M&Aニュース

エム・エイチ・グループ、SCAT株式の追加取得及びSCATを割当先とした第三者割当による新株式発行を発表

更新日:

株式会社エム・エイチ・グループ(9439)は、SCAT株式会社(3974)との間で資本業務提携の強化によるSCAT株式の追加取得及び割当予定先に対する第三者割当による新株式の発行を決議した。

エム・エイチ・グループは、ヘアサロン「モッズ・ヘア」の運営管理、ヘアメイクアップアーティストのマネジメント業務、「モッズ・ヘア」プライベートブランド商品の開発を行う。

SCATは、理美容業界向けにPOSレジ顧客管理システムの販売、美容予約システムなどの各種WEBコンテンツサービスの提供により、美容サロンの経営のサポートを行っている。

本資本業務提携強化の目的及び理由

エム・エイチ・グループでは、美容室支援事業の新たな取り組みとして理美容業界向けBtoBクレジット決済サービスに注力している。日本国内においてもキャッシュレス決済の普及はより加速し、企業間のBtoBクレジット決済においてもそのニーズは高まっている。

SCATの有するソリューション技術、ネットワークと相互協力を図ることで、BtoBクレジット決済サービスの促進に加え、理美容業界の環境経営推進、DX推進等、課題解決のコンテンツ開発及びサービス領域の拡大を狙う。

業務提携の内容(拡充)

① 両社のサービスを連携することによる事業拡大の検討等
② 両社の保有する各種アセットを活用した新規事業の検討・開発等
③ 理美容サロンと美容ディーラーとのBtoBクレジット決済事業の拡大とシステム連携
④ 理美容業界への持続可能な環境経営支援(SDGs)への取り組み

資本提携の内容

① エム・エイチ・グループは、第三者割当増資の方法により新株式を150,000株発行し、SCATがこれを取得する予定。(新株式発行後のSCATの発行済株式総数に対する所有割合は2.66%となる予定)
② SCATは、自己株式処分により、SCATの普通株式65,000株をエム・エイチ・グループに割り当て、エム・エイチ・グループがこれを取得する予定。(本自己株式処分後のエム・エイチ・グループの発行済株式総数に対する所有割合2.81%となる予定)

取得株式数、取得価格及び取得前後の所有株式数

(1)エム・エイチ・グループが所有するSCAT株式
 ① 異動前の所有株式数:82,500株
 ② 取得株式数    :65,000株
 ③ 取得価格     :30,680,000円
 ④ 異動後の所有株式数:147,500株

(2)SCATが所有する当社株式
 ① 異動前の所有株式数:160,000株
 ② 取得株式数    :150,000株
 ③ 取得価格     :31,200,000円
 ④ 異動後の所有株式数:310,000株

第三者割当増資による新株式発行の募集の概要

(1)払込期日    :2024年6月6日
(2)発行新株式数  :普通株式:150,000株
(3)発行価額    :1株につき208円
(4)調達資金の額  :31,200,000円
(5)募集又は割当方法:第三者割当の方法により、割当予定先に対して割り当てる。
(6)割当予定先   :SCAT株式会社
(7)その他     :本第三者割当増資については、
             金融商品取引法による有価証券通知書の効力発生を条件としている。

日程

(1)取締役会決議日     :2024年5月13日
(2)基本合意書締結日    :2024年5月15日(予定)
(3)株式取得予定日     :2024年6月6日(予定)
(4)第三者割当増資の払込期日:2024年6月6日(予定)

理美容・クリーニング・温浴施設業界のM&A・事業承継の動向はこちら

自社パッケージソフト開発業界のM&A売却・事業承継案件

日本M&Aセンターでは、自社パッケージソフト開発業界をはじめ、譲渡案件情報を常時ご紹介しております。ご興味のある案件がありましたら、ぜひお問い合わせください。

エム・エイチ・グループ・ティビィシィ・スキヤツトに関連するM&Aニュース

エム・エイチ・グループ、会社分割により一部事業を子会社へ承継

株式会社エム・エイチ・グループ(9439)は、事業の一部を、完全子会社である株式会社アトリエ・エム・エイチ(東京都渋谷区、以下AMH)に承継させる会社分割を行うことを決定した。【分割する事業内容】BSサロン運営事業、ヘアメイク事業エム・エイチ・グループを分割会社とし、AMHを承継会社とする吸収分割方式。エム・エイチ・グループは、ヘアサロン「mod'shair」の運営管理、ヘアメイクアップアーティス

