M&Aニュース

特種東海製紙、小売電気事業をレックスに承継

更新日:

特種東海製紙株式会社 (3708) は、2024年1月16日開催の取締役会において、2024年4月1日(予定)を効力発生日として、小売電気事業の権利義務を会社分割によって株式会社レックス(静岡県島田市)に承継することを決議した。特種東海製紙を分割会社とし、レックスを承継会社とする吸収分割方式。

特種東海製紙は、紙類の製造・加工・販売等を行う。

レックスは、非化石燃料の製造・販売を行う。

特種東海製紙は小売電気事業ライセンスを保有し、卸電力市場を活用した高度ディマンド・リスポンス(*)の取組みを行っており、卸電力市場の価格シグナルを活用することで、電力需給に応じて自家発電設備や生産設備の稼働調整を行い、需給バランス維持に貢献している。

太陽光発電などの変動型再生可能エネルギーの導入を促進し、社会全体におけるCO2削減効果を最大化するためにも、このような需要家側取組みが重要であり、本取組実施にあたっては、30分毎に変動する電力価格に対して最適な設備稼働を判断するための最適化モデルの構築・実装、市場価格高騰に対するリスクヘッジを電力先物、相対契約、保険などを組み合わせて対応する体制構築など、ノウハウを蓄積してきた。

特種東海製紙は本吸収分割を通じ小売電気事業をレックスへ承継することで、製造業の脱炭素をさらに強力に支援し、如いては企業グループの企業価値向上を図る。 (*)ディマンド・リスポンス:電力需給に応じて需要家が電気の使用等を調整することで、電力需給バランス維持に貢献する取組み

・今後の予定
分割効力発生日 2024年4月1日

紙・パルプ・紙加工品製造業界のM&A・事業承継の動向はこちら

紙・パルプ・紙加工品製造業界のM&A売却・事業承継案件

日本M&Aセンターでは、紙・パルプ・紙加工品製造業界をはじめ、譲渡案件情報を常時ご紹介しております。ご興味のある案件がありましたら、ぜひお問い合わせください。

この記事に関連するタグ

「会社分割・吸収分割」に関連するコラム

買収とは?目的やメリット、手法、流れをわかりやすく解説

M&A全般
買収とは?目的やメリット、手法、流れをわかりやすく解説

事業構造、産業構造が大きく変化する今、「買収」を検討している企業が年々増加しています。本記事では買収の概要、メリット、進める流れについてご紹介してまいります。買収とは「買収」とは、他の企業の株式取得を通じて、経営権を獲得することを指します。新たに自社で事業を立ち上げる場合に比べて、既にその事業分野で実績のある企業を取得するため、スピーディーに展開できる点が特徴です。買収をご検討の方は、希望条件(地

分社化するメリットとは?子会社化との違い、ポイントを詳しく解説

M&A全般
分社化するメリットとは?子会社化との違い、ポイントを詳しく解説

企業の規模に関わらず、専門性の強化、迅速な事業展開などを目的に分社化が行われています。本記事では、分社化の概要、メリットやデメリットについて整理し、実際に分社化する際のポイント等について詳しく解説します。日本M&Aセンターでは、様々な手法のM&A・経営戦略を経験・実績豊富なチームがご支援します。詳しくはコンサルタントまでお問合せください。無料相談はこちら分社化とは?分社化とは、複数の事業を持つ企業

会社分割とは?事業譲渡との違い、種類やメリットについて解説

M&A全般
会社分割とは?事業譲渡との違い、種類やメリットについて解説

自社事業の分割・譲渡を考えている企業経営者の方には、「会社分割」は有力な選択肢となります。本記事では会社分割の種類やメリット、手続き方法、事業譲渡との違いについて解説します。日本M&Aセンターでは、様々な手法のM&A・経営戦略を経験・実績豊富なチームがご支援します。詳しくはコンサルタントまでお問合せください。無料相談はこちら会社分割とは?会社分割とは、会社の一部または全ての事業を切り離し、別会社に

「会社分割・吸収分割」に関連する学ぶコンテンツ

M&Aで失敗したくないなら、まずは日本M&Aセンターへ無料相談

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2024年1月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031

月別M&Aニュース

注目ニュースワード