株式会社(3861)の子会社である王子イメージングメディア株式会社(東京都中央区)は、AdampakPte.Ltd.(シンガポール)の全株式を取得し子会社化した。王子HDは、段ボール原紙などの産業資材、家庭紙・紙おむつなどの生活消費財、特殊紙・粘着ラベルなどの機能材などを扱う企業を傘下に持つ、王子グループの持株会社。王子イメージングメディアは、王子HDグループの機能材カンパニー

レンゴーの連結子会社トライウォール、木材包装資材の製造を行う米アクション・ウッド・テクノロジーズより事業譲受

レンゴー株式会社(3941)の連結子会社であるトライウォール社(香港)は、このたび、同社の100%出資子会社を通じて、米国ミシガン州に100%子会社であるアクション・ウッド・ソリューションズ社を設立した。アクション・ウッド・ソリューションズ社は、アクション・ウッド・テクノロジーズ社の事業資産を取得するために設立した会社であり、アクション・ウッド・テクノロジーズ社の所有者と事業譲渡契約書を締結した。

レンゴーの連結子会社トライウォール、英コルゲーティッド・ケース・ホールディングスの株式取得、子会社化

レンゴー株式会社(3941)の連結子会社であるトライウォール社(香港)は、100%出資子会社を通じて、コルゲーティッド・ケース・ホールディングス社(イギリス)の株式の全てを取得した。レンゴーは、「ゼネラル・パッケージング・インダストリー」として、製紙事業、段ボール事業、紙器事業、軟包装事業、重包装事業、海外事業を展開している。トライウォールは、重量物包装資材(段ボールほか)の製造・販売事業を行う事

大王製紙、ペット用品製造の大貴の株式取得、子会社化へ

大王製紙株式会社(3880)は、株式会社大貴(東京都港区)の全株式を取得し、子会社化することを決定した。大王製紙は、紙・板紙・パルプおよびその副産物、日用品雑貨、機能性フィルム、粘着シートおよび粘着剤等合成樹脂材料の製造加工・販売などを行っている。大貴は、ペット用品・紙加工品等の開発および製造販売、リサイクル商品・産業廃棄物の再生処理業などを行っている。メーカーで規格外となった紙おむつ、壁紙、パル

大王製紙、連結子会社間で合併

大王製紙株式会社(3880)は、流通関連子会社である大王紙パルプ販売株式会社(東京都中央区)とエリエールビジネスサポート株式会社(東京都豊島区)の合併を決定した。大王紙パルプ販売を存続会社、エリエールビジネスサポートを消滅会社とする吸収合併方式。大王製紙グループは、紙・板紙製品および家庭紙製品の製造販売を主な事業内容とし、これに関連する原材料の調達、物流およびその他の事業活動を展開している。大王紙

大王製紙の子会社大王パッケージ、吉沢工業の全株式を取得、子会社化へ

大王製紙株式会社(3880)の子会社である大王パッケージ株式会社(東京都千代田区)は、吉沢工業株式会社(新潟県三島郡出雲崎町)の全株式を取得し、子会社化することを決定した。大王製紙グループは、紙・板紙製品および家庭紙製品の製造販売を主な事業内容とし、これに関連する原材料の調達、物流およびその他の事業活動を展開している。大王パッケージは、段ボール・ディスプレイ製品の製造、販売を行っている。吉沢工業は

INCJ、保有するOji Fibre Solutionsの全株式を、王子HDに譲渡

株式会社INCJ(東京都港区)は、保有するOjiFibreSolutions(ニュージーランド、OjiFS)の全株式を、王子ホールディングス株式会社(3861)に譲渡した。本件に伴い、OjiFSは、王子HDの完全子会社となる。INCJは、オープンイノベーションにより次世代の国富を担う産業を育成・創出することを目的に設立。投資事業を行っている。OjiFSは、ニュージーランドおよびオーストラリアを拠点

レンゴー、ヒロパックスの全株式取得、子会社化

レンゴー株式会社(3941)は、ヒロパックス株式会社(群馬県高崎市)の発行済全株式を取得し、子会社化することを決定した。レンゴーは、製紙事業、段ボール事業、紙器事業、軟包装事業、重包装事業、海外事業と6つのコア事業および研究開発事業を行っている。ヒロパックスは、段ボールケース、化成品(プラスチック真空成形品)およびラベル・シール印刷物の製造・販売を行っている。本件M&Aにより、レンゴーは、今後、ヒ

紙・パルプ・紙加工品製造業界を含む家具・雑貨業界のM&A売却・事業承継案件一覧

紙・パルプ・紙加工品製造業界M&A動向

M&Aで失敗したくないなら、まずは日本M&Aセンターへ無料相談

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2024年2月
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
2526272829

月別M&Aニュース

注目ニュースワード