TBCスキャット、ヘアサロン「モッズ・ヘア」を展開するエム・エイチ・グループと資本業務提携

株式会社ティビィシィ・スキャット(3974、TBCスキャット)は、株式会社エム・エイチ・グループ(9439、MHG社)との間で資本業務提携、および同社に対する第三者割当による自己株式の処分を行うことを決定し、資本業務提携に係る基本合意書を締結した。第三者割当の方法により、MHG社に1株につき1,241円で全株式を割り当てる。TBCスキャットは、美容サロン向けICT事業、中小企業向けビジネスサービス

ティビィシィ・スキャット(3974)、美容サロン向けPOS型CRMソリューション開発・販売のVIDを完全子会社化

ティビィシィ・スキャット(3974)は、株式会社マックスエクスプレス(福岡市)の完全子会社であるVID株式会社(福岡市)の発行済全株式を取得し、完全子会社化することで基本合意した。ティビィシィ・スキャットは、美容サロン向けICT事業を主な事業としている。多店舗型の大規模サロンにおいてはトップシェアを有する。VIDは、美容サロン向けPOS型CRMソリューションの開発・販売を専業としている。導入時の簡

エム・エイチ・グループ(9439)、テレビ番組のへア&メイクアップを行うアーツ社を子会社化

株式会社エム・エイチ・グループ(9439)はアーツ株式会社(東京都港区)の全株式を取得・子会社化を決定した。取得価額は210百万円。アーツは、テレビ局、特に株式会社東京放送(TBS)ホールディングスを中心として、番組全般(報道・バラエティー・テレビドラマ等)のヘア&メイクアップ事業を展開している。本件によりアーツは、エム・エイチ・グループのヘアメイク部門で培ってきた信用、ノウハウを吸収・融合して事

この記事に関連するタグ

「第三者割当増資」に関連するコラム

敵対的買収とは?仕組みやメリット、防衛策、企業事例を解説

M&A全般
敵対的買収とは?仕組みやメリット、防衛策、企業事例を解説

買収は「敵対的買収」と「友好的買収」の2つに大別できます。日本における企業買収の大半は友好的買収によって行われますが、稀に敵対的買収が行われることもあります。本記事では、敵対的買収の概要、敵対的買収を仕掛けられた側の防衛策、企業事例などをご紹介します。日本M&Aセンターでは、友好的M&Aをはじめ様々な経営課題の解決に向けて専門チームを組成し、ご支援を行っています。詳しくはコンサルタントまでお問合せ

第三者割当増資とは?目的やメリット・注意点などをわかりやすく解説

M&A全般
第三者割当増資とは?目的やメリット・注意点などをわかりやすく解説

第三者割当増資は、企業の資金調達方法の1つです。本記事では、第三者割当増資の概要、株式譲渡との違い、メリットや注意点などについてご紹介します。日本M&Aセンターでは株式譲渡をはじめ、様々なスキームのM&Aを経験・実績豊富なチームがご支援します。詳しくはコンサルタントまでお尋ねください。M&A・企業戦略に関するご相談はこちらから第三者割当増資とは第三者割当増資は、特定の第三者に対して新株を割り当てて

買収とは?目的やメリット、手法、流れをわかりやすく解説

M&A全般
買収とは?目的やメリット、手法、流れをわかりやすく解説

事業構造、産業構造が大きく変化する今、「買収」を検討している企業が年々増加しています。本記事では買収の概要、メリット、進める流れについてご紹介してまいります。買収とは「買収」とは、他の企業の株式取得を通じて、経営権を獲得することを指します。新たに自社で事業を立ち上げる場合に比べて、既にその事業分野で実績のある企業を取得するため、スピーディーに展開できる点が特徴です。買収をご検討の方は、希望条件(地

「第三者割当増資」に関連する学ぶコンテンツ

M&Aで失敗したくないなら、まずは日本M&Aセンターへ無料相談

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2024年5月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031

月別M&Aニュース

注目ニュースワード